○○がやめられない!特定のものばかり食べたくなるのは栄養不足?

甘いものを食べちゃダメ!と思っているのにやめられない…
お腹はいっぱいなのに、どうしてもチョコレートを食べてしまう…
揚げ物ばっかり食べてしまう…

もしかしたらそれは、体からの栄養不足のサインかもしれません。

よく疲れたら甘いものが食べたくなる、でもそれは脳が糖分を欲しがってるからでしょ?と言いますよね。
しかし、必ずしも不足している栄養素がほしくなるわけではないんです。

じゃな何を食べたらこの欲求はおさまるの!?
肌にもよくないし、体重も増えちゃうから何とかしたい!

そんな方のために、食べたくなるもの別に、不足している栄養素をご紹介したいと思います。

食べたいもの別、不足している栄養素

チョコレート

チョコ

無性に食べたくなるものの代名詞といってもいい、チョコレート。
他の甘いものは我慢できても、チョコレートだけは我慢できない!という方って多いですよね。
管理人もそうですが…ケーキやアイスは我慢できても、チョコレートだけは我慢できませんね…

チョコレートが食べたくなる方は、実はマグネシウム不足のことが多いんです。

マグネシウムが多い食品は

ナッツ類、硬水、昆布、ゴマ、玄米

などがあります。
おやつにチョコレートが食べたくなったらナッツを食べたり、普段の食事で玄米やゴマ和え、ゴマ塩を振りかけたご飯、海藻類を入れたお味噌汁を食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

また、コントレックスなどの硬水にはマグネシウムが豊富です。
マグネシウムは腸内の水分量を上げて便を柔らかくし、便秘を解消する効果もあるので、お通じが悪い方にもおすすめです。

甘いもの

ケーキ

甘いものは食べ過ぎると血糖値を上げ、インスリンというホルモンをたくさん出してしまいます。
インスリンが出ると血液中の糖分が中性脂肪に変えられ、体脂肪として体についたり毛穴から皮脂として出てきてしまい、ニキビの元になってしまいます。
そんな甘いものが無性に食べたくなる時は、不足している栄養素がいくつかあります。

クロム

クロムは血糖値を正常に保つ作用があり、不足すると血糖値が下がりやすくなり、糖分がほしくなってしまいます。

クロムが多い食品は

ナッツ、ヨーグルト、チーズ、そば

などに多く含まれています。
ナッツやヨーグルト、チーズはおやつ代わりに食べやすいのでいいですね。

トリプトファン

甘いものを食べると幸せな気持ちになりませんか。
それは脳内からセロトニンという物質が出るからですが、このセロトニンはトリプトファンというアミノ酸を材料にして作られています。

トリプトファンを多く含む食品は

肉類、魚類、チーズ、ヨーグルト、ナッツ、豆乳、バナナ、米、小麦

などがあります。
ダイエットで肉類を食べなかったり、極端に小麦製品や米などの炭水化物を抜いていると、甘いものが無性に食べたくなってしまうんですね。

菓子パン

なんだか無性にパンが食べたい!あのこんがり焼けた香りが恋しい!
そんな時はタンパク質が不足している可能性が高いです。
ただ、小麦製品には中毒性があるので、毎日食べているとさらに食べたくなる、ということも考えられます。

タンパク質をしっかり摂るには

赤身のお肉、魚介類、大豆製品

をしっかり食べるようにしましょう。

油っこいもの

油っこい炒め物や揚げ物は、体内で油が消化しきれず、皮脂として毛穴から出てきてしまうので、ニキビの原因になってしまいます。
油っこいものが無性にほしくなる時はカルシウムが不足しています。

カルシウムが多い食品は

チーズ、ナッツ、ごま、干しエビ、小魚

などがあります。
カルシウムが不足すると、将来骨粗しょう症になる可能性も上がってしまうので、こまめに摂取しておきたい栄養素です。
揚げ物やこってりラーメンが食べたくなったら、チーズやナッツをつまんだり、小魚を食べてみましょう。

コーヒー

仕事の休憩中には必ずコーヒーを飲んでしまう。毎日3杯以上飲んでしまう。ないとツライ…
そんな方はカフェイン中毒の可能性が高いですが、カフェインを無性にほしくなってしまう時は、鉄分不足の時が多いです。

鉄分が多い食品は

レバーなどの内臓類、貝類、油揚げ、のり

などがあります。
鉄分が不足すると、お肌の代謝に必要な酸素がうまく運べなくなるので、お肌のターンオーバーが遅れてニキビの原因になってしまいますし、全身の代謝も落ちて疲れやすくなってしまいます。
疲れが抜けない、いつもだるい…だからコーヒーを飲む、という循環に陥りやすいですが、鉄分不足を疑ってみましょう。

生理前の食欲

生理前になると食欲が止まらない…
甘いものからしょっぱいものまで、お腹いっぱいでも食べてしまう…
そんな自分に自己嫌悪に陥り、それがストレスになってさらに過食…

そういうループにはまってしまう女性は意外と多いですよね。
そんな生理前の食欲は、亜鉛が不足している可能性が高いんです。

亜鉛が多い食品は

牡蠣、ゴマ、ナッツ、大豆製品、卵黄、チーズ

などがあります。
生理前になると食欲が止められない、そんな時は温めた豆乳を飲んだり、ナッツやチーズを食べてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ