ターンオーバーが早いと乾燥、ニキビ、肌荒れが起きる

ニキビやお肌について調べたり雑誌を読んでいると、必ずといっていいほど『ターンオーバー』という言葉が出てきますよね。

そんなターンオーバー、加齢とともに遅れてしまい、それがくすみやシミ、ニキビの原因になると書かれていることがほとんどではないでしょうか。

とにかく遅れてはダメ!遅れないように!と書いてあるので、自然とターンオーバーは遅れることはあっても早まることはないし、遅れないように気をつけなければいけない!と思ってしまいますよね。

しかし意外にもターンオーバーが早まることで肌荒れやニキビが起きている事も多く、それを気づかないでケアを続けているとどんどんお肌の状態が悪化してしまいます。

そこで、ターンオーバーの仕組みと、ターンオーバーを早くしてしまう原因、ターンオーバーが早くなっている時の症状などご紹介していきたいと思います。

ターンオーバーの仕組み

お肌を断面図で見てみると、表皮真皮皮下組織の3構造になっていて、表皮の中は基底層有棘層顆粒層角質層の4構造になっています。

肌2

1番下の基底層でできた細胞はカタチを少しずつ変えながら角質層まで上がっていき、最後はアカとなって剝がれ落ちます。
この一連のサイクルをターンオーバーと言います。

ターンオーバー

ケガをしたりニキビができて跡が残ったとしても、新しい細胞が下からどんどん上がってくるので自然と治るんですね。

ターンオーバーの周期

ターンオーバーの周期は皮膚の場所や年齢によって少しずつ変わります。
基本的には28〜56日と言われていますが、血行が悪くなりがちな手足の先は遅れがちです。
また、加齢によって少しずつターンオーバーは遅れてきて、よく年齢プラス10日と言われています。

年齢 ターンオーバーの周期
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

10代のころは傷跡もすぐ治っていたのに、だんだん治りが悪くなってきた、というのはこのターンオーバーが遅れてくるからなんですね。
ターンオーバーが遅れると、古くなった角質がいつまでもお肌に残ってしまうので、くすみの原因になったり、古い角質が毛穴を塞いでしまい、ニキビの原因になったり、シミが残りやすくなってしまいます。

ターンオーバーを早くしてしまう原因

このように、歳とともにターンオーバーは遅れてしまう、できるだけ早くしないと、ニキビやくすみがなくならない、という思いから、ピーリングをしたり、角質除去効果のある洗顔や化粧品を使う方は多いですよね。
しかし、そういった過剰なスキンケアによって、ターンオーバーが早まっている事が多いんです。

ターンオーバーを早めてしまう原因として

  • 強力なクレンジング+泡洗顔
  • ピーリング効果のある洗顔料で毎日洗顔
  • 洗顔もしっかりしつつ、拭き取り化粧水も使う
  • 朝も洗顔料を使ってしっかり洗顔
  • ゴシゴシ洗顔
  • 夜更かしが多い
  • 食生活が乱れている

があります。
クレンジングはメイクを落とすのに必要な手順ですが、オイルクレンジングなど洗浄力の強いクレンジングを使った後、さらに洗浄力の強い洗顔料を使ったりしていると、洗いすぎでターンオーバーを早めてしまいます。

また、ピーリング効果のある洗顔料で毎日洗顔したり、朝も洗顔料を使って洗顔したり、それに加えて角質除去効果のある拭き取り化粧水なんかも使っていると、角質を取りすぎてしまいます。

それだけでなく、夜更かしや食生活の乱れも、ターンオーバーのリズムを狂わせてしまうので、遅くなったり早くなったりしてしまいます。

ターンオーバーが早くなるとどうなる?

ではターンオーバーが早くなるとどうなるのでしょうか。
早くシミが薄くなったり、日焼けしてもすぐ元に戻ったり、なんだか早いほうがよさそうなイメージですよね。

しかし実際には、まだまだ未熟な細胞が剥き出しになってしまうので、バリア機能が弱くすぐ肌荒れしたり、保水力がないので乾燥したり、お肌の表面にキレイに並べないのでゴワゴワしたりします。

アトピーの方はこのターンオーバーが異常に早く、通常の半分、約14日程度と言われていて、もっと早い方もいるそうです。

アトピーのお肌を想像すると分かりやすいですが、すごく乾燥したり赤くなったり痒くなったり…そんな状態ですよね。

顔のターンオーバーが早まると、同じようなことが起こります。

  • ちょっと合わない化粧品を使っただけでヒリヒリしたり、赤くなる(敏感肌)
  • 保湿を頑張っても乾燥して、時には粉をふく(乾燥肌)
  • 肌触りがゴワゴワしている
  • 毛穴が開いていて、黒ずみがある
  • お肌のキメが粗い
  • 透明感がなく、くすんでいる
  • ニキビができやすい

このような状態にある時は、ターンオーバーが早まっています。

管理人も、お肌のキメが粗いのは古い角質のせい、透明感がないのは古い角質のせい、毛穴の黒ずみが気になるのは古い角質のせい、ニキビができるのは古い角質のせい、といつもターンオーバーが遅れているものだと思っていましたが、
ピーリング石鹸や、朝の洗顔料を使っての洗顔をやめてからかなりお肌の状態がよくなりました。

最初はすごく勇気がいり、朝ぬるま湯だけで洗顔なんて、毛穴が詰まっちゃうんじゃないか、どんどんくすみがひどくなるんじゃないか、と心配でしたが、だんだんとお肌が元気になり、ニキビもできにくくなりました。

ターンオーバーが早くなっている時は

ターンオーバーが早くなっている時は、洗顔料を使っての洗顔の回数を減らし、朝はぬるま湯洗顔にしたり、角質除去効果のあるものはいったん使用をやめるか週に1回程度に減らしてみてください。

睡眠不足や食生活の乱れなどが気になっている方は、できるだけ改善してみましょう。

記事一覧

ターンオーバー

ターンオーバーが遅れる原因とは?ターンオーバーとニキビの関係

ターンオーバーが遅いとニキビなどの肌トラブルが起きやすいとよく言われますが、ターンオーバーはどういった時に遅れ・・・

このページの先頭へ