ペアA錠は大人ニキビに効果ある?成分や口コミもご紹介

ペアA錠は大人ニキビのために作られたニキビ用のサプリメントです。

ニキビに効く有効成分を配合していますが、口コミを見るとニキビに効いたという口コミと、効かなかったという口コミがあります。

そこで、ペアA錠の成分や、どんなニキビに効いてどんなニキビに効きにくいのかなどご紹介していきたいと思います。

ペアA錠

ペアA錠の基本情報

ペアA錠は、ライオン株式会社が製造している大人ニキビ用のサプリメントで、シリーズ製品にはニキビ用外用薬で有名なペアアクネクリームwがあります。
ペアアクネクリームwは炎症ニキビに有効な成分が入っているので、ニキビの種類によっては合わせて使うことでより効果を実感しやすくなります。

ペアアクネクリーム

ペアアクネクリームwは万能タイプのニキビ薬?効果や副作用

1ヶ月分60錠で1500円程度で販売されています。

ペアA錠の成分とニキビへの効果

グロクロノラクトン

グロクロノラクトンは、滋養強壮剤や栄誉ドリンクなどによく使われていて、肝臓の働きを高めたり血行を促進する作用があります
肝臓の働きを高めることで、体に溜まった老廃物を解毒し、老廃物によってニキビができやすくなるのを防ぐ効果があります。
便秘しやすい方、普段あまり汗をかかない方、トイレの回数が少ない方は老廃物が溜まりやすくなっている可能性があります。

また、アルコールをよく飲む方も肝臓が疲れやすいので老廃物によってニキビや肌荒れが起きているかもしれません。

ヨクイニン

ヨクイニンはハトムギの皮を取った種子から作られる生薬で、古くから肌荒れに使われてきました。
お肌の新陳代謝をよくする作用や、体の水分や熱の巡りをよくして老廃物を出しやすくする作用があります。

お肌の新陳代謝は加齢ととに低下しやすく、古い角質が剥がれずにお肌に残ることでシミやクスミ、毛穴詰まりやニキビの原因になってしまいます。

また、水分や熱の巡りが悪いと、熱は上の方に上っていく性質があるため、顔に熱が溜まって水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌や火照りなども招いてしまいます。
ヨクイニンはこれらの症状を落ち着かせる作用があります。

Lシステイン

Lシステインは、もともと体内にあるアミノ酸の一種で、細胞の周りにいて細胞の代謝をサポートしています。
そのため、Lシステインを補うことで代謝がよくなって疲れにくくなったり、お肌の代謝がよくなって肌トラブルが起きにくくなります。

また、ビタミンCと協力して、メラニンの生成を抑制したり、メラニンの排出を促したりするため、シミや色素沈着タイプのニキビ跡の改善に効果があります。

LシステインはハイチオールCにも配合されている成分です。

ビタミンB2&ビタミンB6

ビタミンB2とビタミンB6は、食事で摂った脂質やタンパク質の代謝に必要なビタミンで、不足すると代謝しきれなかった脂質が皮脂として毛穴から出てきてしまい、ニキビの原因となります。
コッテリしたものが好きな方や、バターや生クリームを使ったクッキー、チョコ、ケーキ、アイスクリームなどが好きな方は、脂質の摂取量が多くなりがちなので、ビタミンBを補うことでニキビができにくくなります。

ペアA錠の口コミ

生理前ニキビができやすいので買ってみました。最初はよく分かりませんでしたが、1ヵ月飲み終わる頃にニキビができにくくなってることに気が付きました。絶対できないというわけではないですが、ニキビができにくくなるので飲んでます。
私は逆にニキビが悪化しました…
ビタミンCと一緒に飲んでますが、お肌の調子がいいです!口内炎もできにくくなりました。
昔皮膚科でヨクイニンを処方してもらったことがあり、その時お肌がツルツルになったのでへのA錠を飲んでみました。あの時ほどの効果はないですが、吹き出物ができにくいかな?
飲み始めてからニキビが増えました…赤くて痛いニキビができやすくなるので、こわくて飲めません。
かれこれ5年くらい飲んでます。飲んでてもたまにニキビできますが、飲むのをやめると顎に痛いニキビができるので、ずっと飲んでます。
鼻と頬に大きいニキビができやすくて、ドラッグストアで見つけて飲み始めました。即効性はないですが、ニキビができても前より治りが早くなったような気がしています。
一時期ニキビが大量発生して飲んでました。結局原因は洗顔を変えてそれがよくなかったみたいですが、当時は気が付かずペアA錠にすがる思いでした。もちろんよくならず、洗顔を戻したらスッとニキビが引きました。体の中からも大事ですが、洗顔やスキンケアは一番大事ですよね…

ペアA錠はどんなニキビに効く?効かないニキビは?

ではペアA錠は、どんなニキビに効くのでしょうか。

ペアA錠に含まれている成分からいくと、睡眠不足やストレスなどでお肌のターンオーバーが遅れている時、便秘や運動不足で老廃物が体内に溜まっている時、コッテリしたものや油っこいものをよく食べている時のニキビには効果を発揮しやすいです。

しかしニキビができる原因は様々で、他にビタミンC不足で炎症ニキビができやすくなっている時、鉄分不足でフェイスラインニキビや生理前ニキビができやすくなっている時はそれぞれの栄養素を補ってあげない限り、なかなか治らない可能性があります。

また、もちろん体内からのアプローチではなくお肌に直接触れる洗顔やスキンケアが間違っていると、いくら体内に働きかけてもニキビはなかなか治りません。

ニキビがなかなかよくならないし、とりあえずペアA錠を飲んでみる、というのはありですが、それで思ったような効果が出なかった場合、一度しっかりニキビの原因を見直す必要がありそうです。

このページの先頭へ