ニキビに効くサプリメントって結局何?ニキビの症状別にご紹介

ニキビを治したい!と思った時に、まず気になるのは直接お肌に触れる洗顔やスキンケアかもしれませんが、なかなか治らない場合は食生活なども気になってきますよね。
でも忙しかったり、なかなか食生活に気を配れない、という時に利用したいのがサプリメントではないでしょうか。

サプリメントのいいところは、栄養素だけをギュッと詰め込んであるので、食生活を変えないで摂りたい栄養が手軽に摂れるところですよね。

そんなサプリメントですが、ドラッグストアや通販を見てみても、膨大な種類がありますよね…栄養素別になっていたり、いろんな栄養が組み合わさっているものだったり…

飲み続けるものだから、できるだけ安く抑えたいですし、かといって摂らなくていい栄養を一生懸命摂るのももったい無いし、一番効率的にニキビを治せるものが知りたいですよね。

そこで、ニキビを治す時に最低限摂りたい栄養素や、サプリメントの上手な摂り方をご紹介していきたいと思います。

ビタミン剤

サプリメントって本当にニキビに効くの?

サプリメントを飲もうか悩んでいる方の多くは、そもそもサプリメントでニキビが治るの?というところが気になりますよね。
サプリメント摂るくらいなら薬の方が効くんじゃないか…そんな気にもなりますが、結論から言うとサプリメントはニキビに有効です。
ただ、サプリメントさえ飲めば絶対ニキビが治る!というものでもないんですよね…

ニキビで悩んでる時って、とにかくこれさえすればニキビが治る!というものが欲しくなりますが、残念ながらそこまでの威力はないです…

サプリメントを飲むことで、ニキビのできにくい体質作りをしていく、という感じなので、自分の体質に合ったものを飲めば確実に効果を実感できると思います
その「自分の体質に合ったもの」が分からないから困ってしまうのですが、10年ニキビに悩んであらゆるサプリメントを飲んだ管理人が、ニキビの症状別に効いた栄養素をご紹介するので、参考にしていただければと思います。

まずはベース作り!マルチビタミンとタンパク質

まずは基本となるサプリメントですが、断然マルチビタミンをおすすめします。
というのも、ビタミンというのは単体ではなく一緒になって働くものだからです。

昔栄養士のお友達が教えてくれたのですが、ビタミンの桶があるとして、板1枚1枚がそれぞれのビタミンだと思ってください。
この板どれか1枚だけでも長さが短いと、お水がすくえず漏れ出てしまいますよね。
ビタミンの桶
こんな感じで、ビタミンはどれか1つでも欠けるとうまく機能できないので、まずはマルチビタミンを摂ったほうがいい、とのことでした。

ただ、例えばビタミンB2だけ不足していた場合、ビタミンB2のサプリメントだけ摂ればいいんですが、自分がどのビタミンが足りてないかっていうのは分からないですよね…
なので、無駄に摂ってしまう栄養素もあるかもしれませんが、まずはマルチビタミンで底上げしておくのがおすすめ、というイメージです。
管理人も今でもマルチビタミンは摂っています。ニキビだけじゃなく、美肌や健康の目的もありますがね。

あとは、タンパク質もベースとして摂っておきたい栄養素です。
普段からお肉やお豆腐、魚、卵をよく食べる方はいいですが、女性でダイエットをしている方や、もともと食が細い方、お肉やお魚より野菜をよく食べる、炭水化物に偏った食事になりやすい(パン、パスタ、うどん、ラーメンなどなど)方は、タンパク質が不足している可能性が高いです。

目安として、1日3食、毎回片手の平に乗るくらいのお肉やお魚、卵などを食べていれば大丈夫ですが、朝食べない方や、パスタやサンドイッチにちょっとお肉や卵が入っているくらいでは全然足りません。
タンパク質はお肌の細胞には必要不可欠な栄養素なので、不足すると健康的な細胞が作れず乾燥肌や敏感肌の原因になったり、バリア機能が低下して肌荒れしやすいお肌になってしまいます。

ニキビ治療に欠かせないタンパク質の種類や摂り方

管理人自身は朝ごはんも食べないことが多いですし、一人暮らしでつい簡単なもので済ませてしまうので、ソイプロテインを飲むようにしています。
できるだけ豆乳を飲んだり、おやつにゆで卵やナッツを食べてタンパク質不足しないようにしていますが、旅行とかでプロテイン飲まなかったりすると、お肌のキメが少しずつ粗くなるのが分かるので、できるだけ毎日こまめに飲むようにしています。

とりあえず、この2つについてはニキビうんぬんより美肌のために最低限摂っておきたい栄養なので、サプリメントとプロテインおすすめです。

炎症ニキビができやすい時はビタミンC

ビタミンC3

炎症ニキビやこもったような赤いニキビができやすい時は、体内に活性酸素がたくさん溜まっている可能性があります。
活性酸素はある程度は必要なものですが、発生しすぎると細胞を傷付けて炎症を起こしやすくなります。

活性酸素がニキビを悪化させる、深い関係

ちょっと毛穴が詰まっただけなのに、赤いニキビに発展する…そんな時はビタミンCが効果的です。
ビタミンCには活性酸素を除去する作用があるので、活性酸素による炎症ニキビを予防する効果があります。

特に、ストレスが溜まっている方、喫煙する方、外食やコンビニ食・ファストフードをよく食べる方は活性酸素が発生しやすくなっています。

管理人も、昔はコンビニの菓子パン、チョコ、コーヒー飲料が好きでしたが、これらは添加物が多く体内に活性酸素を発生させます。
その頃は炎症ニキビができやすく、できてしまった炎症ニキビがなかなか治らず、いつまでもニキビ跡が赤く残っていました。

炎症ニキビができやすい、ニキビ跡がなかなか治らず、赤かったり紫っぽく残りやすいという時はビタミンCを摂ってみましょう。

甘いものや糖質を食べ過ぎた時はビタミンB群

ビタミンb2
ビタミンb6

甘いものや糖質の多いもの、お米やパン、パスタやうどん、ラーメンなどが好きな方は、糖質の摂りすぎによって皮脂が増えているかもしれません

糖質は摂りすぎると血液中で中性脂肪に変わり、それが皮脂として出てきやすくなります。

糖質の摂りすぎがニキビに繋がる!糖質とニキビの関係

この糖質の代謝に必要なのがビタミンB1やビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンB群です。
皮脂が出やすく顔がベタベタしやすい、毛穴が詰まりやすい、と言う方はビタミンB群が不足し、糖質をうまく代謝できずに皮脂が出ているかもしれませn。

管理人は甘いものが好きで、ニキビによくないと分かっていてもよく食べてしまうのですが、ビタミンB群のサプリを摂るようになってからニキビがかなりできにくくなりました。
糖質の摂りすぎによるニキビは、おでこや頬にできやすいと言われていますが、そのあたりにポツポツニキビができる時はビタミンB群がおすすめです。

さらに、できたニキビが炎症しやすい時、炎症が落ち着かない時はビタミンCと一緒に摂るのがおすすめです。

繰り返しできるフェイスラインニキビには鉄分

鉄

フェイスラインというのは、もともと毛穴が小さくて細いため、詰まりやすい箇所です。
そのため、お肌のターンオーバーが遅れたりするとすぐに塞がってニキビができやすいのですが、このターンオーバーのカギを握っているのが鉄分です。

鉄分というと、貧血というイメージが強く美肌にはあんまり関係なさそうに見えますが、鉄分が不足するとお肌のターンオーバーに必要な酸素が運ばれにくくなるので、ターンオーバーが遅れてニキビやシミ、くすみなどの原因になってしまいます。

鉄分不足でフェイスライン&顎ニキビができる原因と対処法

特に女性は生理で鉄分が不足しやすいので、しっかり補ってあげることが大切です。

もちろんフェイスラインニキビは、他にホルモンバランスの乱れなどによってもできますが、管理人の経験上ではピルより鉄分のサプリメントのほうが断然効果がありました
サプリメントを切らして1週間くらい摂らない日があると、フェイスラインや顎にニキビができ始めるので、毎日続けて飲むようにしています。

全部で月々いくら?

気になるのが、これだけ色々飲んだら月々いくらかかるんだろう…ということかと思いますが、大体8,000~10,000円くらいになります。

管理人の場合は、上記のサプリメントを一式飲んでいるのもありますし、ニキビ以外にも美肌や健康効果もあって飲んでいるので、ちょっと高くなっています。

でもサプリメントやプロテインは、そんなに高いものじゃなくてもいいと思います。
こだわるときりがないし、かなり高くなるので…

もちろん、オーガニックで体にいいものがいいものに越したことはないですが、続けることが大切なので、無理に高いものを買う必要はないのかな、と思います。

ただ、合成のものよりは天然のもの(植物や野菜などから栄養を抽出しているもの)のほうがよく効く気がします
吸収率が違うとかも言われていますが、まずは続けれらるお値段のものを摂ってみることからやってみて、こだわりたくなったら色々こだわるほうがいいかな?と思います。

お薬と違って効果が出るまでに時間がかかりやすいので、それまでに挫折してしまうお値段だともったいないですしね。

栄養を摂ることより、悪いものを摂らないことが大切!

サプリメントでニキビを治したい!と思っている時に意外と見落としてしまうのが、サプリメントで栄養摂るから大丈夫か、という安心感で普段の食生活がおざなりになってしまうということです。
もちろん、食生活になかなか気を遣えないからサプリメントで補うわけですが、健康効果というのは、いいものを摂ることによる健康効果は3割悪いものを摂らないことによる健康効果は7割、とも言われています。

つまり、サプリメントで3割を補うことも大切ですが、7割をできるだけ増やす(悪いものを摂らないようにする)ことも、忘れてはいけないんですね。

この悪いもの、というのは一般的に悪いものであることもありますし、体質に合わないもの、という意味でもあります。

管理人は色々サプリメントを摂ってきましたが、このサプリメントを常に摂っていても、乳製品小麦粉の破壊力には勝てません。
乳製品と小麦粉はどうしても体質に合わないので、ちょっとくらいなら大丈夫ですが、2〜3日続けてカフェラテ飲んだりパンやパスタを食べるとポツッとニキビができたりします。
詳しくはの記事でご紹介していますが、知らず知らずのうちにフードアレルギーのものを食べていて、それがニキビの原因になっているかもしれません。

遅発型フードアレルギーでニキビや肌荒れが深刻化!

なので、サプリメントを摂ることも大切ですが、体質に合わないものを食べたりしていないか、というのも合わせて見直すのがベストだと思います。

そんなにガッツリニキビ予防したいわけじゃなくて、たまにニキビできるし、健康の意味も含めてサプリメントを検討している、という方にとってはしつこい説明になってしまいましたが、なかなか治らないニキビをなんとかしたい!と思っている方の参考になればと思います。

このページの先頭へ