思春期ニキビの原因と治し方

思春期ニキビは青春のシンボル、なんてよく言われますが、思春期にニキビができてしまうと本当に憂鬱になりますよね。

管理人のキャリーは高校生になった途端にニキビができ始め、3年間ずっとニキビに悩まされていました。
ちょうどプリクラが流行って毎日のように撮って帰る、みたいな時代でしたが、アップで撮ると隠せないくらいニキビがひどく、修学旅行や学祭の時の写真もほとんど撮ってない…という寂しい青春時代でした。

メイクも禁止の学校なので隠せないし、田舎なので化粧品もあまりたくさんは売ってなく…
とにかく毎日鏡を見るのが憂鬱でした。

1番楽しく思い出が多いはずの高校生時代ですが、ニキビのせいで自分に自信が持てず、暗い高校生だったと思います…

そんな、下手をしたら人生を変えてしまうような思春期ニキビ。
なんとかしたいですよね。

そこで、思春期ニキビについて色々ご紹介していきたいと思います。

思春期ニキビ

思春期ニキビっていつからいつまで?

そもそも、思春期ニキビと呼べるニキビはいつからいつまででしょうか。
大人になると、『ニキビじゃなくて吹き出物』と言ったりしますが、思春期ニキビは小学校高学年〜高校卒業もしくは成人までくらいにできるニキビのことを指します。

この時期は成長期とも呼ばれ、男の子は男性らしく、女の子は女性らしくなるために男性ホルモンや女性ホルモンが盛んに分泌されます。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビの特徴としては、Tゾーンにできやすい、ということが挙げられます。

というのも、成長ホルモンには皮脂の分泌を促す作用があるため、皮脂腺の多いTゾーンは特に皮脂が出て詰まりやすくなりニキビができやすくなるんです。

もちろん人によっては頬やフェイスライン、首などにもニキビができるので一概には言えませんが、皮脂でベタベタする、Tゾーンにニキビができる、というのは思春期ニキビの特徴です。

思春期ニキビの原因

では思春期ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか。

原因1.成長ホルモン

思春期は体をどんどん成長させるため、成長ホルモンがたくさん分泌されます。
この成長ホルモンには、皮脂の分泌を促す作用があるため、どうしても皮脂が出やすくなってしまうんです。

皮脂が多いとその分毛穴を詰まらせてしまい、ニキビに発展してしまうんですね。

原因2.ストレス

意外に大きな原因となっているのが、このストレスです。
思春期は学校のストレス、勉強のストレス、部活のストレス、人付き合いのストレス…様々なストレスがかかります。

大人になれば付き合う人はある程度選べますし、勉強や部活などやりたくない事もある程度避ける事ができます。

しかし学校に通っていると、クラスのみんなと仲良くするために、嫌いな人と仲良くしなければならなかったり、したくない勉強をしたり、とにかく朝が早かったり、色々なストレスがかかってきますよね。

管理人も、ほんとに何をやっても治らなかったニキビが、高校を卒業した途端スッと引いてかなりキレイになったので(そのあと大人ニキビに悩まされますが…)、学校のストレスはかなり大きかったのだと思います。

原因3.食生活の乱れ

思春期は体がどんどん成長しようとしているため、カロリーもたくさん使いその分ご飯やお菓子をたくさん食べたくなります。

しかし限られたお小遣いで何かを買おうと思うと、どうしても菓子パンやカップラーメン、ファストフードに偏りますよね。

しかしそれらの食品は、糖質と脂質が多い割に食物繊維やビタミンミネラルがほとんどなく、血糖値を急上昇させてしまいます
血糖値が急上昇すると、体は慌ててインスリンというホルモンを出し血糖値を下げますが、この時血液中の糖分は中性脂肪という形に変えられます。

中性脂肪は体脂肪として体につくだけでなく、皮脂として毛穴から出てきてしまいます
しかもこの中性脂肪による皮脂はベトベトしていて毛穴に詰まりやすい皮脂なので、ニキビになりやすいんです。

皮脂を触った時にベタベタする、という方は食生活を見直してみるといいかもしれません。

原因4.間違った洗顔

思春期のニキビケアというとア○ネスやクレ○ラシルなどが有名ですが、こういったドラッグストアで安く売られている洗顔料には合成界面活性剤という成分が入っています。

合成界面活性剤についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますが、使えば使うほどお肌をボロボロにしてしまう成分なんです。

また、アクネ菌を殺菌するタイプのニキビケアは最初は効果がありますが、次第にお肌のバリア機能が低下してニキビが出来やすいお肌になってしまいます

アクネケアでニキビが治らない理由についてはこにら

そのため、市販の安い洗顔料やアクネケア商品はおすすめできません。
お肌が生まれつき強く、どんな洗顔料を使っても肌荒れしない、という方も中にはいます。

管理人の友人にも、何を使っても、クレンジングをゴシゴシしても、タバコを吸っても夜更かししてもニキビなんて出来たことない♪という子が何人かいます。

しかしそういった肌質は元々の体質なので、その子達に合わせてマネをしていてもニキビはどんどん悪化してしまいます…
ニキビを治すには、界面活性剤や強い殺菌作用のある成分を使っていない洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗顔することです。

思春期ニキビの治し方

では気になる思春期ニキビはどうやって治したらいいのでしょうか。

睡眠をしっかりとる

睡眠が不足すると、お肌のターンオーバーが乱れたり、ホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなってしまいます。
特に思春期は成長ホルモンの影響でホルモンバランスが不安定になりがちです。

部活や勉強、バイトや遊びで忙しいかもしれませんが、0時までにはかならず寝るようにし、1日7時間は寝るようにしましょう。

特に夜のスマホやテレビはおすすめできません。
脳への刺激が強く、睡眠の質が下がってしまい、お肌にとってよくありません。

寝る3時間前までに食事を済ませ、湯船で温まってからベッドに入ることで、睡眠の質を上げあげてニキビをできにくくすることができます。

ストレスを気にしない

思春期ニキビだけでなく大人ニキビでも悩まされるのがストレスです。

溜めるなと言われても難しいですし、気にしないように意識するほどそれがストレスになってしまいますよね。
ストレスに関してはできるだけ溜めないようにして、運動などで発散する、というのが理想ではありますが、あまり考えないのがベストかもしれません

ストレスが溜まると体内に活性酸素が発生し、それが炎症ニキビの原因になりますが、活性酸素を除去するビタミンCやポリフェノールが豊富なイチゴ、キウイ、パプリカなんかを食べたり、サプリメントを飲んだりして、あとは気にしないのがベストです。
サプリメントも安いもので構いません。

ストレスでニキビができるのは活性酸素だけが理由ではありませんが、打てる手は打って、あとは気にしない!というくらいでないと、どんどんストレスが気になって悪循環になってしまいます。

親御さんに協力してもらってできるだけ生のフルーツや野菜を多く食べたり、安いサプリメントを買ってもらうのがおすすめです。
サプリメントもビタミンCなら1ヶ月で1,000円くらいのものがたくさんあります。

ビタミンCはニキビ跡にもいいので、サプリメントを飲んであとはストレスを気にしない!というのがおすすめです。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方

食生活を見直す

思春期は代謝もよくお腹がすきやすいですし、お金もそんなに持っていないとどうしてもお菓子やファストフード、カップラーメンなんかになってしまいますよね。
でもこういった食べ物は皮脂の分泌を増やしたり、炎症を起こしやすくなってニキビの原因になってしまいます。

ただ、お友達との付き合いもありますし、なかなか自分だけで全部変えるのは難しいですよね。

友達とファストフードやお菓子を食べる機会が多い方は、朝ごはんや夜ごはんでビタミンやミネラル、食物繊維の多い緑黄色野菜、海藻類を意識して食べるようにしましょう。

糖分や脂肪分をエネルギーに変えるにはビタミンBが必要ですが、ビタミンBが不足すると余った糖分や脂肪分が皮脂になりやすいので、ビタミンBの多い卵、納豆、マグロ、バナナを積極的に食べるのも効果があります。

ビタミンB2はニキビの予防や皮脂コントロールに有効!

ビタミンBが不足すると口内炎ができやすくなるので、ニキビもあるし口内炎もよくできる、という方はビタミンB不足の可能性が高いんですね。

ちなみに管理人はニキビに悩んでいた時期と口内炎が出来やすかった時期はかぶっている事が多いです。

甘いものやスイーツが大好きでよく食べていたので、糖分や脂肪分がエネルギーに変換しきれず皮脂になっていたんだと思います。
今は甘いものを食べた時はビタミンBのサプリを飲んだり、食事に卵や納豆を取り入れるように気をつけています。

納豆や卵、バナナは安いので取り入れやすいですし、おやつにゆで卵やバナナを食べたり、朝ごはんにバナナを食べたりしてみましょう。
サプリメントもそんなに高いものでなくていいので、取り入れてみるのもおすすめです。

洗顔を見直す

思春期の頃は皮脂が出やすいので成分の強い洗顔料を使って洗顔してしまいがちですが、皮脂を奪えば奪うほどお肌の中が乾燥してカラカラになり、お肌はかえって皮脂をたくさん出そうとしてしまいます。

まだメイクなんかをしていないのであれば、純粋な石けん成分だけでできた石けんを泡立てて、優しく洗うだけでも十分汚れが落ちます。

もしニキビがあってそれを隠そうとメイクをしているのであれば、できれば石けんだけで落ちるミネラルファンデを使って、クレンジングはやめるのがおすすめです。

クレンジングにはどうしてもメイクを落とすための合成界面活性剤がたくさん入っています。
この合成界面活性剤がどうしてもお肌を乾燥させてバリア機能を低下させたり、乾燥により皮脂過剰を招いてしまうので、ニキビの原因になってしまいます。

ニキビができるのはクレンジングのせい!?クレンジングをやめた方がいい理由

ニキビを治す!石けんで落とせるおすすめミネラルファンデ

記事一覧

思春期ニキビ

思春期ニキビに効く食べ物と悪化させる食べ物

思春期は体がどんどん成長している時期なので、人によっては食べても食べてもお腹がすいて、ついカップラーメンや菓子・・・
クレアラシル

思春期ニキビにクレアラシルは効く?洗顔とクリームの成分や口コミ

思春期ニキビのケア商品として有名なのが、クレアラシルですよね。 テレビでもCMをしていますし、ドラッグストアな・・・
マスク

思春期ニキビを隠したい!ニキビを悪化させずに上手に隠す方法3つ

思春期にできる厄介なニキビ。 すぐ治ればいいですが、長引いたりニキビ跡が残ってしまうと、友達と出かけたり学校に・・・
思春期ニキビ

ピーリングや洗顔のしすぎ!思春期ニキビを悪化させること

思春期ニキビを治すには、ピーリングをした方がいい、しっかり洗顔して清潔にしておくことが大切、などとよく言われる・・・
思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いってなに?

微妙なお年頃の時にニキビができると、それが思春期ニキビなのか大人ニキビなのかよく分からなくてケア方法に悩む時っ・・・
思春期男ニキビ

男の子の思春期ニキビは食生活と間違った洗顔が原因?治し方は?

ニキビやお肌のことで悩む、というのは女性のほうが多いイメージですが、思春期は男性でもニキビができやすくなるので・・・

このページの先頭へ