妊娠中ニキビができる原因は黄体ホルモンが原因!治し方は?

妊娠中のニキビに悩まされる女性は多いですよね。
それまでニキビとは無縁だったのに、急にできたりして不安になる方も多いです。

妊娠中のニキビは出産が終われば落ち着きますが、出来ればニキビを作らせたくないですし、あまりひどいとニキビ跡として残ってしまうのでなんとかしたいですよね。

そこで、妊娠中にできるニキビの原因と治し方などご紹介したいと思います。

妊娠中

妊娠中にできるニキビの原因

妊娠中にできるニキビの原因となっているのは、ホルモンバランスの変化です。
妊娠すると、卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が一気に増えます。

この2つのホルモンのうち、黄体ホルモンはとくに妊娠中には必要なホルモンで、黄体ホルモンの分泌量が少ないと「黄体機能不全」と診断され、ホルモンを薬や注射で補うこともあります。

特に妊娠初期には、黄体ホルモンが子宮の状態を整えて胎盤を形成したりするので、とても必要なホルモンです。

しかし黄体ホルモンには皮脂の分泌量を増やしたりお肌をごわつかせる作用もあります。
そのため、妊娠中はいつもより皮脂が出てベトベトしたり、毛穴詰まりを起こしてニキビができたりするんです。

その他、妊娠中は黄体ホルモンの影響によって以下のような症状が出やすいため、ニキビや肌荒れにつながってしまいます。

便秘

便秘

黄体ホルモンは子宮の状態を整えて、受精卵がしっかり着床し、そのまま成長できるように子宮の動きを弱めて守る作用があります。
その作用の影響は腸にも及び、腸の動きも鈍くなってしまうため、便秘を引き起こしやすくなります

便秘が長引くと、腸内で便が腐敗し、有毒なガスを発生させます。
その有毒なガスは血液に溶けて全身を巡り、お肌の代謝を落としたり、血液を汚して肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

また、便秘が長引くと次第に腸内環境が悪化していき、悪玉菌が増えていきます。
この悪玉菌は腸内で有害物質を発生させますが、それも血液に溶けて肌荒れやニキビの原因となってしまいます。
悪玉菌が増えると腸の動きがさらに鈍くなり、便秘が悪化するという悪循環にはまってしまうので、便秘はできるだけ早く改善したいところです。

食生活の変化

ホルモンバランスが変わることで、妊娠初期は特に悪阻などの症状が出やすくなります。

悪阻になると、それまで食べていたものが食べられなくなったり、甘いものやジャンクフードが無性に食べたくなったり、食べても吐いてしまったり…
妊娠前と比較して、栄養バランスが悪くなってしまうことがよくあります。

暴飲暴食

そうすると、お肌の代謝に必要なビタミンやミネラルが不足したり、お肌の細胞やコラーゲンの材料となるタンパク質が不足して、ニキビができやすくなります。

特に、甘いものや油っこいものは皮脂の分泌量を増やしてしまうので、どうしてもニキビができやすくなります。

ニキビと砂糖のこわい関係、砂糖の代用品やどうしても食べたくなった時は

睡眠不足

妊娠してホルモンバランスが変わると、イライラしやすくなったり、精神的に不安定になったりすることがよくあります。
また、体調の変化などによって、睡眠が浅くなったり、熟睡しづらくなります。

睡眠の質が下がると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、お肌のターンオーバーが遅れてしまうので、古くなった角質がお肌に残って毛穴を覆ってしまい、ニキビの原因になってしまいます

また、睡眠不足になると男性ホルモンの分泌量が増えてしまいますが、男性ホルモンには皮脂の分泌量を増やす作用もあるので、これもニキビの原因になってしまいます。

妊娠後期になると、お腹の中の赤ちゃんが大きくなり、これも熟睡しづらくなったり、膀胱を圧迫されて頻尿になり、夜中に何度も目が覚めてしまうことも睡眠の質の低下につながってしまいます。

睡眠不足でニキビができる原因と、睡眠の質の上げ方

イライラ

妊娠すると体調が一気に変わり、思うようにいかなかったり睡眠不足になったりしてイライラしやすくなります。
妊娠初期だとまだ周りにも言いにくく、体調が悪いのを隠して過ごしたりしなければならず、ストレスが溜まったりします。

しかしあまりストレスが溜まってしまうと、体内に活性酸素を発生させてしまい、お肌に炎症を起こして肌荒れや炎症ニキビの原因となってしまいます。

妊娠中のニキビを作らせなくするには

では妊娠中のニキビを少しでも作らせなくするにはどうしたらいいでしょうか。

便秘をしないようにする

まずは便秘をしないように気を付けましょう。

ただ、妊娠中は黄体ホルモンの影響でどうしても腸の動きが鈍くなってしまいます。
これを、腸のぜん動運動を促すタイプの便秘薬に頼ってしまうと、子宮もつられて収縮してしまい、流産や早産のリスクが上がってしまうので絶対におすすめできません

妊娠中の便秘を解消するには

  • 食物繊維をバランスよく摂る
  • 乳酸菌オリゴ糖で腸内環境を整える
  • 水分をしっかり摂って便を柔らかくする
  • どうしてもの時はマグネシウムに頼る

のがおすすめです。
食物繊維には不溶性食物繊維水溶性食物繊維があり、不溶性は腸の中で水分を吸って膨らみ、腸を刺激してぜん動運動を促してくれます。腸の動きが鈍くなる妊娠中には積極的に摂りたい食物繊維です。

水溶性食物繊維は便の水分量を上げて柔らかくし、出しやすくしてくれる効果があります。
便が硬くなって出しにくい方におすすめです。

また、腸のぜん動運動を高めるためには、腸内の善玉菌を増やすことも有効です
腸内のビフィズス菌や乳酸菌は、酢酸や乳酸を作り出し腸内を酸性に保って、ぜん動運動を促してくれます。

酸性に保たれると悪玉菌が増えるのを抑えたり、インフルエンザウイルスや風邪ウイルスなどの繁殖を抑えてくれるので、免疫力アップにもつながります。
妊娠中は風邪薬など飲めない薬も多いので、免疫力を高めることはとても有効ですよね。

そして、水分補給も大切です。
妊娠中は子宮を衝撃から守るため、体が水分を溜め込もうとします。その分腸に回される水分が減ってしまうので、水分補給は妊娠前よりこまめに行うようにしましょう。

それでもダメな時は、マグネシウム系の便秘薬に頼るのがおすすめです。
マグネシウムは便の水分量を上げて柔らかくする効果があり、体に吸収されないですし、子宮の収縮を促したりもしないので、妊婦さんでも安心して飲める便秘薬です

便秘薬が心配であれば、まずはマグネシウムが豊富な硬水を飲んでみることをおすすめします。
味は少し飲みにくい、と感じる方も多いですが、炭酸になっているものや、レモン汁やグレープフルーツ果汁を入れると飲みやすくなるので、お好みで味付けして飲むといいですよ。

マグネシウムの便秘薬は薬局でも売っていますし、かかりつけの医師に相談したら処方してくれると思います。
飲みすぎると、腹痛はありませんが水様の便になってしばらくトイレを行き来することになるので、少量からスタートするようにしましょう。

食生活に気を付ける

食生活は、悪阻の度合いにもよりますが、なかなか食べたいものが食べられない場合はサプリメントやスムージーなど手軽なものに頼ってしまいましょう。
特にニキビに効果があるのは、皮脂の分泌量を抑える効果のあるビタミンB群や、炎症ニキビを抑えたりニキビ跡の治りを早くするビタミンC、コラーゲンの生成やお肌のターンオーバーに関わる鉄分などです。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方

ビタミンB2はニキビの予防や皮脂コントロールに有効!
鉄分不足でフェイスライン&顎ニキビができる原因と対処法

また、妊婦さんに人気のある葉酸サプリは、粘膜の代謝機能を高める働きがあるため、お肌のターンオーバーを促してくれ、ニキビを予防する効果もあります。

軽い運動をする

軽い運動をして血行をよくすることは、お肌の代謝を促すことにもつながりますし、ストレス発散や睡眠の質の向上にも役立ちます。
安定期に入るまでは激しい運動は危険ですが、軽いウォーキングやストレッチ、ゆったりした動きのヨガであればあまり負担もかからず続けられます。

ヨガはマタニティヨガといって、安産力をアップしたり産後のビューティケアにもつながるので、おすすめです。
近くに教室がない方は、本やDVDを見ながらでも始められるので自宅でも簡単に始められますよ。

睡眠の質を上げる

妊娠すると体調が変わってなかなか寝付けなかったり、何度も目が覚めてしまうことがありますが、睡眠の質を少しでも上げることで肌荒れやニキビを予防することができます。
睡眠の質を上げるには、

  • 寝る前のテレビやスマホをやめる
  • 湯船にゆっくり浸かって温まる
  • 食事は寝る3時間前に済ます

ことが有効です。

寝付けないとベッドの中でスマホを触ってしまいがちですが、スマホやテレビ、パソコンのライトは脳に強い刺激を与えていしまい睡眠の質を下げてしまいます。
寝る1時間前になったらスマホやテレビは消して、部屋の電気も暗めにして、リラックスできる音楽を聴いたり本を読むのがおすすめです。

また、湯船にゆっくり浸かって体温を上げることで、睡眠の質を上げることができます。
アツアツのお風呂ではなく、39度くらいのお湯でしっかり15~20分浸かるのがおすすめです

お気に入りの香りのバスソルトやバスオイルを入れることでリラックス効果やストレス発散にも効果があるので、疲れている時やストレスが溜まっている時はそういったバスグッズも使ってみましょう。

食事は寝る3時間前には済ませておくようにしましょう。
寝る前に食べてしまうと、寝ている時も胃を動かさなければならず、その胃に指令を出す脳も起きていなければならず、体も脳もあまり休めなくなってしまいます。
どうしてもお腹が空いてしまった時は、温かいソイココアやヨーグルトなど消化にいいものを選ぶようにしましょう。

化粧品を見直す

妊娠中というのはとてもお肌が敏感になっているので、刺激の強いタイプの化粧品はあまり向いていません。
妊娠前はしっかりファンデーションを塗って、オイルクレンジングで落としていた、という方も、妊娠中は刺激がすくなくあまり毛穴を塞がないパウダータイプのファンデーションがおすすめです。
ミネラルファンデであればクレンジングの必要もなく、洗顔だけで落とせるのでさらに刺激は少なく済みます。

ニキビを治す!石けんで落とせるミネラルファンデを比較してご紹介

オンリーミネラル

洗顔も、ピーリング効果のあるものや汚れをしっかり落とすものより、お肌にやさしく刺激の少ないものがおすすめです。
妊娠中はホルモンの影響で皮脂分泌量が増えますが、それをごっそり取るような洗浄力の強い洗顔を使ってしまうと、お肌にとって必要な潤いも洗い流してしまい、かえって脂性肌が悪化することがあります。

脂性肌ニキビができる原因と脂性肌の治し方

妊娠中は仕方がないと割り切って、こまめにティッシュオフしたり、しっかり保湿して乾燥しないように気を付けておきましょう。

このページの先頭へ