痛~い頬ニキビができる原因は食生活?治し方もご紹介

頬にできるニキビは、炎症や化膿を伴うことが多く、ニキビ跡も残りやすいのでできるだけしっかり予防し、出来たらすぐに治したいニキビですよね。

そんな頬ニキビができる原因や治し方についてご紹介していきたいと思います。

ほほ

頬ニキビができる原因

頬ニキビができる原因はいくつかあります。

原因1.糖質や脂質の摂り過ぎ

甘いものやラーメン、丼、うどん、パスタ、菓子パンなどは手軽に食べられますし、疲れた時の甘いものは癒されますよね。

しかし、糖質を摂り過ぎると血糖値が急上昇し、インスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンは血液中の糖分を中性脂肪に変える作用がありますが、変えられた中性脂肪は体脂肪として体につくだけでなく、皮脂としても毛穴から出てきてしまいます
しかもベトベトするタイプの皮脂なので、毛穴に詰まりやすくニキビになりやすいんです。

また、脂質の摂り過ぎも体内で消化しきれないと皮脂として出てきてしまうので、摂り過ぎはニキビにつながってしまいます。

管理人と管理人の友人の意見では、糖質の摂り過ぎはおでこニキビができやすく、脂質の摂り過ぎは頬のニキビができやすい気がしています。
ただ、糖質と脂質はセットになっていることが多いですよね。
ラーメン、ケーキ、パン、チョコ、アイスetc…どちらもセットになっていることが多いので、意外と頬ニキビができる時はおでこにもポツポツニキビができることが多いです…

揚げ物や脂身の多いお肉なんかをたくさん食べると、頬ニキビだけブワッとできることもあります。

原因2.便秘

便秘になると、腸内に悪玉菌が繁殖し、悪玉菌が出す有害物質が腸内に溜まってしまいます。
また、便秘が長引くと便が腸内で腐敗して有毒ガスを発生させます。

これらの有害物質や有毒ガスはある程度はオナラとして体外に出ますが、量が多いと腸から血液に吸収されて、全身を巡ります。

そして最終的には毛穴から出てきて毛穴を傷つけ、炎症を起こしてニキビへと発展してしまいます。
頬ニキビは炎症を伴うことが多いですが、便秘によって有害物質が毛穴から出てきて炎症を起こしてしまうからなんですね。

原因3.頬杖や枕の汚れ

頬杖をつく癖のある方は、頬のお肌のを刺激してしまい、ニキビができやすくなってしまいます。
手は、思っている以上に雑菌が繁殖しているので、その手で頬を触ったり押したりしてしまうと、毛穴に雑菌が繁殖して炎症ニキビを作りやすくしてしまいます。

また、頬は夜寝る時に枕と触れている時間が長いので、枕が汚れている時も頬ニキビはできやすくなります。

原因4.髪の毛

髪が短い方は大丈夫ですが、長い方や頬に当たる程度に伸ばしている方は、髪の毛につけた整髪料や、シャンプーリンスのすすぎ残しが頬につき、それらが毛穴をふさいでニキビの原因になっているかもしれません。

特にリンスやワックスなど油分を含むものは毛穴をふさぎやすいので注意が必要です。

頬ニキビの治し方

頬ニキビを治すには、まずは食生活を見直してみましょう。
糖質や脂質は適度にし、野菜、海藻類、豆類などを積極的に摂るのがおすすめです。

特に思春期で頬ニキビに悩まされている方は、コンビニで買えるお菓子や菓子パン、カップラーメンなんかは脂質と糖質に栄養が偏っている上、食品添加物も多いのでおすすめできません。

食品添加物の摂りすぎで炎症ニキビ、大人ニキビができる理由

思春期は体がどんどん成長してお腹がすきやすいですが、そういった食べ物やファストフードなどはできるだけ控え、昔ながらの日本食を意識して食べるようにしてみましょう。

また、糖質や脂質に偏った食生活では、食物繊維やビタミンミネラルが不足するので、便秘も同時に招きやすくなります。

便秘を解消するには、便のカサを増やして腸の刺激を促す不溶性食物繊維、便の水分量を上げて柔らかくする水溶性食物繊維マグネシウム、腸内の善玉菌を増やして腸の動きを活発にする乳酸菌オリゴ糖納豆菌などを摂っていく必要があります。

これらをバランスよく摂るには、不溶性食物繊維の多い根菜類やこんにゃく、水溶性食物繊維の多い海藻類、乳酸菌の多いお漬物や味噌などの発酵食品、オリゴ糖の多い大豆製品などを摂るのがいいんです。

そうすると、昔ながらの日本食はピッタリなんですね。

なかなか朝や夜は忙しかったり、お昼はコンビニで済ませてしまいがちですが、玄米のおにぎりや納豆、ワカメのお味噌汁だけでもいいので意識して食べるようにしたいですね。

食生活を見直したら、整髪料や枕の汚れを確認してみましょう。
整髪料を付ける方は、顔まわりにはつけないようにしたり、髪をまとめたりしましょう。

枕カバーは、毎日変えるのが理想です。
カバーが無理ならタオルをかぶせ、裏表で1日ずつ使い、2日ごとに交換するのがラクです。
ちょっと面倒ですが、お肌に雑菌が繁殖してニキビが悪化しないようにこまめに取り換えてみましょう。

このページの先頭へ