脂性肌ニキビは男性ホルモンが原因かも?チェック方法と直し方

脂性肌の原因と治し方については、まずは洗顔とクレンジングを見直すこと、という風にご紹介しました。

しかし、それだけではどうにも脂性肌が治りきらない、そんな時は男性ホルモンの分泌量が増えている可能性があります。

とくに男性ホルモンはフェイスラインのニキビと深い関係があるので、フェイスラインのニキビが繰り返しできてなかなか治らない…
そんな方は男性ホルモンを疑ってみてはいかがでしょうか。

男性ホルモン

男性ホルモンと皮脂の関係

男性ホルモンというのは、男性だけでなく女性も分泌しています。

男性ホルモンの分泌量は、男性に比べると女性は約5~10%と少なめです。

しかし、女性でも体内で分泌される男性ホルモンの量は女性ホルモンの分泌量の約10倍と言われていて、女性であっても女性ホルモンより男性ホルモンのほうが分泌量が多いんです。
ちょっとびっくりですよね。

男性ホルモンは男性らしい体つきになる作用だけでなく、骨休め筋肉の形成、性毛の発達、皮脂の分泌、そして男性的な思考(好奇心や冒険心、闘争心など)を強くする作用もあります。

男性のほうがもちろんこのホルモンの影響を受けますが、女性も分泌しているので影響は受けます。

男性ホルモンのお肌やニキビへの影響

ではお肌にフォーカスして、男性ホルモンの影響を見てみましょう。
男性ホルモンがお肌に与える影響は

  • 皮脂の分泌量を増やす
  • 皮膚を分厚くして硬くする

という作用があります。
特に男性の髭が生えているフェイスラインや鼻の下は皮脂の分泌量が多くなりやすいと言われています。

フェイスラインはもともと毛穴が細く、さらに男性ホルモンの影響で皮膚が分厚くなることで毛穴が詰まりやすくなるので、男性ホルモンの分泌量が増えるとフェイスラインにニキビができやすくなってしまうんです。

男性ホルモンは体にとって必要なホルモンですが、ホルモンバランスが崩れて多く分泌されてしまうと、ニキビや脂性肌などの原因にもなってしまうんですね。

男性ホルモンが多いかチェック!

では男性ホルモンの分泌量が多いかどうかチェックする方法をご紹介します。

  • 睡眠時間が短かったり不規則
  • 冷たいものをよく飲んだり食べたりする
  • ファストフードやレトルトなどをよく食べる
  • 生理周期が乱れやすく、月経血の量も少なかったり多かったりする
  • 皮脂が多くベタつきやすい
  • フェイスラインや顎にニキビができやすい
  • 運動不足
  • 浮腫みやすい
  • ストレスがたまっている
  • イライラしやすい

これらの項目で当てはまるものが多い方は、男性ホルモンの分泌量が多くなっている可能性があります。
もちろん1つだけ当てはまる場合でも男性ホルモンの量が増えている場合もありますし、たくさん当てはまっていても別のところに原因がある場合もあります。

ただ、フェイスラインに繰り返しできるニキビに悩まされている…
そんな方は男性ホルモンが原因になっているかもしれません。

男性ホルモンによるニキビを落ち着かせる方法

では男性ホルモンでニキビができている場合、どうしたら落ち着かせることができるのでしょうか。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠時間が短かくなると、ホルモンバランスが崩れやすくなって男性ホルモンの分泌量が増えます。
また、お肌のターンオーバーは睡眠に入って3〜4時間の、睡眠が最も深い時間に盛んに行われます。

そのため、睡眠が浅かったり睡眠時間が短いと、お肌のターンオーバーがしっかり行われず、それもニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

お肌のターンオーバーをしっかり促すことで、ニキビ跡の治りを早くしたり、シミやシワの改善にも役立つので、睡眠はしっかりとるようにしましょう。

睡眠不足でニキビができる原因と、睡眠の質の上げ方

温かいものを飲む&食べる

冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、内臓が冷えて自律神経のバランスが乱れやすくなり、男性ホルモンが分泌されやすくなります。

夏場は冷たい飲み物やアイスクリームなどが美味しいですが、朝と夜には白湯を飲んだり、温かいハーブティーなどを飲んでできるだけ内臓を冷やさないようにしましょう。

できるだけストレスを溜めない

ストレスはどうしても溜まってしまうものですが、ストレスが溜まるとそれに対抗しようと男性ホルモンが分泌されてしまいます。
また、ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させますが、活性酸素はお肌に炎症を起こすため、炎症や化膿を伴うニキビができやすくなってしまいます。

フェイスラインにこもったような痛いニキビ、膿を伴うようなニキビができている時は、ストレスによってホルモンバランスが崩れている可能性があります。

ストレスが原因で大人ニキビができる理由と対処法

軽い運動をする

軽い運動をすることで、血行がよくなり冷えの解消ストレスの発散にもつながります。
いきなりジムに行く必要はありませんが、お風呂上りにストレッチをしたり、1駅分歩いてみたりしてみましょう。

軽い運動は腸を刺激して便秘を解消する効果もありますし、血行がよくなることでお肌のターンオーバーも促されるのでニキビだけでなく美肌全般におすすめです。

女性ホルモンを活性化する

ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌量が多くなっている時は、女性ホルモンを活性化するのもおすすめです。

女性ホルモンを活性化するには、大豆製品を食べましょう。
大豆に含まれる大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンと同じような働きをします。

大豆を煮たものや納豆、豆腐、豆乳を毎日こまめに食べることでホルモンバランスが整いやすくなります。

また、大豆製品の他に、ビタミンEも女性ホルモンに似た働きをし、ホルモンバランスを整える効果があります。

ビタミンEが豊富な食べ物は、アーモンド、カボチャ、アボカド、オリーブオイル、いくら、うなぎなどです。
サラダにアボカドを入れてオリーブオイルのドレッシングをかけたり、おやつにアーモンドを食べることで効果的に摂取することができますね。

ビタミンEでニキビを治す!活性酸素を除去して炎症ニキビに効く

このページの先頭へ