脂性肌は化粧水や乳液では治らない!洗顔とクレンジングを見直すべき

脂性肌で、いつもお昼過ぎにはお肌がベトベトしてしまう…
脂性肌に合う化粧水や乳液はないのか…

そんな悩みを抱えていませんか。

管理人も脂が出やすい肌質なので、せっかくキレイにメイクしても、時間が経つとヨレて汚くなっていたり、前髪に皮脂がついてベタッとしていると本当にテンションが下がります…

脂性肌の方は皮脂の分泌量が多くなっているので、さっぱりした化粧水や乳液を使っていたり、化粧水しか使わないという方も多いですよね。
しかしそんな風に化粧水や乳液を色々変えてみても、脂性肌が改善されない…何を使ってもベトベト肌になってしまう…

それもそのはず、脂性肌を根本的に改善していくには、化粧水や乳液ではなく、洗顔やクレンジングを見直す必要があるんです。

化粧水や乳液で脂性肌が改善されない理由

そもそも脂性肌になってしまう理由は、よほど生まれつき皮脂が多く、昔から脂性肌という方以外は、お肌の角質層が乾燥していることにあります。

お肌というのは、乾燥したままの状態だとバリア機能が低下してしまうので、意図的に皮脂を出そうとします

脂性肌の原因のほとんどはこれです。

角質層が乾燥していても皮脂が出にくい肌質の方は乾燥肌になりますし、部分的に皮脂が出る方は混合肌になります。

ではどうして角質層が乾燥してしまうのでしょうか。

それは洗顔とクレンジングに原因があります。

洗顔やクレンジングには、界面活性剤という成分が含まれています。
この界面活性剤には大きく分けて2種類あり、純粋な石けん成分と、合成のものがあります。

純粋な石けん成分は、いわゆるオリーブオイルなどの植物オイルから作られた石けんのことで、この石けん成分がメイク汚れや皮脂汚れなどの油性の汚れとお湯を馴染ませてくれます。

石けん成分はお肌の表面の汚れしか落とさないため、角質層の中にまで入ることはありません。

一方合成の界面活性剤は、そのほとんどが石油から作られたもので、安く大量生産できることから、市販の洗顔やクレンジングにはかなりの確率で使われています。

この石油由来の合成界面活性剤は、洗浄力が強いため、濡れた手でもクレンジングできたり、ウォータープルーフのメイクも落とせたりと便利ではありますが、角質層の中まで浸透し、角質層の潤いも洗い流してしまうんです

角質層の潤いは洗い流されてしまうと、回復に数日〜数週間かかるため、お肌は乾燥したままではマズイ!と皮脂を出そうとするんですね。

つまり、合成界面活性剤が入っているクレンジングや洗顔を使っている限り、 いくらさっぱりする化粧水や乳液に変えても皮脂の分泌量は減らないんです。

合成界面活性剤を使わないためには

では、脂性肌を治すため、合成界面活性剤を使わないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
それは、

  • クレンジングをしない
  • 純粋な石けんのみで洗顔する

ということです。

クレンジングをしない、ということは、クレンジングじゃないと落ちないメイクはできません
海に行くとかプールに行くとか、どうしてもの時はポイントメイクはウォータープルーフなどでも仕方がないですが、基本となるベースメイクやチーク、ハイライトなどはクレンジングがいらないものに変えるのがおすすめです。

お肌にあまり負担がかからないミネラルファンデは、石けんで簡単に落ちますし、崩れにくいものもあるのでおすすめです。

ニキビを治す!石けんで落とせるミネラルファンデを比較してご紹介

洗顔は、チューブタイプのものはほとんど合成界面活性剤が入っていますし、石けんでも色が透き通っているものはお肌に負担がかかるものが入っていることがほとんどです。

色が透き通ってない洗顔石けんならなんでもいい、というわけではありませんが、まずは洗顔石けんを使用して、クレンジングはしないようにしましょう。

このページの先頭へ