ビタミンB2はニキビの予防や皮脂コントロールに有効!

ビタミンB2は別名リボフラビンと呼ばれるビタミンB群の一種で、ニキビの改善には積極的に摂っていきたいビタミンです。

そこで、ビタミンB2とニキビの関係、上手な摂り方などご紹介していきたいと思います。

ビタミンb2

ビタミンB2って?

ビタミンB2は、三大栄養素の糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質の代謝に関わっているビタミンで、特に脂質の代謝には欠かせないビタミンです。

脂肪の代謝をよくして太りにくくしたり、糖質やたんぱく質を代謝して新しい細胞を作るのを促す作用があるため、健康的な皮膚や爪、髪を作るのには欠かせないビタミンです。

ビタミンB2は水溶性のビタミンなため、たくさん摂ると余った分は尿と一緒に排出されてしまいます。
そのため、摂りすぎの心配がいらない分、こまめに摂取する必要があるビタミンでもあります。

ビタミンB2のニキビとの関係

皮脂の量をコントロール

ビタミンB2は脂質の代謝に深く関わっているビタミンなため、不足するとうまく代謝されなかった脂質が皮脂として毛穴から出てきてしまい、脂性肌の原因になったり、毛穴詰まりを起こしやすくなりニキビができやすくなります。

また、皮脂がたくさん出てしまうということは、お肌のpH(ペーパー、酸性やアルカリ性を数値で表したもの)が崩れやすくなり、お肌の抵抗力を弱めて炎症が起きやすい状態になってしまいます。

皮脂でべたついているお肌は、赤みや炎症ニキビがあるイメージですよね。
ひどいた脂漏性皮膚炎という病気になることもあるんです。

また、ビタミンB2は糖質の代謝にも関わっているビタミンです。
糖質は体の中でうまく代謝できないと、中性脂肪に変えられて体脂肪として体につくだけでなく、皮脂として毛穴からも出てきてしまいます

皮脂の量が多い時はビタミンB2を積極的に摂りたいですね。

お肌の代謝を促進

ビタミンB2はたんぱく質の代謝にも関わっています。
たんぱく質はお肌の細胞やコラーゲンの材料になるので、きちんと代謝されないと、お肌の代謝が落ちて古くなった角質がいつまでもお肌に残り、毛穴を塞いでニキビの原因になったり、クスミの原因になったりします。

また、コラーゲンが上手く作れないとお肌はどんどんたるんでしまいますが、お肌がたるむと毛穴が引っ張られて広がり、そこに皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまいます。

お肌の代謝が悪いと、ニキビ跡の治りも遅くなってしまうので、

  • 毛穴を引き締めて毛穴詰まりやニキビを解消したい
  • ニキビ跡の治りを早くしたい
  • クスミを改善したい

という時にもビタミンB2は有効なんですね。

活性酸素を除去

ビタミンB2はビタミンCと同様、活性酸素を除去する効果があります。
活性酸素はある程度は体にとっても必要ですが、ストレスや食生活の乱れでたくさん体内にできてしまうと、健康的な細胞も傷つけて炎症を起こしてしまいます。

炎症ニキビや化膿ニキビができやすい方は、もしかしたら活性酸素が体内にたくさんあるからかもしれません。

活性酸素がニキビを悪化させる、深い関係はこちら

また、活性酸素は血液をドロドロにしてしまう作用もあり、血行が悪くなることでお肌に必要な栄養や酸素が行き渡りづらくなるので、お肌の代謝が落ちてくすんだり、毛穴詰まりを起こしやすくなつてしまいます。

ホルモンバランスを整える

ビタミンB2はホルモンを生成する甲状腺の活性維持にも関わっています。
そのため、不足するとホルモンバランスが乱れやすくなり、血行不良や便秘、代謝の低下などを招いてしまいます。

また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が多くなりがちなので、毛穴詰まりやニキビができやすくなってしまいます。

その他、ビタミンB2の効果

ニキビ以外への効果としては、皮膚や粘膜を正常に保つ効果があり、不足すると口内炎ができやすくなったり、口周りが荒れやすくなってしまいます。
胃や肛門にただれがある時も、ビタミンB2不足の可能性が高いです。

また、目とも深い関わりがあるため、不足すると目の充血や眼精疲労、眩しさに弱くなる、涙が出やすくなるといった症状が出ます。

ビタミンB2を多く含む食べ物

レバー、うなぎ、サバ、たまご、牛乳、ヨーグルト、納豆

ビタミンb2_2

中でも納豆がオススメ!

ビタミンB2を多く含む食べ物は、動物性のものが多いですが、動物性のものは脂肪分が多かったり、摂りすぎると腸内で悪玉菌のエサになって腸内環境を悪化させてしまうので、植物性の納豆がオススメです。

納豆に含まれる納豆菌は腸内で乳酸菌などのエサになり腸内環境を改善してくれるので、便秘がちの方にも向いています。
大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをし、生理前の肌荒れを落ち着かせたり、お肌をきめ細かくする作用もあります。

管理人も1日1パックは食べるようにしていますが、お通じの状態やお肌の状態がよくなるのでオススメです。

ビタミンB2を効率的に摂取するには

ビタミンB2は体内で単体で働くことはほとんどなく、基本は他のビタミンB群であるビタミンB6などと一緒になって働きます。

そのため、サプリメントなどで補う場合はビタミンB2単体ではなく、ビタミンB群がごっそり入ったサプリメントや、マルチビタミンというビタミンCやAなども入った総合的なビタミンサプリメントがオススメです。

また、ビタミンB2は水溶性で、余った分は尿と一緒に排出されてしまうので、一度にたくさん摂るのではなくこまめに摂取する必要があります。
最近ではお腹の中で少しずつ溶けていくタイプのサプリメント(タイムリリースタイプ)もあるので、こまめに摂取するのが面倒な人はそういったサプリメントがオススメです。

ビタミンB2は脂質や糖質の代謝に関わっていると言いましたが、甘いものや炭水化物メインの食事(菓子パン、サンドイッチ、パスタ、うどん、ラーメンなど)、揚げ物、スナック菓子が好きな方は糖質や脂質を多く摂っていてビタミンB2の消費が激しくなっています。

また、アルコールには脂質の代謝を抑制する作用があるため、アルコールをよく飲む方もビタミンB2をたくさん摂る必要があります。

スイーツやお菓子をたくさん食べた時、炭水化物メインの食事に偏っている時、アルコールをよく飲む時は、いつも以上にビタミンB2を摂るように心がけましょう。

このページの先頭へ