ビタミンAでターンオーバーを正常にしニキビを治す!

ニキビを治すために積極的に摂りたいビタミンはいくつかあります。
その中でも、今回はビタミンAについてご紹介していきたいと思います。

ビタミンA

ビタミンAって?

ビタミンAには動物性のものに含まれる脂溶性のビタミンAと、植物性のものに含まれる水溶性のビタミンAがあります。

脂溶性のビタミンA

脂溶性のビタミンAは、体の中では「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」の3種類として働きます。
脂溶性のため吸収率が高いのが特徴ですが、過剰摂取すると体の中に蓄積されてしまいます
過剰摂取してしまうと吐き気や嘔吐、下痢などの症状が出てしまうので、サプリメントなどで摂取する場合は用法用量に気を付けましょう。

水溶性のビタミンA

水溶性のビタミンAは、βカロテンという名前で呼ばれていて、体の中に入るとビタミンAとして働きます。
過剰摂取したとしても、体に必要なぶんだけビタミンAに変換され、残りは体の外に排出されるので安心して摂取することができます。

ビタミンAの働き

ビタミンAは基本的には皮膚や粘膜を正常に保つ働きや、視覚を正常にする働きをしています。

そのため、不足するとドライアイになったり目が疲れやすくなる、暗いところで目が見えにくくなる「夜盲症」になったりします。
また、お肌のターンオーバーが乱れてシミシワができやすくなったり、古い角質がお肌に溜まり、毛穴を塞いでニキビの原因になったりします。

その他、癌や風邪を予防する作用もあります。

ビタミンAのニキビへの効果

ビタミンAにはお肌を正常に保つ効果があるため、不足するとターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下してしまいます。

ターンオーバーが乱れることで古くなった角質がお肌に溜まり、毛穴を塞いでニキビを作る原因になってしまいます。
また、バリア機能が低下することでアクネ菌が増殖しやすくなってしまうので、炎症を起こしやすくなり炎症ニキビや化膿ニキビなどを作りやすくしてしまいます。

ニキビ治療においてはあまり注目されないビタミンですが、不足しないように気を付けていきたいビタミンですね。

ビタミンAを多く含む食べ物&飲み物

鶏レバー、うなぎ、ホタルイカ、いくら、たまご、しそ、にんじん、ほうれん草、カボチャ、パセリ、ニラ、しゅんぎく

ビタミンA2

ビタミンAの摂り方

ビタミンAには脂溶性のレチノールと水溶性のβカロテンがありますが、これらを1:1の割合で摂るのが理想です。
また、ビタミンAの吸収率を上げるためには油と一緒に摂るのがおすすめです。

油で炒め物にしたり、サラダのドレッシングとして使うと一緒に摂りやすいです。

レバーとニラを炒めたり、カボチャや人参のサラダ、ほうれん草のお浸しなんかがおすすめです。

このページの先頭へ