トマトジュースで炎症ニキビとニキビ跡を早く治す!効果や飲み方

トマトジュースは好き嫌いが分かれる飲み物ですが、ニキビやニキビ跡にいい栄養素が入っているため、美肌のために飲んでいる方もいるほどです。

イタリアではトマトが赤くなると医者が青くなる、と言われているほど栄養価の高い食べ物として人気です。

管理人はトマトが本当に嫌いでトマトジュースも飲めませんでしたが、ニキビやニキビ跡にいいと知って頑張って飲んでいた時期がありました。
そんなトマトジュースの効果や、トマトジュース嫌いの方でも飲みやすいメーカー、飲み方などご紹介していきたいと思います。

トマトジュース

トマトジュースのニキビ&ニキビ跡への効果

トマトジュースの一番の栄養素は、リコピンと呼ばれるポリフェノールです。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する効果があります。

活性酸素はある程度は必要ですが、増えすぎると健康的な細胞も攻撃してしまい、炎症を引き起こしてしまいます
そのため、毛穴に炎症を引き起こして炎症ニキビをつくったり、赤く炎症が起きているニキビ跡がなかなか引かなかったりします。

特に

  • ストレスが溜まっている方
  • 外食やファストフード、コンビニ食をよく食べる方
  • お菓子や菓子パンをよく食べる方
  • タバコを吸う方
  • 睡眠不足の方

は体内に活性酸素が溜まりやすくなっています。
思い当たる節があり、お肌に炎症が起きやすい方は、トマトジュースで改善される可能性があります。

活性酸素がニキビを悪化させる、深い関係
ポリフェノールでニキビを解消!ポリフェノールの多いものは?

リコピンには美白作用もあります。
メラニンの生成を抑えてくれるため、できてしまったニキビが色素沈着を起こしてシミのようなニキビ跡になるのを防ぐ効果もあります。
今あるニキビ跡にも効果がありますし、ニキビ跡だけでなくシミの改善やお肌全体の美白にも効果があります。

このリコピンは加熱してもなくならないため、生のトマトだけでなくトマトジュースにも含まれています。

また、トマトジュースには食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維を摂って腸内環境を整えることは肌荒れやニキビの予防になります。

食物繊維で便秘解消してニキビを治す!食物繊維の種類と摂り方

トマトジュースの選び方

トマトジュースの選び方ですが、栄養素を一番しっかり摂ろうと思うと自分でジューサーなどで作るのがいいです。
ビタミンCなど熱に弱い栄養素は、市販のジュースにする過程で壊れてしまいます。

でも手軽さで言ったら市販のジュースですよね。
毎日ジューサーで作るのとなると洗い物や手間もありますし、トマトをストックしておくのもけっこう面倒です。
ニキビやニキビ跡へ1番効果があるリコピンは加熱しても壊れないため、市販のジュースでもしっかりリコピンを摂取することができます。

市販のジュースの中で、コンビニやスーパーで購入できるのは

  • カゴメトマトジュース
  • デルモンテトマトジュース

の2種類がメジャーです。

カゴメ

デルモンテ

このうち、管理人が個人的に飲みやすいのはデルモンテです。
デルモンテのほうが、トマト独特の青臭さがなく、飲みやすいです
逆に生のトマトが好きな方はカゴメの方が美味しいのかな…?トマトが苦手な方はデルモンテのほうが飲みやすいと思います。

デルモンテには無塩タイプと有塩タイプがあります。

味がついていて飲みやすいのは有塩タイプですが、毎日飲むものとなると塩分はできるだけ控えたいので、無塩タイプがおすすめです。

トマト嫌いにおすすめの飲み方

管理人は生のトマトは、トマトの断面が隣にあったレタスも食べたくないくらい苦手ですが、加熱するとわりと大丈夫なほうです。
ケチャップやミネストローネは大丈夫なタイプです。

なのでトマトジュースも工夫すれば飲めるようになりましたが、加熱しても苦手な方はどうやっても飲みにくいかもしれません。

トマトジュースを飲みやすくする方法は

  • レンジてチンする
  • オリーブオイルやコショウを入れる

という方法です。
ジュースというより、温かいミネストローネを飲む!という気持ちで、レンジでチンして温めたり、オリーブオイルやコショウを入れて飲むと比較的飲みやすくなります。
また、あの濃厚さが苦手な方は少しお湯で薄めると飲みやすいです。

トマトジュースを飲む量

トマトジュースは1度にたくさん飲んだからといって一気に効果が表れるというものでもありません。
毎日少しずつこまめに飲むのがおすすめです。
150ml~200ml、コップ1杯程度飲みましょう。

このページの先頭へ