ポリフェノールでニキビを解消!ポリフェノールの多いものは?

ポリフェノールは美肌にいい、健康にいいとよく言われますが、ニキビにもいいというのをご存知でしたか。

ニキビだけでなく、ニキビ跡の改善にもとても効果があるので、ポリフェノールの効果についてご紹介していきたいと思います。

ポリフェノール

ポリフェノールって何?

そもそも、ポリフェノールってよく聞くけど何?という方もいますよね。

ポリフェノールとは、動物には存在しない植物特有の成分で、植物の樹皮・種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分のことです。
もともとは、植物自体が、光合成の過程で生じる活性酸素や紫外線の影響から自らの命を守るため、または虫や小鳥などの外的かた身を守るためにある物質です。

ポリフェノールの種類

ポリフェノールには実は400以上の種類があると言われています。
代表的なものとしては、

  • 赤ワインに含まれるアントシアニン
  • チョコレートに含まれるカカオマスポリフェノール
  • 大豆に含まれるイソフラボン
  • 緑茶に含まれるカテキン
  • コーヒーに含まれるコーヒークロロゲン酸
  • ウーロン茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノール

などがあります。

ポリフェノールの効果

ポリフェノールには活性酸素を除去する効果があります。

活性酸素はもともと人の体には必要なもので、呼吸によって体内に取り込まれた酸素の数%がこの活性酸素に変換されます。
活性酸素は体内に入ってきたインフルエンザなどのウイルスを攻撃して病気にかからないように見張っていてくれます。
しかし、活性酸素は攻撃力が強く、体内に発生しすぎると健康的な細胞も攻撃してしまい、

  • 細胞を老化させる
  • シミシワを増やす
  • お肌に炎症をおこしてニキビ肌荒れを起こす
  • ガンや白内障、認知症になる
  • 血液中の悪玉コレステロールが増える

といったことにつながってしまいます。
ポリフェノールはこの活性酸素を除去してくれるので、

  • お肌の老化を抑えてシミやシワ、ニキビや肌荒れを予防する
  • ガンや白内障、認知症を予防する
  • 血液をサラサラにして冷えや浮腫みを予防する

などの効果が期待できます。

活性酸素は呼吸以外にも

ストレス・喫煙・不規則な生活・紫外線・食品添加物

などによっても体内に発生してしまいます。
そのため、タバコをよく吸う方やストレスが溜まっている方、コンビニ食やファストフードをよく食べる方は体内に活性酸素が発生しやすくなっています。

ポリフェノールとニキビの関係

ポリフェノールを摂ることで、血液をサラサラにしたり体内の炎症を予防する効果があるため、炎症ニキビを予防してくれたり、お肌の代謝に必要な酸素や栄養を届けやすくしてくれるため、お肌の代謝がアップしてニキビができにくくなります。

  • タバコをよく吸っていて炎症ニキビがある方
  • 生活が不規則だったり、ストレスが溜まっていてニキビが治らない方
  • 外食やコンビニ食が続いてお肌の調子がよくない方
  • よく風邪を引いたり体調がすぐれない方

は、ポリフェノールの摂取で体内の活性酸素を除去することで改善されるかもしれません。

ポリフェノールの摂り方

では日常的にポリフェノールを摂取するにはどうしたらいいでしょうか。
分かりやすいのは、色の濃いものを食べたり飲んだりすることです。

  • パプリカやカボチャなどの緑黄色野菜
  • コーヒーやウーロン茶、緑茶
  • カカオの多いチョコレート
  • ワイン

なんかがおすすめです。
特に、緑黄色野菜はビタミンCやビタミンB群も多いので、ニキビ解消にとても効果があります。

コーヒーやウーロン茶、緑茶も体にはいいですが、カフェインが入っているので飲みすぎは逆にニキビを招いてしまいます。

カフェインの摂りすぎでニキビができる!カフェインとの付き合い方

ワインもアルコールがニキビの原因になるので、飲みすぎはお肌によくありません。
グラスで1杯程度にしておきましょう。

アルコールでニキビができる!上手なお酒の飲み方とは

また、大豆にも大豆イソフラボンというポリフェノールが含まれているので、お豆腐や豆乳、納豆なんかもおすすめです。
大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンのような働きをし、ホルモンバランスを整える効果もあるので、生理前のニキビや肌荒れに効果的です。

豆乳でニキビはよくなる?それとも悪化する?

このページの先頭へ