酸化した油で炎症ニキビや化膿ニキビができやすくなる理由

カリッと上がった揚げ物や、深夜に食べたくなるスナック菓子…

お肌によくなさそう…とは思いつつも何気なく食べてしまったりしますよね。

しかし、作ってから時間が経ってしまった油は、ニキビを作ってしまう原因にもなりますし、健康にもよくありません。

そこで、酸化した油が体やお肌にもたらす影響や、酸化した油が含まれる食べ物などご紹介していきたいと思います。

油

酸化した油はニキビの原因に!お肌への影響は?

酸化した油、イメージするだけでも何となく体によくなさそうですが、具体的にはどういった影響があるのでしょうか。

まず酸化した油は体にとっては有害なものとなります。
有害なものが体の中に入ってくると、体はそれを攻撃しようと活性酸素を発生させます。

活性酸素は体にとって有害なものを攻撃してくれますが、攻撃力が強いため、健康的な細胞も攻撃して傷付けてしまいます。
そうすると体が炎症を起こしやすい状態になり、お肌もちょっとしたことで炎症を起こして炎症ニキビや化膿ニキビができやすくなってしまうんです。

また、活性酸素によってダメージを受けたお肌の細胞は、保水力が弱って乾燥しやすかったり、低下したバリア機能を補おうと皮脂がドバドバ出たりして、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

活性酸素とニキビの深い関係についてはこちら

さらに、酸化した油を摂ると、男性ホルモンの分泌量が増えることが分かっています。
男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂の分泌量が増えます

特に男性の髭が生えるところ、フェイスラインや鼻の下の皮脂分泌量が増えるので、そこにニキビができやすくなります。

男性ホルモンは他に、角質層(お肌の1番上の層)を分厚くする作用もあるので、お肌が硬くゴワゴワしたり、毛穴まわりに角質が溜まって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

純粋に油を摂り過ぎることも、体の中で消化しきれず皮脂として出てきてしまうので、皮脂分泌量を増やすことにつながってしまいます。

酸化した油って何に入ってる?

では酸化した油、というのは何に入っているのでしょうか。
例えば

  • 調理して時間が経ったお惣菜、コンビニのおかずやお弁当
  • 冷凍食品やチルド食品、レトルト食品
  • ポテトチップスなどのスナック菓子
  • カップラーメン

などがあります。
どれも火を通してから時間が経っているため、油が酸化してしまっています。

酸化した油

お惣菜やコンビニのおかずなんかは、同じ油で何度も揚げていたりするので、茶色に酸化した油で揚げて、さらにその油が酸化する…という最悪な状態になっています。

管理人も昔コンビニでアルバイトをしたことがありますが、揚げ物の油は何度も使って本当に茶色くなっていて、実際に見ると食べるのをためらうほどです。

ポテトチップスやカップラーメンも、酸化した油で揚げていたり、揚げてから何日も経っているため油の状態はかなり悪いです。
しかもそこに保存料などの食品添加物もたっぷり使われているため、体にとっては負担にしかなりません。

食品添加物の摂りすぎで炎症ニキビ、大人ニキビができる理由

それでも全く食べない、というのは難しいのでたまには食べても大丈夫ですが、日常的に食べていると、お肌に赤くて痛いニキビができやすくなってしまいます。

酸化した油を摂らないためには

では酸化した油を極力摂らないためにはどうしたらいいでしょうか。

1番いいのは、揚げ物などはきちんと油を取り換えている天ぷら屋さんや串揚げ屋さんで食べたり、自宅で調理することです。

炒め物は普通の油をつかっているところも多いですが、揚げ物となると使う油の量が多いので、チェーンの居酒屋さんやファミレスでは極力食べず、そういったところでは揚げ物ではなく炒め物、生もの(サラダやお刺身、冷奴など)、茹でたもの(枝豆やお浸しなど)を選ぶようにしたいですね。

酸化した油を摂ってしまった時は

そうは言っても、お付き合いで外食したり、忙しくて自分でご飯を作る余裕がない時もたくさんありますよね。
食べない方がいいとは分かっていても、揚げ物が食べたくなる時もあります。

そんな時は、酸化した油を摂ることで体内に発生する活性酸素をやっつけてくれる、抗酸化力のあるビタミンCやビタミンEを摂るのがおすすめです。

ビタミンCやビタミンEには体内で作られ過ぎた活性酸素を除去して、体が酸化するのを防ぐ効果があります。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方
ビタミンEでニキビを治す!活性酸素を除去して炎症ニキビに効く

ビタミンCが豊富な食べ物&飲み物

いちご、レモン、キウイフルーツ、パプリカ、パセリ、ゴーヤ、ブロッコリー、ローズヒップティー、柿の葉茶

ビタミンC4

ビタミンEを多く含む食品

あん肝、いくら、鮎、明太子、オリーブオイル、うなぎ、カボチャ、パプリカ、しそ、アーモンド、ヘーゼルナッツ

ビタミンE2
ビタミンCは熱に弱く、加熱すると壊れてしまうため、生の野菜や果物から摂るのが理想ですが、手軽に摂るならサプリメントがおすすめです。

揚げ物についているレモンを絞ったり、お酒を一緒に飲むときはレモンサワーやグレープフルーツサワーにすると、ビタミンCを補うことができます。

ビタミンEを補うにはサプリメントもいいですし、おやつにアーモンドなどのナッツ類を食べるのが手軽でおすすめです。
ナッツには良質な油が含まれていて、酸化した油など体に悪い油を溶かして体外に排出してくれる効果もあります。

外食やコンビニ食が続くときは、おやつをナッツにしてみましょう。

このページの先頭へ