遅発型フードアレルギーでニキビや肌荒れが深刻化!

遅発型フードアレルギー、というアレルギーをご存知ですか。

フードアレルギーというと、食べたらすぐ蕁麻疹が出たり発作が起きるイメージですが、遅発型のフードアレルギーは、アレルゲンとなる物質を摂ってから数時間~数日後に、便秘や肌荒れなどの症状が出てしまうアレルギーです。

症状が出るまで時間がかかり、症状も他のものが原因になっていそうなものばかりなので、あまりニキビの原因として考えられることはありませんが、実は深い関係があるんです。

私たちの体は食べたもので作られていますしね。

そんな遅発型フードアレルギーの症状や、どんな食べ物がなるのか、ニキビとの関係などについてご紹介していきたいと思います。

フードアレルギー

遅発型フードアレルギーって何?

フードアレルギーには即時型遅発型の2種類があり、よくアレルギーとして知られているのは即時型のフードアレルギーです。

アレルゲンとなる物質を食べてから数分程度で、蕁麻疹や発作、ひどいと呼吸困難などの症状が出るアレルギーで、すぐに症状がでることからアレルゲンを特定しやすいというメリットもあります。

対して遅発型のフードアレルギーは、アレルゲンとなる物質を食べてから数時間~数日後に症状が発生し、症状も便秘や眠気、ダルさ、肌荒れなどの分かりにくい症状なため、歳や疲れのせいかなと気がつかず過ごしてしまう方がほとんどです。

遅発型フードアレルギーの症状

遅発型フードアレルギーは、アレルゲンとなる物質が体内に入ることで、IgG抗体という抗体ができます。

この抗体は主に血液中にできるため、全身を巡って様々な箇所でアレルギー症状を出します。

  • 浮腫み
  • 便秘
  • 下痢
  • 過敏性腸症候群
  • 体重増加
  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • 眠気
  • ダルさ
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 関節痛
  • 過食
  • 情緒不安
  • イライラ
  • 集中力不足

このような症状が出ます。

どれも遅発型フードアレルギーでなくても出やすい症状で、疲れ気味だったり加齢のせいでも出るので、見過ごしてしまいがちです。

遅発型フードアレルギーとニキビの関係

遅発型フードアレルギーの症状の1つに、肌荒れやニキビがあります。

アレルゲンとなる物質を取り込んでしまうと、体のいたるところで炎症が起きてしまい、お肌や毛穴でも炎症が起きるため、炎症を伴うニキビができやすくなります。

また、遅発型フードアレルギーの症状には便秘がありますが、便秘になると老廃物や有害物質が腸の中に溜まり、それが全身を巡ってお肌の代謝を落とし、ニキビをできやすくしてしまいます。

イライラや情緒不安定もホルモンバランスを崩してしまいニキビの原因になります。

遅発型フードアレルギーになる食べ物

ではどういった食べ物が遅発型フードアレルギーになりやすいのでしょうか。

日本人の場合、乳製品、小麦粉、卵はかなりの確率で該当します。

管理人は乳製品と小麦粉がアウトなので、ヨーグルトやカフェラテ、ケーキ、パン、パスタなどを食べる回数が増えるとすぐにニキビができます。

あとはもともと日本にない食べ物、例えばバナナなどの南国のフルーツなんかは該当しやすいんです。

アレルゲンとして上位にくる食べ物

  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、生クリーム)
  • 小麦粉
  • さとうきび
  • アスパラガス
  • かに
  • エビ
  • にんにく
  • バナナ
  • パイナップル

また、日常的によく食べるものは遅発型フードアレルギーを発症しやすくなります。

毎朝バナナとヨーグルトを食べる、ダイエットのためにコンニャクばかり食べる、毎日同じお菓子を食べている、など、毎日食べているものや偏って食べているものは発症しやすくなります。

遅発型フードアレルギーの検査方法

遅発型フードアレルギーの検査は、今のところ日本ではやっておらず、アメリカに血液を送って検査してもらいます。
もちろん日本の病院で検査の受付をしているところがあるので、検索してみましょう。

お値段は、保険がきかないので1万円前後のところが多いです。

もしくは自分で調べる方法もありますが、これはアレルゲンと思われるものを2週間以上摂取するのをやめて様子を見る、というのを繰り返していく必要があります。
手間がかかりますが、だいたい乳製品、卵、小麦粉の3つがメインになってくるので、この3つを順番に抜いていきます。

お肌の調子がよくなったり、便秘や浮腫み、ダルさなどが軽減されたらその食べ物がアレルゲンであると特定できます。

遅発型フードアレルギーの食べ物は一生食べれない?

気になるのが、遅発型フードアレルギーと分かった食べ物は一生食べれないのかという所ではないでしょうか。

理想としては、まず半年は一切口にしてしないようにします。

その後も、食べないのが理想ですが、たまになら食べても大丈夫です。
特にニキビや肌荒れを気にしている場合、1回食べたくらいではほとんど影響ありません。

もちろん体質もありますし、食べる量にもよりますが、それは食べるうちに大丈夫な量がなんとなくわかってきます。

ケーキ1つなら大丈夫、牛乳1杯なら大丈夫、1週間にこのくらいなら大丈夫、という感覚が分かってくるので、決して一生食べれないわけではありません。

ニキビのためとはいえ、好物を一生食べれないのはかなりツライですしね。

ただ、この食べ物を食べるとニキビができやすい、というのが分かっていると食生活に気を配りやすくなるので、気になる方は一度検査をしたり、卵や小麦粉、乳製品を抜いてみるのがおすすめです。

このページの先頭へ