コラーゲンドリンクでニキビが増える?コラーゲンの種類と肌質に注意

ニキビ改善や美肌のためにコラーゲンドリンクを飲んでいる方は多いですよね。

しかし、コラーゲンドリンクを飲み始めてからニキビができた、ニキビが増えたという声も上がっています。

せっかく美肌のために飲んでいるのにニキビができるなんて悲しいですよね。

では、どうしてコラーゲンドリンクでニキビができてしまうのでしょうか。

コラーゲンドリンクの特徴やお肌への効果、ニキビとの関係についてご紹介していきたいと思います。

コラーゲンドリンク

コラーゲンドリンクのお肌への効果

コラーゲン、と効くとお肌をプルプルにする、というイメージがありますよね。
コラーゲンはお肌にハリを与えるだけでなく、水分量もアップしてお肌に潤いを与える効果があります。

お肌は大きく分けて、表皮真皮皮下組織の3種類でできていますが、そのうち95%が1番奥にある皮下組織です。
コラーゲンはこの皮下組織のうち70%も占めていて、このコラーゲンの代謝がうまく行われることで、お肌の代謝が良くもよくなりますし、新しいコラーゲンで満たされることで、水分量やお肌のハリがキープされるんですね。

逆にコラーゲンが減ることで、お肌は代謝が落ちたりハリがなくなったり、乾燥したりします。

お肌の代謝が落ちると、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビができやすくなったり、クスミの原因になります
乾燥もニキビには良くなく、乾燥することでお肌が焦って皮脂をたくさん出してしまったり、反対に毛穴が痩せ細ってちょっとしたことで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。

そのため、コラーゲンドリンクを飲むことはお肌にツヤやハリを与えたり、ニキビにいいんですね。

コラーゲンドリンクでニキビが増えるのはなぜ?

ではなぜコラーゲンドリンクでニキビが増えてしまう人がいるのでしょうか。
原因は2つあります。

  • 思春期の人が飲む
  • もともと脂性肌の人が飲む

思春期の人が飲む

思春期は、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなりがちです。

思春期を過ぎると自然と落ち着きますが、この時期はどうしても皮脂の分泌量が増えやすいので、コラーゲンドリンクは逆効果になりやすいです。

というのも、コラーゲンドリンクには、皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があります。
そのため、皮脂が増えてニキビができやすくなるんですね。また、思春期というのはコラーゲンが不足することはほとんどないので、コラーゲンをドリンクなどで摂取する必要はありません。

もともと脂性肌の人が飲む

先ほど述べた通り、コラーゲンには皮脂の分泌量を増やす作用があります。
そのため、脂性肌の人が飲むとさらに皮脂を増やしてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

ただ、生まれつき脂性肌というわけではなく、乾燥による皮脂過剰の場合はコラーゲンによって乾燥が落ち着き、皮脂の分泌量も落ち着くのでニキビを改善する効果があります。

コラーゲンドリンクでニキビがよくなる人

逆にコラーゲンドリンクでニキビがよくなる人は

  • 大人ニキビ
  • 乾燥肌によるニキビ

がある人です。

大人ニキビはストレスや睡眠不足、食生活などによってお肌が乾燥したりターンオーバーが乱れることでできやすくなります。
そのため、コラーゲンをしっかり摂ることで、お肌の代謝を活発にし、ニキビのできにくいお肌作りをサポートすることができます。

また、乾燥肌で皮脂の分泌量が少ない方も、皮脂の分泌量が適度になりニキビを予防する効果があります。

それでもコラーゲンドリンクを飲みたい方は

コラーゲンドリンクを飲むとニキビが増えてしまう、それでもお肌のハリのためにコラーゲンドリンクを飲みたい!そんな方は、コラーゲンの種類を1度見直すといいかもしれません。
コラーゲンドリンクやサプリメントなどに使われているコラーゲンは、動物性のものと、海洋性のものがあります。

動物性のものは、豚などかれ取れるコラーゲンで、海洋性のものは海藻などから取れるコラーゲンです。

このうち、動物性のもののほうが、皮脂を増やす作用が強いと言われています。
そのため、もし動物性コラーゲンを摂ってニキビが増えた場合、海洋性コラーゲンに変えてみると落ち着くかもしれません。

ビタミンB2も効果的

ビタミンB2は脂質の代謝を促す作用があるので、ビタミンB2を積極的に摂ることで皮脂の分泌量を抑えることができます。
思春期のニキビにも効果的ですし、ビタミンB2はお肌のターンオーバーにも深く関わっているビタミンなので、ターンオーバーを促してニキビをできにくくする作用もあります。

コラーゲンドリンクを飲むタイミング

コラーゲンドリンクを飲むタイミングは、夜が効果的です。
というのも、お肌のターンオーバーを促したり傷ついた細胞を修復するための成長ホルモンは、夜寝ている間に盛んに分泌されます。

その時に血液中にコラーゲン(正確にはアミノ酸にまで分解されていますが)があることで、スムーズにお肌に届けることができます。

寝る直前、とまでいかなくても、夕食時や寝る1〜2時間前に飲むようにしましょう。

ドリンクのカロリーに注意!

コラーゲンドリンクは、飲みやすいように甘味料が使われています。
この甘味料はたくさん摂りすぎるとカロリーオーバーになってしまいますし、夜はエネルギーをあまり使わないので、余った分が中性脂肪に変換されて、体脂肪として体についたり、皮脂として毛穴から出てきてしまいます。

そのため、ドリンクタイプのものでコラーゲンを摂るのであれば、飲みすぎには注意です。

おすすめは、粉末タイプのものを選び、ハーブティーなどに混ぜて飲む方法です。
粉末タイプであればお砂糖の入っていないものに溶かして飲めますし、旅行にも持って行きやすく、飲む量も調整しやすいので手軽に飲むことができます。
ゴミも少なくて済みますしね。

コラーゲンでニキビを治したい!という方は、まずはコラーゲンの種類を確認し、海洋性コラーゲンのもの、皮脂が出やすい方はビタミンB2を一緒に摂り、お砂糖の入っていないコラーゲンドリンクか、粉末タイプのものを自分で溶かして飲むようにしましょう。

このページの先頭へ