普通肌なのにニキビができる?原因と治し方

普通肌はお肌の水分量も油分量もしっかりバランスがとれている状態で、まさに理想のお肌です。

そのため、肌荒れが起きにくく、ニキビも基本的にはあまり出来ませんが、そんな普通肌の方でもニキビができることがあります。

そこで、普通肌ニキビができる原因や治し方についてご紹介していきたいと思います。

普通肌

普通肌ってどんな状態??

普通肌とは、お肌の水分バランスも油分バランスもいい状態で、お肌のバリア機能も正常に働いているためまさに理想のお肌の状態です。
乾燥もしていないのでお肌のターンオーバーもスムーズで、毛穴の皮脂もスムーズに排出されて毛穴詰まりも起こしにくく、シミなんかもできにくいんです。

日本は四季があり、乾燥する時期、湿気が多い時期、汗をかきやすい時期などあり、その影響で乾燥したり皮脂が出やすくなったりするので、混合肌に悩まされる人が多いと言われています。

その中でも普通肌を保てめるのはかなりお肌の状態がいいんですね。

普通肌でニキビができる理由

ではそんな肌状態のいい普通肌の方にニキビができるのはなぜでしょうか。

普通肌は乾燥も皮脂過剰もなく肌トラブルが起きにくいので、ニキビが大量発生したり、全然治らないというこはほとんどありません。
しかしそんな普通肌の方でもニキビができる時があります。

原因1.季節的なもの

普通肌の方でも、季節によってお肌が乾燥しやすかったり、皮脂が出やすかったりします。

特に夏は通常時の2倍皮脂が出やすいと言われているので、普通肌の方でもニキビができやすくなります。

原因2.紫外線

紫外線を浴びるとお肌が乾燥したり、防御本能からお肌を硬くしたりします。
お肌が硬くなると、その分毛穴周りの皮膚の柔軟性が減り、毛穴が詰まりやすくなってニキビができてしまいます。

また、お肌が乾燥するとかえって皮脂分泌量が増える肌質の方もいますし、夏は汗と一緒に皮脂が出やすくなっているので、紫外線の多い夏の時期はニキビができやすくなります

原因3.ストレス

ストレスが溜まると交感神経が優位になりやすく、皮脂分泌量が増えてしまいます。

また、交感神経が優位な状態が続くと、体が緊張しやすく睡眠の質が下がってしまいます。
お肌のターンオーバーや修復は睡眠に入って3〜4時間の、睡眠が最も深い時間に行われますが、睡眠が深いほど活発に行われます。

そのため、ストレスで睡眠が浅くなってしまうと、お肌のターンオーバーが乱れて、古くなった角質が毛穴をふさいでニキビができやすくなってしまいます

ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させますが、活性酸素は体内やお肌に炎症を起こしてしまうので、炎症を伴うニキビができやすくなってしまいます。

ストレスが原因で大人ニキビができる理由と対処法

原因4.洗顔やスキンケアを変えた

それまで普通肌でお肌の調子がよかった方が、洗顔やスキンケアを変えることで肌状態が悪化してニキビができることがあります。
とくに洗顔はお肌の潤いを左右する大切なことなので、安易に洗顔料を変えてしまうのは少し危険です。

ニキビができていなくてお肌の状態がよくても、シミやシワ、タルミなどを改善するために化粧品を変える事もあると思いますが、化粧品を変えてからニキビができやすくなってしまったのであれば、化粧品が原因になります。

普通肌ニキビの治し方

では普通肌の方がニキビを治すにはどうしたらいいでしょうか。
普通肌の方は、基本的には理想の肌状態なので、焦って何かをしたりする必要はなく、いつも通りの洗顔&スキンケアを続けることが大切です

急に洗顔や化粧品を変えてしまうと、かえって肌状態が脂性肌になったり乾燥肌になってニキビが悪化してしまうので、あくまでいつも通りのスキンケアを心がけましょう。

ただ、季節的なものや、一時的に強いストレスがかかっている時は、いつも通りのスキンケアだけでは防げないこともあるので以下を参考にしてみてください。

夏場&冬場は保湿を丁寧に

夏場は汗と一緒に皮脂も出るためお肌がベタつきやすい時期でもありますが、紫外線による乾燥や、クーラーの効き過ぎによる乾燥でお肌の中は乾燥していることも多いです

乾燥すると皮脂過剰を招きやすくなりますし、乾燥状態が続くと、今度は乾燥ニキビも招いてしまいます。

とくに化粧品を変える必要はありませんが、いつもより化粧水の量をたっぷり使い、丁寧に保湿してみましょう。

ストレスにはビタミンCで対抗

ビタミンC4

ストレスを溜めないようにする、ストレスを発散しないといけない、そう思うと余計にストレスになってしまいますよね。

でもニキビはなんとかしたい…そんな時は活性酸素を除去する効果のあるビタミンCがおすすめです。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方

ビタミンCを多く摂取すれば、お肌に炎症を起こす活性酸素を除去してくれるので、ニキビができるのをある程度防いでくれます。

自律神経の乱れや睡眠の質の低下は、ストレスをうまく発散したり、副交換神経が優位になるようにリラックスできる時間を作る事が必要になってくるので、すぐにはできないかもしれませんが、ビタミンCを摂るのは簡単です。

ビタミンCは構造上、天然のものでも合成のものでも効果はあまり変わらないと言われています。
サプリメントなどで補う場合、天然のものでもそこまで高くないですし、予算に都合がある場合は合成のものでもいいのでたくさん飲むようにしましょう。

もちろんできるのであれば、副交換神経を優位にして自律神経のバランスを整えていけるのが1番いいので、適度な運動をしたり、趣味に没頭する時間を作ったりしてストレスをうまく発散していきましょう。

このページの先頭へ