オナニーでメンズニキビができるって本当?作らせないためには?

オナニーをするとニキビが増える、とよく聞きませんか。
ただ調べてみると、オナニーをしてもニキビはできない、という意見も多く、ニキビに悩んでいる方にとってはどっちなのかはっきりしたい!という感じですよね。

そこで、オナニーとニキビの関係や、オナニーしてもニキビを作らせない対策方法についてご紹介していきたいと思います。

オナニー

オナニーでニキビができるのは本当?理由は?

オナニーでニキビができると言われている理由は何でしょうか。

男性ホルモンの分泌量が増える

男性ホルモン

男性は、オナニーをしなくとも、エッチなことを考えたり想像したり、ムラムラするだけでも男性ホルモンの分泌量が増えます
この男性ホルモンには、皮脂の分泌量を増やしたり、皮膚を分厚く硬くする作用があります。
皮膚が分厚く硬くなることで、毛穴周りの皮膚の柔軟性が減って、毛穴詰まりを起こしやすくなり、ニキビができやすくなってしまうんです。
しかも皮脂の分泌量も増えるため、どうしてもニキビができやすくなるんですね。

また、ムラムラするだけでなく、精子を作る時にも男性ホルモンがとても深く関係しています。

これが原因で、オナニーをするとニキビができる、とよく言われています。

口コミなどを見ても、オナニーをした次の日は皮脂が多くでてお肌がベタベタする、ニキビができるという口コミも多くあります。

睡眠時間が減る&睡眠の質が下がる

生理前

オナニーをする時間帯というのは様々ですが、夜にする方も多いですよね。
また、オナニーをする時にはPCやスマホでエッチな動画を見たりしますよね。
夜寝る前にPCやスマホを見ると、強いライトが脳を刺激してしまい、睡眠の質が下がってしまいます。
つい気分が盛り上がってしまうと、睡眠時間を削ってでもしてしまいますが、この睡眠時間が減ったり睡眠の質が下がることで、ニキビができる原因になってしまいます。

お肌のターンオーバーというのは寝ている時に行われますが、睡眠に入って3~4時間の睡眠が最も深い時に行われます
しかも睡眠が深いほどしっかり行われるので、睡眠の質が下がったり睡眠時間が減ってしまうと、お肌のターンオーバーが遅れてしまい、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビを作ってしまいます

睡眠不足になると自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスも崩れて男性ホルモンの分泌量を増やすことにもつながってしまい、それもニキビの原因になってしまいます。

亜鉛などのミネラルが不足する

オナニーをして射精することで、精子を何度も作らなければならず、精子を作るために亜鉛などのミネラルが消費されます。
具体的には、亜鉛、アルギニン、鉄分、セレン、ビタミンEなどが消費されますが、鉄分やビタミンEは美肌に欠かせない栄養で、不足することでニキビができるリスクが上がってしまいます。

亜鉛不足でニキビができる!過剰摂取でもニキビができる理由
鉄分不足でフェイスライン&顎ニキビができる原因と対処法
ビタミンEでニキビを治す!活性酸素を除去して炎症ニキビに効く

オナニーでニキビはできない?その理由は

上記のような理由から、オナニーをすることでニキビができると言われていますが、オナニーをしていてもニキビができていない人もたくさんいますよね。
また、オナニーでニキビができるのであれば、オナニーだけでなく性行為もしちゃいけないことになるのかな…?となりますが、本当のところはどうなのでしょうか。

まず男性ホルモンの分泌量が増える、ということですが、これは確かにあります

ただ面白い研究結果もあり、オナニーや射精による男性ホルモンの分泌量増加と比べて、筋トレをした時の方が多く男性ホルモンが分泌されるそうです
また、それ以上に、高いところに上ったり危険なことをする時はその100倍近い男性ホルモンが分泌されるそうです。

そのため、オナニーをすることで男性ホルモンが分泌され、それが直接ニキビにつながるかというと、ちょっとそれだけではニキビはできないんじゃないかな、という感じがします。
もちろん体質もありますが、オナニーでニキビができた、という方はもともとホルモンバランスが崩れやすかったり、ストレスなどで男性ホルモンの分泌がもともと多かった可能性が高いです。

男性ホルモンは

  • ストレスが溜まっている
  • 体が冷えている
  • 睡眠不足

の時に分泌量が増えてしまいます。

特に男性は女性と比べて冷えに鈍感で、冷たいものを飲んだり食べたりして、手足は冷えていなくても内臓が冷えている可能性があります。
冷えると自律神経のバランスが崩れて男性ホルモンの分泌量が増えるので、冷えたビールやお酒をよく飲む方、冷たい飲み物をよく飲む方、温かいものをあまり食べたり飲んだりしない方は内臓の冷えが原因で男性ホルモンの分泌量が増えているかもしれません。

オナ禁は必要ない?

ではニキビを作らせないためには、オナ禁する必要はないのでしょうか。

オナニーすることで確かに男性ホルモンの分泌量は増えてしまいますが、それ以上にストレスや睡眠不足、冷えなどのほうが男性ホルモンに大きく影響してしまいます。

そのため、無理してオナ禁しなくても、ニキビを作らせないことは可能です
実際オナ禁することでストレスが溜まってしまうと、そのほうがニキビによくありません。
しかも一生しないわけにはいきませんし、オナニーだけでなく性行為もしないわけにはいきませんよね。

でもやっぱりオナニーをするとニキビができる…
そんな方はオナニー以外できちんとホルモンバランスを整えておくのがおすすめです。

男性ホルモンの分泌量を抑えるには、

  • ストレスを溜めない
  • 睡眠不足を解消する
  • 体を温める
  • 大豆イソフラボンを摂る

のがおすすめです。

ストレスを溜めない、というのは難しいですが、睡眠不足をできるだけ解消する、体を温める、大豆イソフラボンを摂るというのはけっこう実践できますよね。
大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをしますが、女性ホルモンの作用で男性ホルモンの症状を抑えることができます。
女性ホルモンにはお肌をきめ細かくしたり、お肌の水分量を増やしたり、体毛を薄くする作用もあるので、ニキビだけでなく美肌にも効果があります。

オナニーでニキビができてしまう、という方は試してみてください

このページの先頭へ