男性ニキビにもイソフラボンは効く?摂る量は?

ニキビや肌荒れにイソフラボンが効く、というのを聞いたことはありませんか。

女性はイソフラボンを積極的に摂っている方も多いですが、男性のニキビや肌荒れにも効くのでしょうか。

イソフラボンと男性ニキビの関係についてご紹介していきたいと思います。

Soy products isolated on white

イソフラボンが男性ニキビに効く理由

男性ニキビができる原因の1つに、男性ホルモンの分泌量が多いという事が挙げられます。

男性ホルモンは男性でも女性でも分泌されていますが、男性ホルモンには皮膚を厚くしたり硬くしたり、皮脂の分泌量を多くする作用があります。
とくに男性の髭が生えているフェイスラインや鼻の下の皮脂分泌量が多くなりやすいと言われているため、そのあたりに繰り返しニキビができる方は男性ホルモンの分泌量が多くなっているかもしれません。

イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンと似たような働きをしてくれますが、女性ホルモンの作用が強まることで相対的に男性ホルモンの作用が落ち着くため、男性ホルモンによるニキビができにくくなる、という効果があるんです。

男性もイソフラボンを摂ってもいい?

では男性もイソフラボンを摂ってもいいのでしょうか。

過剰に摂取しなければ、男性でも安心して摂ることができます

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、お豆腐やおから、豆乳、納豆、厚揚げなんかを食生活に取り入れることで、イソフラボンを摂取することができます。
女性ホルモンの作用が強まることで、脚や腕の毛が薄くなったり髪の毛が抜けにくくなったりお肌がきめ細かくなるというメリットもあります。

ただ、イソフラボンは摂りすぎには要注意で、男性が摂りすぎると生殖機能が低下したり、性欲減退したり、筋肉がつきにくくなってしまいます。
筋トレをして筋肉をつけようとしている方は摂りすぎ注意ですね。

目安としては、豆腐なら半丁、豆乳なら200mlのパック1本、納得なら1パックで充分なイソフラボンを摂取することができます。
ニキビを治したいからといって、毎食豆腐を使ったり、豆乳をガブガブ飲むのはやめておきましょう。
サプリメントなどで補う必要も特になく、今までの食生活に少し大豆製品をプラスするだけで効果があります。

タンパク質摂取にもおすすめ

大豆製品には植物性のタンパク質も豊富に含まれています。
タンパク質は筋肉の材料になるだけでなく、お肌の細胞の材料やコラーゲンの材料にもなります
そのため、しっかり補うことで、健康的なお肌になり、コラーゲンが増えて水分をしっかり蓄えつつハリのあるお肌に導いてくれます。

男性ホルモンの分泌量が増える時

では、そもそも男性ホルモンが増えるのはどんな時でしょうか。

男性ホルモンの分泌量が増えるのは

  • ストレスが溜まっている時
  • 体が冷えている時
  • 夜更かしなど不規則な生活をしている時

です。

夜更かしなどはある程度改善できる方と、夜勤勤務などで改善するのが難しい方もいらっしゃいますよね。
もし改善できるのであれば、できるだけ早く寝るようにしましょう。
睡眠をしっかりとることは、お肌のターンオーバーを正常にしてニキビを出来にくくする効果もあります。

睡眠不足でニキビができる原因と、睡眠の質の上げ方

ストレスも、気にすまいと思うほど気になってしまい、うまく発散したり溜めないようにするというのも難しいです。
特に男性の場合、女性と違っておしゃべりして発散!という方法もとりづらく、抱え込んでしまう方も多いです。
スポーツが好きな方はスポーツをしたり、休みの日に趣味の時間を作ったりして、ストレスを抱え込みすぎないようにしたいですね。

体が冷えている、というのは改善しやすく、ゆっくり湯船に浸かったり温かいものを飲んだり、体を動かしたりすることで解消されます。
血行をよくするココアやシナモン、生姜なんかを取り入れるのもいいですね。
豆乳を飲む時にココアにしたり、チャイっぽくシナモンを入れるのもおすすめです。

男性は女性よりも筋肉量が多く代謝もいいので、意外と冷えに気がついてない方も多いです。
管理人の彼も、冷え性ではないけどお腹を触るといつも冷たいです。
冷たいビールやお酒が好きだったり、飲み物はいつも冷えているものを飲んでいる方は、意外と体は冷えているかもしれません。

このページの先頭へ