髭剃りで男性ニキビができる?ニキビを作らせないためには?

女性にはない男性特有の悩み、その1つが髭剃りではないでしょうか。

ニキビがある時は髭剃りが痛い、ニキビによくないと思いつつ、でも剃らないといけない…
そんなジレンマを抱えつつ髭剃りしている方も多いですよね。

そこで、髭剃りでニキビができてしまう原因や、できるだけニキビを作らせない方法などご紹介していきたいと思います。

髭剃り

髭剃りでニキビができる!?その理由とは

髭剃り、というと純粋に髭だけを剃っている、と思われがちですが、どうしてもお肌の角質層も一緒に剃ってしまうことになります。
角質層は名前からすると「角質なら別にいらないもの」というイメージがつきやすいですが、お肌の1番表面にあり、お肌の水分が蒸発しないように守ってくれたり、細菌からお肌の中を守ってくれたりする、欠かせない存在です。

その角質層が少なからず髭剃りで傷ついたり剥がれてしまうため、お肌はバリア機能が弱まって炎症を起こしやすくなったり、乾燥してしまいます。
お肌の水分が蒸発して乾燥すると、皮脂腺が比較的活発な男性は、皮脂でお肌を潤そうと皮脂が多くでてしまい、それが毛穴を詰まらせてしまいます。

ニキビの原因となるアクネ菌は毛穴に詰まった皮脂が大好物なので、わらわらと集まってきて、アクネ菌が繁殖することで炎症を伴うニキビへと発展してしまいます。
しかもバリア機能が低下しているため、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が繁殖しやすい状態で、炎症ニキビから化膿ニキビへと悪化しやすいんです。

一度化膿ニキビまで悪化してしまうと、髭剃りでまたニキビを傷つけてしまいなかなか治らないという悪循環になってしまいます。

とくに男性は女性と比べて男性ホルモンの分泌量が多いですが、この男性ホルモンはフェイスラインや鼻の下など、男性の髭が生えている箇所の皮脂分泌量を増やしやすいと言われています。

そのため、ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌量が増えると、フェイスラインや顎、鼻の下などの髭剃りをしないといけない箇所にニキビができやすくなってしまうんです。

よく女性のスネで「カミソリ負け」というのを起こしてお肌が赤くなったりブツブツしたりしてしまいますが、それと同じように髭剃りでも毛穴や皮膚が傷ついてしまうんですね。

髭剃りでニキビを作らせない!上手な髭剃り方法

では髭剃りでニキビを作らせないためにはどうしたらいいでしょうか。

カミソリより電気シェーバーを

髭剃り

髭剃りはカミソリを使う方と電気シェーバーを使う方がいますが、カミソリのほうが直接お肌に刃が触れるので、お肌のダメージが大きくなってしまいます。
お値段的はカミソリのほうが選びやすいですが、ニキビができる時は電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーは清潔に

電気シェーバー

カミソリは洗浄しやすいですが、電気シェーバーはめったに洗剤しない、という方も多いのではないでしょうか。
しかし何日も洗剤しないままでいると、トイレの便器よりも雑菌が繁殖してしまうのだとか…
その雑菌だらけの電気シェーバーを毎日お肌に触れさせていると、毛穴から雑菌が入り込みニキビの原因になってしまいます。

電気シェーバーの中にも分解して中まで洗えるタイプと、洗えないタイプがありますが、お肌の事を考えると洗えるものに買い換えるのもいいかもしれません。
カミソリの方も、何日かに1回はアルコール消毒や泡立てた石鹸でサッと洗って清潔にしておきましょう。

刃を買い換える

刃

カミソリや電気シェーバーは、使い続けていると刃の切れ味が悪くなってしまいます。
その状態で髭剃りをすると、必要以上に刃をお肌に強く押し当ててしまうため、刃は定期的に交換することをおすすめします。
カミソリなら2週間に1度、電気シェーバーなら外刃は1年に1度、内刃は2年に1度を目安に交換しましょう。

シェービングクリームを使う

シェービングクリーム

カミソリを使う方は特に、シェービングクリームなどを使って毛を柔らかくしたり、お肌とカミソリの刃が直接触れないようにすることで、お肌への負担を減らすことができます。
電気シェーバーでもシェービングクリームを使えるものがあるので、お肌が弱い方はシェービングクリーム+電気シェーバーにすることでよりニキビができにくくなります。

化粧水などで保湿する

メンズスキンケア

髭を剃った後のお肌は、角質層が傷付けられてお肌の保水力が低下してしまいます。
このままにしておくとお肌は焦って皮脂を出してしまいますし、バリア機能も低く炎症が起きやすくなってしまいます。
あまりベタベタするものを使うのもよくないので、メンズ用のスキンケア用品などがおすすめです。

毛嚢炎の可能性も

毛嚢炎

色々手を尽くしているのにニキビが治らない…そんな時はもしかしたらニキビではなく毛嚢炎かもしれません。
毛嚢炎は、毛穴が傷つくことでそこにブドウ球菌が繁殖し、炎症を引き起こしている状態です。

毛包炎と呼ばれることもあり、カミソリで毛の処理をするとできやすいです。
ニキビと違ってニキビの芯や膿などは出てきませんが、悪化すると炎症がひどくなり、治りが悪くなります。
基本的には触らず清潔にしておけば治りますが、テラコートリル軟膏などを塗ることで早く治ります。

ニキビが繰り返しできる場合は脱毛もおすすめ

メンズ脱毛

丁寧にケアしていてもニキビが繰り返しできる場合は、脱毛もおすすめです。
髭が濃い方は髭剃りの手間も省けますし、肌荒れの予防になります。
メンズ用の脱毛サロンもあるので、女性のお客さんと鉢合わせせず脱毛することもできます。
金額は大体6万円~10万円と少し高いですが、毎日の髭剃りから解放されると思うと価値はあるかなっていうお値段ですよね。

髭剃りでどうしてもニキビが出来てしまう方は1度脱毛も検討されてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ