繰り返す白ニキビができる原因と正しい治し方

プツプツできる白ニキビ。

白ニキビは1つだけでできることは少なく、何個か1度にできる事が多く、凹凸があるのでメイクでも隠しにくくちょっぴり厄介なニキビです。

炎症は起きていない状態なので、悪化しなければニキビ跡にもなりませんが、繰り返しできやすいのできちんと治していきたいですよね。

そこで、白ニキビができる原因をご紹介していきたいと思います。

白ニキビができる原因

白ニキビができる原因は、毛穴の詰まりです。
白ニキビはニキビの段階で言うと1番最初の段階で、普通であれば外に出るべき皮脂や汚れが毛穴に詰まっている状態です。

よく間違われるのが写真のようなニキビで、こちらは炎症が起きてしまっているので白ニキビではありません。

黄ニキビ2

原因は毛穴の詰まり、これ1つですが、ではどうして毛穴が詰まってしまうのでしょうか。
毛穴が詰まり白ニキビができるのには、いくつはパターンがあります。

パターン1.洗顔やメイク、スキンケアを変えた

1番分かりやすいのは、洗顔やスキンケアを変えた時です。
メイクであればカバー力は高いけど毛穴に詰まりやすく、クレンジングで落としにくいものを使うと、白ニキビができやすくなります。
パウダーファンデよりリキッドファンデ、リキッドファンデよりクリームファンデの順で油分が多く毛穴に詰まりやすくなっているので、ファンデーションやコンシーラーを変えると急に白ニキビができることがあります。
洗顔やスキンケアで言うと、乾燥が白ニキビの原因になりやすいです。

お肌は乾燥すると、焦って皮脂をたくさん出そうとします。
しかも乾燥しているとお肌はゴワゴワ硬くなります。

毛穴周りの皮膚が硬くなることでさらに皮脂が詰まりやすくなるので、洗浄力の強い洗顔やクレンジングに変えたり、保湿力の低いスキンケア用品に変えると白ニキビができやすくなります。

また、お肌に浸透しにくいけど油分が多いスキンケア用品も白ニキビを作ってしまう原因になります。

パターン2.生活リズムが変わった

新学期や転職、引っ越しなどがあり生活リズムに変化があると、白ニキビができることがあります。
自分では楽しみにしていた新学期、新しい職場などでも、体にとってはどうしてもストレスになってしまいます。

ストレスが溜まると体はストレスと闘おうと交感神経を優位にしますが、交感神経は皮脂の分泌を促す作用もあるので、過剰に優位な状態が続くと皮脂がたくさん出て毛穴を詰まらせてしまいます。

また、交感神経が優位な状態が続くと睡眠が浅くなってしまいます。
お肌のターンオーバーは、眠りに貼ってから3~4時間の最も眠りが深い時に盛んに行われますが、睡眠が浅いとターンオーバーが上手く行われず、古くなった角質が毛穴を塞いでしまい、毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。

パターン3.食生活が変わった

白ニキビの原因である皮脂は、食べるものによって分泌量が増えます。
皮脂分泌量を増やす食べ物は

  • 油っこいもの
  • 糖質の多いもの

です。
油っこいものは見た通りですが、体の中で分解しきれないと皮脂として出てきてしまいます。

糖質の多いもの、例えば甘いものや炭水化物メインの食事(丼物やパスタ、うどん、ラーメン、チャーハンなど)を食べると、小腸で糖質が吸収されて、血糖値がグッと上がります。

血糖値は上がりすぎると体に負担がかかるので、肝臓からインスリンというホルモンが出て血液中の糖質を中性脂肪に変えて血糖値を下げます。
この中性脂肪は体脂肪として体につくだけでなく、皮脂としても皮膚から出てきてしまいます

思い返すと、最近甘いものをたくさん食べていたな…忙しくてラーメンやおにぎり、菓子パンなどで食事を済ませていたな、ということはありませんか。

食生活が原因の時は、白ニキビだけでなく顔全体やTゾーンがベタベタしたり、他の赤ニキビや黄ニキビも一緒にできることが多いです。

白ニキビの正しい治し方

白ニキビが一気にたくさんできてしまうと焦ってなんとかしたい!と思いますが、白ニキビを治すにはまずは原因をしっかり見極めて正しい対処法をとるのが大切です。

白ニキビはまだ炎症が起きていないので、ニキビ跡にはなりませんが、間違ったケアをして悪化してしまうと、炎症が起きる赤ニキビや化膿する黄ニキビに発展してしまいます。

そうなると、紫色っぽいニキビ跡になったり、ひどいと凹凸のあるニキビ跡ができてしまうこともあります…

白ニキビは潰しても大丈夫?

白ニキビはまだ炎症が起きていないので、潰してニキビの芯(角栓)を取ってしまった方がいい、という意見もあります。
毛穴の詰まりを解消することで、赤ニキビや黄ニキビに発展するのを防ぐ、という効果もあります。

しかし個人的には潰すのはおすすめできません…
潰す時に毛穴に傷がついたり、雑菌が入ると炎症ニキビに発展したり、傷がニキビ跡になることがあるからです。

しかも白ニキビは潰して治すのではなく、白ニキビができないようなケア方法を実践していかないと、出来る→潰す、の繰り返しになってしまいますよね。

パターン別白ニキビの治し方

それでは各パターン別に治し方をご紹介していきます。

洗顔、メイクを変えた方

洗顔、メイクを変えたら突然白ニキビがたくさんできた…という方は、手っ取り早いのは今まで使っていたもの、今までの習慣に戻すことです。
特に洗顔に関してはきちんと成分を見て選ぶべきだと思っています。

管理人もしばらくニキビが落ち着いていたのに、いつもの洗顔を買う時間がなくて別のを使ったところ、3日くらいでブワーッとニキビができたことがあります。
その時はなんとなく自然派そうだし、お肌にもよさそうだしこれでいっか!くらいで選びましたが、ほんとにびっくりするくらいできました。
管理人はニキビができやすく、すぐ炎症ニキビに発展しやすい体質なので、赤いニキビもできて彼氏にもびっくりされました。
洗顔を変える時は合成界面活性剤の入っていないかどうかしっかり確認するのをおすすめします!
合成界面活性剤のこわさについてはこちら

生活リズムが変わった方

生活リズムが変わった方は、実はむやみに何かをするより、体が新しい環境やリズムに慣れるのを待てば自然と白ニキビも治まります。
普段はしないケアを追加してみたり、薬を塗ったりするとかえって悪化することもあるので、睡眠と洗顔だけ気を付けて、多い切って放置するのもおすすめです。

スキンケア面では優しい洗顔&しっかり保湿を心がけ、生活面では睡眠の質を上げるように心がけましょう。

睡眠の質とニキビの関係はこちら

食生活が変わった方

食生活が変わった方は、スキンケアは今まで通りにして、食べるものを少し変えてみましょう。
甘いものがやめられない、という方は実は体が栄養不足の可能性があります。

○○がやめられない!特定のものが食べたくなる時は栄養不足かも

↑の記事でご紹介していますが、甘いものが食べたくなったら、ナッツやチーズ、卵を食べるのがおすすめです。
チョコレートが無性に食べたい時はマグネシウム不足の事が多く、生のナッツや硬水なんかがおすすめです。
ハイカカオのチョコレートは糖質も少なくポリフェノールも多いので、食べる時はハイカカオを選んでみましょう。

忙しくて、つい簡単な麺類や丼物で済ませてしまう…という方は、丼物のご飯をお豆腐にしたり、おからを使った麺を使うのはいかがでしょうか。
管理人はカレーや牛丼を食べる時は、チンしたお豆腐と、ちぎったレタスをご飯替わりにすることが多いです。
タンパク質がしっかり摂れてヘルシーなのでおすすめです。

外食が多くてそういった処置はとれません!という方は、せめてランチは単品ものではなく、お魚や小鉢のある定食を選んだり、コンビニでもお味噌汁やサラダなども一緒に食べるように気を付けてみましょう。

このページの先頭へ