赤ニキビ(炎症ニキビ)ができる原因と正しい治し方

ニキビにも種類がありますが、赤ニキビは炎症を起こしてしまっているため、悪化すると化膿ニキビに発展し、ニキビ痕が残ったり痛みを伴うため、早めに治しておきたいニキビです。

そんな赤ニキビの原因や治し方についてご紹介していきたいと思います。

赤ニキビ2

赤ニキビができる原因

赤ニキビはニキビの段階でいうと、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビという3段階目です。

白ニキビや黒ニキビは毛穴に皮脂が詰まっている状態ですが、赤ニキビはその詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖します。

アクネ菌が繁殖すると、アクネ菌が皮脂を食べる時に出す遊離脂肪酸が毛穴を傷つけて炎症を起こしてしまいます。

また、増えすぎたアクネ菌を減らそうと活性酸素が作られますが、活性酸素は攻撃力が強くアクネ菌だけでなく毛穴周りの細胞も攻撃してしまい、これも炎症の原因となります。

赤ニキビの間違った治し方

赤ニキビのような炎症を伴うニキビのケアとして、アクネケアはよく取り上げられます。
アクネ菌を殺菌すれば遊離脂肪酸も作られないし、活性酸素も作られないからニキビが治る、という原理なんですね。

しかし、アクネ菌はもともとはお肌にとって必要な常在菌で、むやみに殺してしまうとお肌のバリア機能が低下して乾燥や肌荒れが起きやすくなったり、ニキビができやすくなってしまいます

アクネ菌を殺してもニキビは治らない?アクネ菌とニキビの関係

しかもアクネ菌は毛穴の中を好む菌なので、アクネ菌を殺菌しようと思うとお肌にいる他の常在菌も殺してしまうんですね。

そのため、アクネケアでニキビを治していくのはおすすめできません。
赤ニキビを作らせないためには、他のニキビ同様毛穴に皮脂が詰まらないようにする事が大切です。

白ニキビができる原因と治し方
黒ニキビができる原因と治し方

できたニキビを薬やスキンケアで治すのではなく、そもそもニキビができないようにしないといつまで経っても治りませんしね。

赤ニキビの正しい治し方

赤ニキビの正しい治し方は、他のニキビ同様毛穴に皮脂を詰まらせない事の他に、炎症が起きにくい体質にする事も有効です。
管理人はあまり白ニキビや黒ニキビはできず、小さくてもとりあえず赤ニキビや黄ニキビができやすかったのですが、それは体質にありました。

体質といっても、産まれつきというよりは食生活や生活習慣にあり、原因となっている事を意識するだけでかなり改善されます。
今では、白ニキビの段階でニキビを食い止める事ができる事が多く、炎症が起きていないため治りも早くなりました。

では、炎症が起きにくい体質とはどうやって作るのでましょうか。

炎症が起きにくい体質は、活性酸素にあり

活性酸素というのはもともと体に必要なもので、呼吸から取り入れた酸素のうち3%は活性酸素になります
普段は外から入ってきたウイルスや細菌をやっつけるために使われますが、攻撃力が強く、たくさん作られてしまうと他の細胞を攻撃して、炎症が起きやすい体質になってしまいます。

活性酸素が通常より多く作られてしまうのは、

  • ストレス
  • 添加物の取りすぎ
  • 睡眠不足
  • ビタミンC不足

などが原因となっています。

ストレス

ストレスが溜まると、ストレスと戦おうと活性酸素が作られやすくなります。
ストレスをなくすのは難しいですが、自分に合った発散方法を見つけていきたいですね。

ストレスが溜まると無意識のうちに呼吸が浅くなり、お肌に届けられる酸素が減ってターンオーバーも遅れてしまうので、呼吸がしっかりできるヨガや太極拳はとてもおすすめです。
寝る前にベッドの中で深呼吸したり、ちょっとした休憩のタイミングで深呼吸するのもいいですね。

添加物の取りすぎ

食品添加は体にとって毒になってしまうので、それに対抗しようと活性酸素がたくさん作られてしまいます。
全く摂らないというのは無理ですが、できるだけファストフード、冷凍食品、インスタント食品、コンビニ弁当、お菓子などは食べないようにしたいですね。

睡眠不足

睡眠不足も、お仕事や生活スタイルによってはなかなか解消しづらいかもしれませんが、睡眠時間をなかなか確保できない時は睡眠の質にこだわってみましょう。
特に寝る前のスマホやテレビ、パソコンなどは脳に強い刺激を与えてしまい、睡眠の質を低下させてしまいます。

5分でもいいので湯船に浸かって血行をよくし、そのあとはスマホやテレビを極力見ずに軽くストレッチなどをしてリラックスして寝るようにすると睡眠の質がグッと上がります。
好きな香りのアロマオイルを焚いたり、音楽をかけてリラックスするのもおすすめです。

ビタミンC不足

ビタミンC不足は活性酸素を作ってしまうというより、ビタミンCにできてしまった活性酸素の除去の効果があるので、不足することで体の中に活性酸素が溜まってしまいます。

ビタミンCのニキビへの効果や正しい摂り方はこちら

ビタミンCは熱に弱く加熱すると死んでしまうため、生の野菜や果物から摂取する必要があり、不足しがちです。

なかなか生の野菜や果物を食べられない方は、いさぎよくサプリメントに頼ってしまうのがおすすめです。


管理人はビタミンCのサプリメントを毎日飲むようにし、添加物をできるだけ摂らないように意識きてからニキビの炎症の仕方が変わりました。

もちろんニキビができる原因はあくまで毛穴に皮脂が詰まることにあるので、洗顔やスキンケアが大切ではありますが、気をつけていてもできてしまうこともあります。
それでもグジュグジュ長引くことが減り、ニキビ跡も残りにくくなりました。

炎症がひどいときは、活性酸素に着目してケアしてみると、少し改善されると思うのでおすすめです。

このページの先頭へ