黒ニキビができる原因と正しい治し方、間違った治し方

ポツポツできる黒ニキビ。

メイクで隠しても時間が経つと浮き出てしまう…
同じところに繰り返し繰り返しできる…

黒ニキビはまだ炎症が起きていないので、ニキビ跡が残るようなこともありませんが、放っておくと赤ニキビや黄ニキビのように炎症が起きてしまい悪化することもあるので、早く治しておきたいニキビです。

そんな黒ニキビができる原因と、正しい治し方、間違ったケア方法などについてご紹介していきたいと思います。

黒ニキビができる原因

黒ニキビができる原因は、基本的に白ニキビができる原因と変わりません。
白ニキビができる原因と治し方

ニキビの段階でいうと、白ニキビの次の段階で、まだ炎症が起きていないので治しやすくニキビ跡にもなりません。

黒ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まり、毛穴の入り口付近の皮脂が酸化して黒くなっている状態です。
写真で見るとこんな感じです。

黒ニキビ2

いわゆる毛穴の黒ずみもこの黒ニキビの状態で、中の角栓を出しても出してもまたできたり、黒い色がメイクでうまく隠しきれなかったり、何かと厄介なニキビですよね。

黒ニキビの治し方

黒ニキビの治し方も、白ニキビの治し方と基本的に変わりません。
急に黒ニキビができ始めた方は、洗顔やスキンケア、生活リズムや食生活を変えてないか確認してみましょう。

急ではなくかなり前から黒ニキビがある、という方は、洗顔やスキンケア方法が間違っている可能性が高いです。
具体的には

  • 合成界面活性剤入りの洗顔を使っている
  • 洗顔の時にゴシゴシ擦っている
  • 保湿が足りない

ということが原因として考えられます。

合成界面活性剤入りの洗顔を使っている

合成界面活性剤についてはこちらで詳しくご紹介していますが、合成界面活性剤をお肌に使ってしまうと、お肌の潤いが奪われてしまいます。
そうするとお肌は焦って皮脂を出そうとするため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなる上、お肌の潤いがないとお肌の角質細胞同士がくっついてしまいうまく剥がれられなくなってしまいます。

そうすると古くなった角質が毛穴を塞いでしまうため、さらに詰まりやすくなってしまうんですね。

洗顔の時にゴシゴシ擦っている

忙しい時や疲れている時なんかは、サッと洗顔料を泡立ててゴシゴシ洗ってしまっていませんか。
お肌を擦ってしまうとお肌のバリア機能を壊してしまったり、お肌にとってまだ必要な潤いを洗い流してしまいます。
そうするとかえって皮脂がたくさん出て毛穴詰まりの原因になってしまいます。

保湿が足りない

洗顔後のスキンケアで保湿が足りないと、乾燥してかえって皮脂が出しまったり、ターンオーバーが乱れて古い角質が毛穴を塞ぐ原因になってしまいます。
ただ、しっかり保湿する際にコットンや手でお肌を擦ってしまうのもよくありません。
手でつける時もコットンで付ける時も、優しくお肌を撫でるようにしましょう

黒ニキビを治すには、天然の油脂から作られた洗顔をしっかり泡立て、優しく洗顔すること、スキンケアもお肌を擦らないようにすることが大切です。

間違った黒ニキビの治し方

黒ニキビができると

  • 毛穴パック
  • 指や爪で角栓を押し出す
  • クレンジングでくるくるする

という方法をとっている方もいますよね。
しかしこれらの方法はあまりおすすめできません。

特に毛穴パックや指で押し出す方法は、その時はスッキリして気持ちがいいですが、周りの皮膚を傷付けたり黒ニキビを悪化させる原因になってしまいます。
小鼻の黒ずみに毛穴パックは効く?

クレンジングでクルクルするのも、クレンジングの際に優しくクルクルする程度であればいいですが、何分もクレンジング剤をお肌に乗せているのはお肌の乾燥を招き、毛穴の開きや皮脂過剰を招いてしまいます。

また、これらの方法はできてしまった黒ニキビの角栓を取る、という対処法にはなりますが、大切なのは黒ニキビを作らせない事、つまり毛穴に皮脂を詰まらせないことですよね。

毛穴の皮脂というのはスッキリキレイに取ったとしても、7~8時間ほどでまた詰まると言われています。

そのため、取る→詰まる→取る→詰まる、というループではいつまでたってもキレイにならないどころか、毛穴にダメージを与えてだんだん悪化してしまったり、毛穴を傷付けて炎症を起こし、炎症ニキビへと発展してしまう可能性もあります。

また、黒ニキビで悩んでいる方の中にはピーリング効果のある洗顔を使っている方も多いですが、ピーリング石けんはあまりおすすめできません。
お肌が強い方はお肌に合うかもしれませんが、ピーリング石けんを使っているのに黒ニキビやその他炎症ニキビが治らない…という方は一度やめてみましょう。

ちなみに管理人も昔、緑色の有名なピーリング石けんを使っていましたが、その時は朝メイクしてもお昼には鼻がテカり、夕方にはあぶら取り紙がないとベタベタ…という状態で、鼻の黒ずみだけでなく炎症ニキビもたくさんできていました…
古い角質ちゃんと取ってるのに何で!?という気持ちでいっぱいでしたね。

何度も言いますが、大切なのは詰まった皮脂を取ることではなく、毛穴を詰まらせないようにすることです。

そのために

  • 必要以上に皮脂を取らないこと
  • 毛穴が広がらないよう、お肌にダメージを与えないこと

を意識し、お肌が本来の力を取り戻して毛穴が締まる、皮脂が必要以上に出ないようにすることが、黒ニキビを治す近道です。
黒く詰まったニキビを見るとついつい押し出したり毛穴パックでゴッソリ取りたくなりますが、ぐっとこらえて洗顔やスキンケアを見直してみましょう。

このページの先頭へ