乾燥肌だけど保湿するとニキビができる!原因と対処法

乾燥肌だから、何もしないとお肌はガサガサに…
でも保湿するとお肌がベトベトしてニキビができ始める…

という症状で悩んでいませんか。
何もしなくてお肌がガサガサになるのも困るし、かといって保湿してニキビが出来るのも困るし…

とりあえずニキビ跡が残らないためにも乾燥を選ぶけど、化粧ノリも悪くてなんとかしたい…

そんな風に悩む方は意外と多いんです。

そこで、乾燥肌だけど保湿するとニキビができる時の原因と対処法をご紹介したいと思います。

乾燥肌になる原因

まず、どうして乾燥肌になるのかを確認しましょう。

乾燥肌は、生まれつき乾燥肌でずっと悩まされている、というわけではなければ、クレンジングと洗顔に原因があります

詳しくは乾燥肌の原因と治し方でご紹介していますが、クレンジングや洗顔には、メイク汚れや皮脂汚れなどの油性の汚れと、お湯を馴染ませて落とすための界面活性剤というものが含まれています。

この界面活性剤がないと、例えばオリーブオイルなどを顔につけてくるくるすると、メイク汚れは浮いてきますが、それをお湯で流しても流れませんよね。

そのため界面活性剤という成分はどうしても必要になるのですが、この界面活性剤には種類があり、まず合成のものと、純粋な石けん成分のものがあります。

純粋な石けん成分はお肌の表面の油性汚れを落としてくれますが、濃いメイクをしているとそれだけでは落ちないので、どうしてもクレンジングをしますよね。

クレンジングには合成の界面活性剤が含まれていますが、この合成のものの中には、石油からできた洗浄力の強いものがよく使われます。

そのため、メイクはよく落ちますが、お肌の中にも浸透し、角質層の潤いも一緒に洗い流してしまうんです。

石油由来の合成界面活性剤は、安く大量生産できるので、ほとんどのクレンジングに入っていて、使えば使うほど乾燥肌を招いてしまうんです。

石油由来でなくても、合成の界面活性剤は純粋な石けん成分よりも洗浄力が強くなるので、お肌のためには使わないほうがいい成分です。

保湿するとニキビができる原因

そんな状態の乾燥肌だと、お肌の中の潤いがなくカサカサになっているので、この上からいくら化粧水やクリームを塗っても、所詮水分と油分を乾燥したお肌にかぶせているだけにすぎません。

もちろんお肌の潤いが整っている状態であれば、その水分や油分がお肌の保護膜となり、バリア機能を強化してくれたり、お肌の乾燥を防いでくれる作用があるので、化粧水やクリームが無駄というわけではありません。

ただ、お肌の角質層の潤いや細胞自体の潤いが失われている状態で水分や油分を乗せても、お肌の乾燥が根本的に解決出来るわけではありません

乾燥肌になると、細胞間脂質という潤いが失われますが、これはお肌の細胞と細胞をつなぎとめる役割も担っています。

そのため、細胞間脂質が失われるとお肌の細胞と細胞がうまくくっつけず、剥がれて未熟な細胞がむき出しになってキメが粗くなります。

また、乾燥肌の状態が長く続くと、毛穴が痩せ細ってしまいますが、そうするとちょっとしたことで毛穴が詰まってしまうので、ガサガサに剥がれかけた細胞に、化粧水やクリームがついたものが毛穴を塞ぎやすくなり、ニキビを作ってしまうんですね。

潤った肌

乾燥したお肌

特に乾燥肌の方向けのスキンケア用品だと、しっとりする成分や油分がお得含まれているので、より毛穴をふさぎやすくなってしまいます。

ということで、乾燥肌で何もつけないとガサガサになる、けど保湿するとニキビができるという方は、化粧水やクリームで保湿するのではなく、まずはクレンジングや洗顔を見直して乾燥肌を根本的に改善していくのが、結果健やかなお肌を保つのに必要なんですね。

このページの先頭へ