乾燥肌を治す化粧水や乳液はない!見直すのは洗顔とクレンジング

乾燥肌をなんとかしたい…
カサカサしてファンデーションが乗らなかったり、乾燥ニキビが治らず困っている…

そんな方が気になるのは、乾燥肌を治す化粧水や乳液、クリーム、クレンジングなどの化粧品ではないでしょうか。
保水効果の高い化粧水や、しっかり潤う乳液、クリームなどがあれば、ぜひ使いたいですよね。

しかし、化粧水や乳液は、乾燥肌を一時的に潤すことはできても、乾燥肌を根本的に治すことにはつながりません。

乾燥肌を治すのは洗顔

乾燥肌の原因と治し方でもご紹介しましたが、乾燥肌になる原因は、洗顔やクレンジングにあります。

洗顔やクレンジングには、メイク汚れや皮脂などの油性の油を馴染ませてお湯で落とすための、界面活性剤というものが入っています。

この界面活性剤には色々種類があり、大きく分けて純粋な石けん成分、もしくは合成の界面活性剤があります。
さらに、この合成界面活性剤の中には、石油由来の合成界面活性剤というものがあります。
安く大量生産でき洗浄力が強いため、市販の洗顔やクレンジングにはほとんど使われています。

この石油由来の合成界面活性剤は洗浄力が強いため、ウォータープルーフなどのメイクなどもしっかり落とせますが、その分お肌の角質層にある細胞間脂質という潤いも一緒に洗い流してしまいます

この細胞間脂質は一度洗い流されてしまうと、回復するのに数日から数週間かかると言われています。

そのため、毎日のように石油由来の合成界面活性剤が入ったクレンジングや洗顔で顔を洗っていると、お肌の潤いがどんどん奪われて乾燥肌になってしまうんですね。

潤った肌

乾燥したお肌

お肌の潤いが奪われた状態でいくら化粧水や乳液、クリームを塗りこんでも、乾燥肌が治らないのがお分かりいただけたでしょうか。
もちろん体質や肌質もあるので、生まれつき乾燥肌で化粧水や乳液でなんとかしないといけない方もいらっしゃいます。

しかし、洗顔やクレンジングをするようになったり、メイクを始めたり、スキンケアというものを始めてからお肌の調子がよくない、乾燥肌になった、という方は洗顔やクレンジングを見直す必要があります。

クレンジングは使わないのがベスト!

では、洗顔やクレンジングはどういったものを使ったらいいのでしょうか。

クレンジングにはいくつか種類があり、その中でもクリームタイプやミルクタイプは刺激が少ないので、乾燥肌の方はそういったクレンジングを使っている方も多いですよね。

しかし、もっと理想なのはクレンジングを使わないことです。

クレンジングを使わない、ということは女性であればクレンジングが必要なメイクは出来ないという事になってしまいます。

しかし最近では、ミネラルファンデや洗顔だけで落ちるメイク用品もたくさん出ているので、そういったものを選び、メイクをするのがおすすめです。

ニキビを治す!石けんで落とせるミネラルファンデを比較してご紹介

洗顔は石けんで!

クレンジングをやめたら、今度は洗顔選びですが、洗顔も合成界面活性剤を使用していないものを選びましょう。

基本的にチューブタイプのものには合成界面活性剤が使用されていて、固形タイプの石けんにはあまり使用されていません。

ただ、固形石けんならなんでも大丈夫なわけではなく、固形石けんでも合成界面活性剤が入っていたり、洗浄力の強い成分や、着色料、香料、保存料などお肌に負担がかかるものがたくさん入っている場合もあるので、成分はしっかり確認したいところです。

管理人も一度、固形石けんなら大丈夫と思ってあまり成分を見ずに買って使ったことがありますが、その後皮脂の分泌量が増え、(管理人は乾燥すると皮脂が増えるタイプの肌質です)ニキビも一気に増えてしまったことがあります…洗顔を戻したら治りましたが…

なので、洗顔もしっかり成分を確認して選びましょう。

このページの先頭へ