ステロイドはニキビ治療に向いていない?効果や副作用、ステロイド剤一覧

ニキビの治療ではあまり使われることのないステロイド。

ステロイドと聞くと作用が強い分副作用も強いというイメージがあり、少しコワイという方も多いのではないでしょうか。

ただステロイドは正しく使えばニキビを早く落ち着かせることもできるので、頼もしいお薬でもあります。

そこで、ステロイドのニキビへの作用や副作用、ステロイド配合のお薬などご紹介していきたいと思います。

ネリゾンクリーム

ステロイドとは?

そもそもステロイドとは何でしょうか。
ステロイドとはもともと体内で作られる副腎皮質ホルモンのことで、腎臓の上部にある副腎というところから分泌されています。

それを化学的に合成したものがステロイドで、免疫反応を抑える作用があり、皮膚の炎症を落ち着かせたり、痒みや赤みを落ち着かせる効果があるため、アトピー性皮膚炎の治療によく使われます。

ニキビの治療に使われることはあまりありませんが、炎症がひどい時には処方されることがあります。

ステロイドは効果を実感しやすいため、様々なタイプの薬があります。
内服薬、注射、点眼薬、外用薬などがありますが、ニキビに使われるのは外用薬です。

ステロイドが炎症を落ち着かせる理由

ではなぜステロイドで炎症を落ち着かせることができるのでしょうか。
ステロイドには免疫反応を落ち着かせる作用がありますが、そもそも炎症が起きるというのは体が有害なものを取り込まないように闘っているからなんです。

ニキビでいうと、アクネ菌が出す遊離脂肪酸などですが、これらの皮膚から取り込みたくない有害なものと闘うために、免疫反応を活発にして炎症を引き起こします。

しかしアトピー性皮膚炎などの場合、この免疫反応が暴走して痒みや赤みがなかなか引かないため、ステロイドによって、「免疫システムさん達、もう闘わなくて大丈夫ですよ〜」という指令を出してもらいます。
そうすることで、炎症を早く抑えることができるんです。

ステロイドのニキビへの効果は?

では、ニキビへの具体的な効果は何でしょうか。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まることからスタートしますが、この毛穴に詰まった皮脂が大好きなアクネ菌が集まってきて、皮脂を食べて増殖します。

アクネ菌が皮脂を食べる時に出す遊離脂肪酸などが毛穴に炎症を起こしてニキビが悪化していきますが、ステロイドを塗ることで炎症を早く落ち着かせ、ニキビの治りを早くする効果があるんです。

炎症が長引くことで、黄色ブドウ球菌などの金額繁殖し、今度は化膿ニキビへと悪化していきます。

化膿ニキビまで悪化して膿が毛穴に溜まると、膿が毛穴を押し広げて皮膚の奥を傷つけ、ニキビ跡が治りにくくなってしまうことにもつながります。
早く炎症を抑えることで、ニキビの悪化やニキビ跡の悪化を防ぐ効果もあるんですね。

ステロイドの副作用

しかしステロイドは副作用もあります。
本来なら免疫反応というのは、体にとって必要なものです。

免疫反応がないとバリア機能が低下して様々な病気にかかってしまいます
そのため、ステロイドで免疫反応を抑えると、免疫力が低下し、かえって肌荒れやニキビが起こることがあります

また、ステロイドには皮膚の細胞の増殖を抑えてしまう作用があるため、長期間使用することで皮膚が薄くなって毛細血管が透けてきたり、肌トラブルを引き起こしやすいお肌になってしまいます。

ただ、ニキビ治療で使用する場合はあまり長期間使用しませんし、内服薬ではなく外用薬を患部に塗る程度なのでそんなに心配いりません。
ステロイドを使用するときは、使用期間や使い方などをきちんと医師に確認しておきましょう。

ステロイドの強さ

ステロイドには、ストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム、ウィークの5種類の強さがあります。
強いほど効果が出やすいですが、その分副作用も出やすいので使用には注意が必要です。

特に顔はステロイドの吸収率が他の箇所よりも高いので、処方してもらう際は強さも確認しておくといいでしょう。

リバウンド現象とは?

ステロイドの使用で心配なのが、リバウンド現象ではないでしょうか。
ステロイドの使用をやめたとたん、一気に症状がぶり返すというものです。

これはステロイドの使用をやめることで症状が悪化したわけではなく、ステロイドで抑えていた症状がまた出てきただけです。
まだ炎症が起きている状態で使用をやめてしまうと、このリバウンド現象が起きてしまうんですね。
そのため、使用の期間についてはきちんと医師に相談して、決められた用法用量を守るようにしましょう。

ニキビ治療でステロイドがあまり使われない理由

ニキビ治療であまりステロイドが使われない理由は、他にも治療薬があるからです。
ステロイドが使われる時は、根本的な治療が難しく、とりあえず症状だけでも抑えたほうがいい時が多いです。

アトピー性皮膚炎なんかは根本的な治療が難しく、痒みがひどいため、とりあえず痒みを抑えるためにステロイドがよく使われます。

ニキビは痒みもほとんどないですし、炎症を抑えるだけなら抗炎症剤も使えます。
また、根本的な治療も可能なので、ステロイドを使って症状をおさえるよりも毛穴を詰まらせないような治療をしていくのがおすすめです。

ただ、炎症がひどく痒みがあり、無意識に掻いてしまうような状態であれば、ステロイドを一時的に使うことも有効です。

ステロイドの外用薬一覧

ステロイドにはそれぞれ強さがあり、強いほど効果がありますが、副作用も出やすくなってしまいます。ニキビ治療ではステロイドはあまり使用されませんが、一覧でご紹介しておきます。

ストロンゲスト 強さレベル★★★★★

コスベートGクリーム

コスベートGクリーム

ステロイド+抗生物質ゲンタマイン+殺菌剤クロロクレゾールを配合したクリームです。
ニキビの原因となるアクネ菌も殺菌してくれます。
薬価は1gあたり8.3円です。

デルモベート軟膏

デルモベート軟膏

ステロイドの作用が強いため、顔のニキビではなく、背中やデコルテなどの体のニキビ治療に処方されます。
薬価は1gあたり31.1円です。

ハロベート軟膏

ハロベート軟膏

欧米ではハロベート軟膏はアトピー性皮膚炎などの治療でよく使われるメジャーなステロイド軟膏です。
作用が強いため長期的な使用は避けられます。

ジフラール軟膏

ジフラール軟膏

ステロイドの中では最も作用が強いと言われていて、炎症の激しいニキビや重症なニキビに処方されます。
薬価は1gあたり22.6円です。

ストロンガー 強さレベル4

ネリゾンクリーム

ネリゾンクリーム

炎症の激しいニキビに処方されるステロイドで、1gあたり27.6円です。

エロダームクリーム

エロダームクリーム

作用が強いため、顔のニキビには処方されません。
薬価は1gあたり23.2円です。

ベトネベートスキンクリーム

ベトネベートスキンクリーム

作用が強いため、顔のニキビには処方されません。
薬価は1gあたり30円です。

ベタミルクリーム

ベタミルクリーム

作用が強いため、顔のニキビには処方されません。
虫刺されや肌トラブルなどの痒みを治療するのにも使われます。

フルメタ軟膏

フルメタ軟膏

ステロイドの作用は強いですが、アクネ菌を殺菌する成分などは配合されていません。
薬価は1gあたり36.4円

メサデルム軟膏

メサデルム軟膏

ステロイドの作用は強いですが、アクネ菌を殺菌する成分などは配合されていません。
薬価は1gあたり20.8円

マイザー軟膏

マイザー軟膏

ステロイド軟膏の中でもかなり有名で、皮膚の湿疹、かゆみ、炎症、アトピーの治療などに処方されます。
薬価は1gあたり22.5円です。

ストロング 強さレベル3

トリダームクリーム

トリダームクリーム

適度な強力性でさまざまな症状に使用でき、ケロイドのような傷跡において、組織の増殖を抑える作用もあります。

リンデロン-V

リンデロン-V

ステロイドの他に、ゲンタマイシンという抗生物質も配合されています。
抗生物質がアクネ菌などを殺菌してくれるので、ニキビの治りを早くしてくれます。
薬価は1gあたり27.4円です。

フルコートF

フルコートF

ニキビによく処方されるステロイド剤の1つで、フラジオマイシンという抗生物質も配合されています。
薬価は1gあたり26.7円です。

ミディアム 強さレベル2

ロコイド軟膏

ロコイド軟膏

赤ちゃんにも使える安全性の高いステロイド剤で、敏感肌で重症なニキビに対して処方されることがあります。
薬価は1gあたり16.5円です。

キンダベート軟膏

キンダベート軟膏

抗炎症作用があるため、赤ニキビやニキビ跡に使うことができます。
薬価は1gあたり31.7円です。

ウィーク 強さレベル1

オイラックスHクリーム

オイラックスHクリーム

背中ニキビに対して処方されることが多いステロイド剤です。
薬価は1gあたり4.05円です。

エキザルベ

エキザルベ

アクネ菌やマラセチア菌、黄色ブドウ球菌などのニキビの元となる菌全般に効いてくれます。
薬価は1gあたり23.2円です。

このページの先頭へ