面皰圧出でニキビを治す!費用や手順、自分で行う時との違い

皮膚科のニキビ治療の1つである面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)。
ニキビの先端に小さな穴を開け、毛穴に詰まっているものを出すことでニキビの治りを早くする治療法です。

中に詰まっているものを出すだけなら自宅でもできるけど、どう違うの?という疑問や、皮膚科で行った時の費用、実際に治療の流れなどについてご紹介したいと思います。

面皰圧出

面皰圧出とは?

面皰圧出とは、ニキビの先にレーザーや小さな針で穴を開け、面皰圧出器(別名:アクネプッシャー)で毛穴に詰まっている皮脂や汚れ、膿などを出す治療法のことです。

ニキビが炎症を起こすのは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖することが発端ですが、そこで毛穴に炎症が起きると黄色ブドウ球菌などの別の菌も集まってきて、化膿ニキビへと悪化していってしまいます。

化膿ニキビまで悪化して膿が溜まってしまうと、治りが悪くなってしまいますし、膿が毛穴を押し広げてお肌の奥を傷付けてしまうと、クレーター状のニキビ跡が残りリスクも上がってしまうので、早く皮脂や膿を出してあげることで、ニキビの悪化を防いだり治りを早くする効果があるんですね。

また、レーザーで小さな穴を開ける場合、レーザーの熱でアクネ菌や黄色ブドウ球菌が殺菌されるため、よりニキビの治りが早くなりますし、ぶり返してまたニキビができることがほとんどないんですね。

自分でやるのと何が違う?

でもニキビを潰すだけなら自分でもできるし、わざわざ皮膚科に行く必要ないんじゃない?と思いますよね。
この面皰圧出を皮膚科でやってもらうのと自分でやる違いは、

  • 穴の大きさ
  • 殺菌できるかどうか
  • しっかり中身を出せるか
  • 周りの組織を傷付けないかどうか

が変わってきます。

穴の大きさ

まず穴の大きさですが、皮膚科でやるとレーザーや細い針で穴を開けるのでほどんど皮膚に傷がつきません
一方自分でやる場合は爪や毛抜きなどでぶちっと穴を開けてしまいませんか。
ニキビの先とは言えお肌の一部なので、穴が大きいほど傷もつき、ニキビ跡の原因になってしまうんですね。

殺菌できるかどうか

また、殺菌できるかどうかも大きな違いです。
皮膚科でも小さな針で行う場合はレーザーのような殺菌効果はありませんが、きちんと管理されたもので行いますし、余計な菌が入ることはありません。

しかし自分で行う場合は雑菌がついた爪や毛抜きなどを使うことが多いうえ、穴も大きく開いてしまい、そこから雑菌が入って、ニキビがぶり返したりかえって悪化してしまうことがあります。
潰したのにまたニキビができてる…という時は、菌が入ってしまっている可能性があります。

しっかり中身を出せるか

ニキビの中身をしっかり出せるかも違います。
皮膚科で行う場合は専門の医師が出してくれるので、うっかり中身が残っていた、ということはありませんが、自分で行うとよく分からず、ニキビの中身が出しきれずに残ってしまうことがあります
そうすると、またニキビがぶり返す原因になります。

周りの組織を傷付けないかどうか

これも大きな違いですが、皮膚科で行う場合は小さな穴ですが確実に穴を開け、周りの組織を傷付けないようにニキビの中身をしっかり出してくれます
しかし自分で行うと、押す場所を間違えたり力の加減を間違えて、ニキビの中身を押し広げて周りの組織を傷付けてしまうことがあります。

ニキビのサイズによっては、お肌の奥の方まで傷がついてしまい、クレーター状のニキビ跡が残る原因にもなりかねませんし、毛細血管などを傷付けてしまい、シミのようなニキビ跡が残りやすくなってしまう原因にもなります。

面皰圧出の手順、流れ

面皰圧出

  1. まずは患部を清潔にし、消毒します。メイクをしている場合は落とします。
  2. 専用のレーザーまたは針を使ってニキビの先に穴を開けます。
  3. 面皰圧出器を使ってニキビの中身を押し出します。
  4. 最後にもう一度消毒します。

面皰圧出の費用

面皰圧出は保険が適用されるので、費用はそんなに高くありません。
大体ニキビ1個当たり200円~500円くらいで潰してくれます。
ニキビの数が多いと少し値段が張りますが、病院によっては数が多いと割安になるところもあります。

10個くらい潰すとなると、2,000円~5,000円ほどかかりますが、緊急にニキビを治したい場合は一番即効性がある治療です。

面皰圧出をやった友人の体験談

管理人自身は面皰圧出はやったことがありませんが、友人がやったことあるのでその体験談を少しご紹介したいと思います。

友人は小学校高学年のころからニキビができ始め、中学生の時はけっこう顔にニキビがある子でした。
女の子だったので、かなり辛かったと思います。

その友人が中学3年生の時、鼻に大きなニキビができていました。
大きい、といってもイメージするサイズは人それぞれだと思いますが、分かりやすく言えばハイチオールCとか、ああいったサプリメントくらいのサイズです。
かなり赤く腫れていて、赤いを通り越して赤紫のようになっていて、それが3日くらい続いてたと思いますが、さすがにこのまま悪化したらマズイと友人は皮膚科に行ったそうです。

そこで面皰圧出をしてもらったそうですが、穴を開けて、先生がニキビを優しく押したとたん、天井に届く勢いでニキビの中身が飛び出たそうです。
そのくらいニキビの中身が詰まっていたんですね。
よほどだったのか、翌日は小さなガーゼみたいなのを貼ってましたが、その翌日にはガーゼもとれて、赤く腫れあがっていたニキビはしゅんっと小さくなっていました。

まだ赤みがありましたが、腫れは引いていて、そこからみるみるキレイになっていっていました。

自己判断で潰したり、あのまま放っておいたら、もっとニキビが悪化してニキビ跡も残っていたんじゃないかと思います。

早く治したい、悪化させたくない、という時にはとても有効なニキビ治療だと思いました。

ただ、面皰圧出は対処療法でしかありません。
できてしまったニキビにはいいですが、ニキビを作らせないということにはならないので、ニキビを完全に治したいのであれば、これに頼ってしまうのはよくないですね。

このページの先頭へ