当帰芍薬散はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。

薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善してニキビの出来にくい肌作りを目指してくれるため、ニキビだけでなく体調をよくするのにも効果的です。

そんな漢方の中でもニキビ治療によく使われる当帰芍薬散について、特徴やニキビへの効果、副作用、費用などご紹介していきたいと思います。

当帰芍薬散

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)の特徴と効果

当帰芍薬散は、冷えや浮腫み、ホルモンバランスの乱れに悩む女性に向いている漢方で、血行を良くして体を温め、ホルモンバランスを整えたり、お肌の代謝をよくして肌荒れを解消する作用があります。

虚証タイプの方向けで、体力や筋力がない女性に向いています。

ホルモンバランスが乱れて月経不順や月経痛などに悩んでいる方にもおすすめです。

当帰芍薬散のニキビへの効果

当帰芍薬散は血行をよくして体を温めてくれる作用があります。
血行がよくなることで、お肌の代謝がよくなりターンオーバーが促されるので、肌荒れやニキビが解消されやすくなります。

また、ホルモンバランスが整うことで、ホルモンバランスの乱れによるニキビも解消されやすくなります。
生理前になるとニキビができやすくなる方は、ホルモンバランスが乱れている可能性があるので、当帰芍薬散はおすすめです。

また、血行をよくする漢方は色々ありますが、血行をよくして熱を発散させるものと、当帰芍薬散のように熱を作り出すものがあり、もともと熱が体内にこもって炎症ニキビができている方には向いていません。

比較的体力があり、顔に熱がこもりやすい方は、清上防風湯や桂枝茯苓丸などが向いています。

こんな人のニキビにおすすめ

  • 手足や腰が冷えやすく、腹痛が起きやすい
  • ホルモンバランスが乱れ、フェイスラインにニキビができる
  • 生理前になるとニキビがひどくなる

当帰芍薬散の生薬

当帰(トウキ)

血の巡りをよくする作用があります。
また、お通じをよくする作用もあるため、便秘からくる肌荒れやニキビを予防する効果もあります。

芍薬(シャクヤク)

血の巡りをよくし、熱をうまく循環させたり、ホルモンバランスを整える効果があります。
ホルモンバランスの乱れによるニキビを解消したり、お肌のターンオーバーをよくしてニキビをできにくくする効果があります。

蒼朮(ソウジュツ)

体に溜まった余分な水分を排出し、浮腫みを解消したり、胃腸の調子を整える作用があります。

川きゅう(センキュウ)

血の巡りをよくする作用があります。
体の上部に溜まった血液型を流したり、ホルモンバランスを整えたりする効果があります。

沢瀉(タクシャ)

体に溜まった余分な水分を排出して浮腫みを解消する作用があります。
めまいや口の渇きを落ち着かせたり、抗菌作用もあるため、ニキビの原因菌を殺菌してくれる効果もあります。

茯苓(ブクリョウ)

余分な水分を排出して浮腫みを解消したり、精神を落ち着かせる作用があります。
イライラからくる肌あれや不眠、下痢、腹痛などにも効果があり、自律神経を緩やかに整えてニキビをできにくくしてくれます。

当帰芍薬散の副作用

当帰芍薬散は重い副作用はめったに出ませんが、軽い副作用として胸のむかむか、食欲不振、下痢、お肌の痒みや発疹が出ることがあります。

これらはしばらくすると落ち着いて気にならなくなりますが、心配な方は医師に相談してみましょう。

当帰芍薬散の飲み方

当帰芍薬散は1日に2〜3回、1包ずつ食前または食間に飲みます。
空腹時に飲むほうが効きやすくなります。

お湯に溶いて飲むほうが効果が得られやすいですが、胃のむかむかや吐き気などがある場合は、オブラートに包んで飲んだり、量を減らしたり、食後に飲んでも構いません。

もともと胃腸が弱い方は吐き気などを起こしやすいので、医師に相談しておくといいでしょう。

また、空腹時に飲むと胃を刺激してしまい副作用が出やすくなることもあるため、しっかり水分も一緒に補うようにするといいです。
最低でもコップ1杯のお水やぬるま湯と一緒に飲むことで、副作用も出にくくなります。

当帰芍薬散の費用

当帰芍薬散は、ツムラの漢方だと32日分(64包入り)で約7,000円です。
通販だと4,000円程度に値下がりしていますし、皮膚科で処方してもらえば保険が効くのでかなり安くなります。

ただ、皮膚科の場合は診察などもかかってくるので単純に3割負担ではないですが、安く購入したい方は通販や皮膚科で処方してもらうのがおすすめです。

はじめて漢方を飲む方は、自分の体質がきちんと見極められないこともあり、間違ったものを選んでしまうとニキビが悪化したりする恐れもあります。
最初は皮膚科や漢方薬局などで診てもらうのがおすすめです。

このページの先頭へ