桂枝茯苓丸はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。

薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善してニキビの出来にくい肌作りを目指してくれるため、ニキビだけでなく体調をよくするのにも効果的です。

そんな漢方の中でもニキビ治療によく使われる桂枝茯苓丸について、特徴やニキビへの効果、副作用、費用などご紹介していきたいと思います。

桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の特徴と効果

桂枝茯苓丸は特に女性のニキビや肌あれ、体調不良などにとても効果のある漢方で、更年期障害の症状を抑える時などにも使われます。

桂枝茯苓丸は、漢方医学でいう「お血」の状態を改善します。
お血とは、血の巡りが悪くなっている状態のことです。
血の巡りが悪くなると、お肌のターンオーバーが乱れて肌あれが起きるだけでなく、子宮のトラブルや月経トラブル、便秘、手足の冷え、肩コリ、自律神経やホルモンバランスの乱れなどが起きやすくなりますが、桂枝茯苓丸は血の巡りをよくしてこれらの症状を緩和してくれる効果があります。

桂枝茯苓丸のニキビへの効果

お血の状態で血行が悪くなると、お肌のターンオーバーが乱れてニキビができやすくなります。
お肌のクスミやシミができやすい方は、ターンオーバーの乱れによってニキビができている可能性が高いので、そういったニキビに効果があります。

また、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れからくるニキビにも効果があります。
ニキビ以外にも冷えや浮腫み、生理痛などで悩んでいる方は、ホルモンバランスの乱れからくるニキビかもしれません。

お血の状態で血行が悪くなると、熱がうまく循環しなくなり、上半身に熱が集まりやすくなります。
温かいものは上に溜まるためですね。
そのため、足が冷えているのに顔が赤くなりやすい、顔に熱がこもって水分が蒸発し、乾燥しやすいという方のニキビにも効きます。

こんな人のニキビに向いている

  • 手足は冷たいのに顔がほてりやすい
  • 顔が乾燥しやすく、赤みがある
  • 月経不順、生理痛などが起きやすい
  • 肩コリや頭痛が起きやすい

桂枝茯苓丸の生薬

桂枝(ケイシ)

桂枝には胃腸の調子を整えたり、顔の余分な熱を発散させて、のぼせや火照り、頭痛を鎮める作用があります。

芍薬(しゃくやく)

血の巡りをよくし、冷えや浮腫みを解消したり、ホルモンバランスを調える作用があります。
ホルモンバランスが乱れると、特にフェイスラインや顎にニキビができやすくなります。
生理前になるとニキビができるという方も、ホルモンバランスが原因の事が多いです。

男性もホルモンバランスの乱れでニキビができることがあり、男性ホルモンの分泌が多く、皮脂が出やすい方は、芍薬がホルモンバランスを整えてニキビをできにくくしてくれます。

生理不順や生理痛などにも効果があります。

茯苓(ブクリョウ)

余分な水分を排出して浮腫みを解消したり、精神を落ち着かせる作用があります。
イライラからくる肌あれや不眠、下痢、腹痛などにも効果があり、自律神経を緩やかに整えてニキビをできにくくしてくれます

桃仁(トウニン)

血流をよくする作用があり、お肌のターンオーバーを促してニキビをできにくくしてくれます。
ホルモンバランスを整えて月経トラブルを改善する作用もありますし、排膿作用があるため炎症ニキビや化膿ニキビの治りを早くしてくれます。

牡丹皮(ボタンピ)

牡丹皮は、血行を良くしてホルモンバランスを整えたり、顔の火照りをとる効果があります。
炎症を鎮める作用もあるため、炎症ニキビの治りを早くしたり、赤くなったニキビ跡の治りを早くする効果もあります。

桂枝茯苓丸の副作用

桂枝茯苓丸の副作用としては、吐き気や胸のむかむか、皮膚の痒み、発疹、下痢などが起きることがあります。
しだいに慣れることが多いですが、つらい時は医師に相談しましょう。

また、まれに重い副作用が出ることがあり、肝障害になることがあります。
強い吐き気や倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状が出た場合はすぐに医師に相談しましょう。

妊娠中の方は、桃仁や牡丹皮が良くない影響を及ぼすことがあります。
妊娠中の方は医師とよく相談しましょう。

桂枝茯苓丸の飲み方

桂枝茯苓丸は、温かいお湯に溶いて、食前または食間(食事と食事の間)に飲みます。
飲む回数は1日に2〜3回、毎回1包飲みます。

副作用で吐き気や胸のむかむかがある場合は、食後に飲んだりオブラートに包んで飲んでも構いませんが、空腹時にお湯で溶いたものを飲むのが最も効果が出やすいです。

ただ、しっかり水分を摂らないと胃が荒れることがあるので、多めのお湯で溶いて飲みましょう。
4週間飲んでみて全く効果がない場合や、ニキビが悪化した場合は体に合ってない可能性もあるので医師に相談しましょう。

桂枝茯苓丸の費用

桂枝茯苓丸は医師に処方してもらうこともできますし、ドラッグストアなどで購入することもできます。
ドラッグストアで購入する場合は12日分(24包)で約2,500円です。

はじめて飲む場合は、体質を見てもらうため漢方医や皮膚科医に診てもらったほうが安心ですが、なかなか時間がとれない方はドラッグストアで購入してもいいでしょう。

桂枝茯苓丸はニキビだけでなく月経痛にも効くので特に女性にはおすすめです。

このページの先頭へ