荊芥連翹湯はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。

薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善してニキビの出来にくい肌作りを目指してくれるため、ニキビだけでなく体調をよくするのにも効果的です。

そんな漢方の中でもニキビ治療によく使われる荊芥連翹湯について、特徴やニキビへの効果、副作用、費用などご紹介していきたいと思います。

荊芥連翹湯

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の特徴と効果

荊芥連翹湯は、体に溜まった熱や膿を発散させる作用のある漢方で、ニキビや肌荒れだけでなく、蓄膿症や鼻炎、歯周病や歯槽膿漏の治療などにも用いられます。

体に熱がたまると、温かいものは上に行く性質から、特に上半身や顔に熱がこもりやすくなります。
顔に熱がこもると炎症を引き起こしやすくなるため、ニキビができやすくなりますし、火照りなんかも起きやすくなるので、荊芥連翹湯はそれらの症状を抑える作用もあります。

荊芥連翹湯には腸に潤いを与えて便秘を解消する効果もあるため、腸が乾燥して便秘になっている方は便秘解消効果も期待できます。

証は中間証の方向けで、血行が悪く皮膚が浅黒い方に向いています。

荊芥連翹湯のニキビへの効果

荊芥連翹湯は炎症を予防したり、炎症を抑える作用のある生薬が配合されているため、ニキビの炎症を抑える効果があります。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まるところから始まりますが、この詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が出す物質が毛穴を傷付けて炎症を引き起こします。
そしてこの炎症が起きた箇所に黄色ブドウ球菌が繁殖して化膿ニキビへと悪化していきますが、荊芥連翹湯で炎症を抑えることができるれば、ニキビの治りを早くできるだけでなく、ニキビが悪化するのを防げるため、ニキビ跡がひどくなるのを防ぐ効果もあるんです。

また、赤く残ったニキビ跡はお肌の奥でまだ炎症が起きている状態ですが、これを早く治す効果もあるため、ニキビ跡の治りも早くしてくれます。

他にもお肌のターンオーバーを促す作用のある生薬や、血行をよくする作用のある生薬も配合されているため、美肌全般にも効果があります。

こんな人のニキビに向いている

  • 肌が浅黒く血行が悪い
  • 炎症をともなうニキビができやすい
  • 便が硬く、便秘しやすい
  • 手足の裏に汗をかきやすい

荊芥連翹湯の生薬

黄ごん(オウゴン)

お肌の炎症を落ち着かせたり、熱を取り除く作用があります。
肌荒れ防止タイプの化粧品に使われることもあります。

黄柏(オウバク)

炎症を抑える作用や、黄色ブドウ球菌が繁殖するのを抑える作用があり、化膿を抑える作用があります。
炎症ニキビや化膿ニキビを早く落ち着かせる効果があります。

黄連(オウレン)

炎症部分の熱をとって炎症や腫れを抑える作用があります。

桔梗(キキョウ)

桔梗には抗炎症作用や抗アレルギー作用があるため、ニキビの炎症を早く落ち着かせる作用やアレルギーによる肌荒れを落ち着かせる作用があります。
また、抹消血管を拡張して血流をよくする作用もあるため、お肌のターンオーバーを促してニキビや肌荒れを予防する効果もあります。

枳実(キジツ)

胃腸の調子を調える作用があり、便秘や下痢を解消してくれます。
便秘によるニキビの改善にも役立ちます。

荊芥(ケイガイ)

消炎作用があるため、炎症ニキビを落ち着かせる効果があります。
炎症しているところの熱を発散させ、炎症を早く治してくれます。

柴胡(サイコ)

炎症を鎮めて、余分な熱や毒を取り除く作用があります。
また、抗菌作用もあるため、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を減らし、ニキビの治りを早くする効果があります。

山梔子(サンシシ)

解熱作用、抗菌作用、抗炎症作用で、炎症や化膿が起きているニキビを早く鎮めてくれます。
ニキビの原因となるアクネ菌なども殺菌してくれるため、単に炎症を落ち着かせる作用だけより効果を発揮してくれます。

連翹(レンギョウ)

余分な熱をとって炎症を抑える効果があります。排膿を促す効果もあるため、炎症ニキビだけでなく化膿ニキビを鎮めたり、解毒作用でデトックスを促す効果もあります。

地黄(ジオウ)

熱をとる作用や、血行をよくしてホルモンバランスを整える作用があります。
ホルモンバランスの乱れからくるニキビの改善にも効果があります。

芍薬(シャクヤク)

血の巡りをよくし、熱をうまく循環させたり、ホルモンバランスを整える効果があります。
ホルモンバランスの乱れによるニキビを解消したり、お肌のターンオーバーをよくしてニキビをできにくくする効果があります。

川きゅう(センキュウ)

血の巡りをよくする作用があります。
体の上部に溜まった血液型を流したり、ホルモンバランスを整えたりする効果があります。

当帰(トウキ)

血の巡りをよくする作用があります。
また、お通じをよくする作用もあるため、便秘からくる肌荒れやニキビを予防する効果もあります。

薄荷(ハッカ)

薄荷には抹消血管を拡張して血行をよくする作用があります。
抹消血管を拡張することでお肌のターンオーバーに必要な酸素や栄養を届きやすくし、お肌の代謝をよくしてニキビやクスミを改善する効果があります。

白し(ビャクシ)

血流を改善して化膿しやすい体質を改善してくれる効果があります。

防風(ボウフウ)

身体の余分な熱を発散させ、炎症を抑える効果があります。
炎症に伴う腫れなどにも効果があります。

甘草(カンゾウ)

抗炎症作用や解熱作用、鎮痛作用があり、ニキビケア化粧品にもよく使われる人気の生薬です。

荊芥連翹湯の副作用

荊芥連翹湯は生薬からできているので薬ほど副作用は出にくいですが、体質によっては副作用が出ることもあります。
軽い副作用としては、胃の不快感や吐き気、下痢、お肌の発疹などですが、これらはしばらくすると落ち着くことがほとんどです。
もし気になった方は医師に相談しましょう。

また、ごく稀にですが思い副作用としてダルさや浮腫み、手足のしびれ、呼吸困難、発熱、皮膚や白目が黄色くなる、などの症状が出ることがあります。
これらの症状が出た場合は服用を中止して医師に相談しましょう。

荊芥連翹湯の飲み方

荊芥連翹湯は1日に2~3回食前または食間にお湯にといてゆっくり飲みます。
空腹時に飲んだ方が効果を実感しやすくなりますが、副作用として吐き気などがある場合は食後でも大丈夫です。
どうしても飲みづらい時はオブラートなどに包んで飲みましょう。

水分が少ないと胃を刺激してしまうので、たっぷりの水分と一緒に飲むのがおすすめです。

荊芥連翹湯の費用

荊芥連翹湯はドラッグストアなどで、24包(12日分)で3,000円です。
皮膚科などで処方してもらうと保険が適用されるので3割負担で購入できますが、診察代や皮膚科に通う手間もかかるので、忙しい方はドラッグストアなどでの購入もおすすめです。

ただ、初めて飲む場合は体質に合うか一度診てもらったほうがいいので、皮膚科を受診してみましょう。

このページの先頭へ