漢方でニキビ治療!ニキビに効くおすすめ漢方を体質別にご紹介

皮膚科のニキビ治療で使われる事が多い漢方。
体にはいいイメージですが、飲んだ事がない方はちょっと不安になりますよね。

そんな、ニキビ治療で使われる漢方の種類や、効果、副作用などご紹介していきたいと思います。

漢方

漢方がニキビに効く理由

漢方がニキビ治療に使われるのは、体質改善を目的としています。
直接炎症を抑えたり、ニキビを治してくれるような強い作用はないですが、血の巡りをよくしたり、ホルモンバランスを整えたりして、ニキビのできにくい体質作りをサポートしてくれます。

具体的には以下のようなニキビを治すのにとくに効果があります。

  • 赤く腫れたニキビ
  • 化膿して膿が溜まったニキビ
  • 繰り返しできる顎&フェイスラインニキビ
  • 炎症が強いニキビ
  • 生理前ニキビ
  • 背中のニキビやデコルテニキビ
  • お尻のニキビ
  • ニキビ跡

漢方の効果はどれくらいで出る?

漢方はお薬とは違い、体質改善を目的としているので、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットもあります。
早いと1週間くらいで効果が出てきますが、数ヶ月〜1年以上を目安に飲み続ける必要があります。

どうしても緊急で治したい場合は抗炎症剤や抗生物質なども一緒に処方してもらい、悪化したニキビを抑えたあと、漢方で体質改善していく、という方法もあるので、漢方を使いたいけど、今あるニキビをとりあえず落ち着かせたい、という時はお医者さんに相談してみましょう。

漢方の副作用

漢方はお薬とは違いますが、体質に合わないものを飲んでしまうと、副作用が出ることがあります。

とくに漢方では『証(しょう)』という3種類の体質によって、同じ症状でも飲む漢方が変わってきます。

この証の部分を間違えると、副作用が出やすくなります。

漢方はドラッグストアなどでも購入できますが、最初は皮膚科や漢方に詳しい先生がいるところで診てもらうほうが安心です。

3つの証

実証
筋肉や体力があり、ガッチリしている人
全体的に線が太く、抵抗力もしっかりある人

虚証
全体的に線が細く、体力や筋肉が少ない人
弱々しい、虚弱体質な人

中間証
実証と虚証の間で、中肉中背の人

皮膚科で処方してもらう漢方と市販の漢方

漢方を飲んでみたいな、という方が気になるのが、皮膚科で処方してもらう漢方と市販の漢方はどう違うのかということではないでしょうか。

管理人は皮膚科で漢方を処方してもらったことがありますが、ツムラの漢方で、市販のものと同じでした。
皮膚科や漢方外来で処方してもらったほうが成分が濃いという話もありますが、そんなに変わらないと思います。

通っていた皮膚科が遠く、だんだん通うのが億劫になり市販のものをしばらく飲みましたが、味や効果はほとんど変わりませんでした。

ただ、自分にどの漢方が合うのか分からない方は、1度皮膚科か漢方外来で診てもらったほうがいいと思います。

漢方は作用がゆっくりなので、副作用の出方もゆっくりな時があり、なんとなくニキビがよくなってない…むしろ悪化してる…?
と気づくまで時間がかかると、それまでの期間や費用がもったいないですしね。

また、副作用ではなく好転反応が出ることもあります。

体が毒を出そうとしてニキビが悪化したりするのですが、それが好転反応なのか副作用なのかも、自分だけではなかなか判断がつかないので、診てもらってると安心ですよね。

実証タイプの人におすすめのニキビに効く漢方

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

清上防風湯

清上防風湯は思春期のニキビ治療でよく使われる漢方です。
顔の熱を取って炎症を抑える作用があり、ニキビだけでなく赤ら顔の人にも向いています。

実証タイプの体力のある人に使われる漢方で、元気があって顔色がいい、顔に熱がこもって炎症やニキビを起こしている時に使われます。

生薬として12種類の生薬からできていて、熱を散らす作用のある防風、炎症を鎮める黄連、膿を排出する桔梗などが配合されています。

こんな人のニキビに向いている
  • 顔色自体はよく、赤みを帯びている
  • 筋肉や体力があり、顔が全体的に熱を帯びている
  • 炎症ニキビや化膿ニキビが多い
  • 思春期ニキビができる
こんな人は要注意

清上防風湯は実証タイプの方に向いている漢方なので、虚証タイプの人が飲むと、体が冷えて体調を崩してしまう可能性があります。

配合されている生薬
防風・薄荷・荊芥・連翹・黄連・黄ごん・山梔子・桔梗・川きゅう・白シ・枳実・甘草

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸は血の巡りが悪くなっている方によく使われる漢方です。
全身が冷えているというより、下半身が冷えて上半身に熱がこもっているタイプの冷えの解消に使われます。

血の巡りはそのまま熱の流れに直結するため、下半身は血の巡りが悪く、冷えや浮腫み、月経痛などが起きやすい、上半身はほてりやのぼせが起きやすく、炎症も起きやすい、そんなタイプのニキビ治療に有効です。

また、上半身に熱がこもると、水分が蒸発しやすく、お肌がカサカサで硬くなりやすいという特長もあり、そういったカサカサ肌のニキビ治療にも有効です。
証は実証タイプの人に向いています。

こんな人のニキビに向いている
  • 手足は冷たいのに顔がほてりやすい
  • 顔が乾燥しやすく、赤みがある
  • 月経不順、月経痛などが起きやすい
  • 肩こりや頭痛が起きやすい
こんな人は要注意

実証タイプの人向けなため、体力がない人や弱っている人には向きません。

配合されている生薬

桂皮・茯苓・芍薬・桃仁・牡丹皮

虚証タイプの人におすすめのニキビに効く漢方

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散

当帰芍薬散は虚証タイプの人のニキビ治療に使われる漢方です。
体力があまりなく、冷えやすい、疲れやすいという体質の方に向いていて、冷えやホルモンバランスの乱れからくるニキビの治療に向いています。

ニキビだけでなく、月経不順や月経異常、更年期障害、冷え性、浮腫みの改善などに使われることがあります。

こんな人のニキビに向いている
  • 手足や腰が冷えやすく、腹痛が起きやすい
  • ホルモンバランスが乱れ、フェイスラインにニキビができる
  • 生理前になるとニキビがひどくなる
こんな人は要注意

胃腸がとても弱く、吐き気や嘔吐、下痢などを起こしやすい方は慎重にし服用しましょう。

配合されている生薬
当帰・川きゅう・芍薬・蒼朮または白朮・沢瀉・茯苓

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散

加味逍遙散は、桂枝茯苓丸に似ていて、血流を改善することで上半身に溜まった熱を冷まし、冷えた下半身に熱を戻す作用があります。
桂枝茯苓丸と違うのは、桂枝茯苓丸は実証タイプの人向けなのに対し、加味逍遙散は虚証タイプの人向けです。

体力があまりない女性の方向けの漢方で、月経痛や月経不順、ホルモンバランスの乱れ、下半身の冷えや浮腫み、イライラや不眠、更年期障害、自律神経失調症に悩んでいる方によく処方されます。

こんな人のニキビに向いている

  • ホルモンバランスを崩しやすく、月経痛や月経不順が起きる
  • 炎症を伴うニキビやニキビ跡ができやすく、赤みが引きにくい
  • 下半身が冷えやすく浮腫みがある
  • 疲れやすくイライラしたり不安感が起きることがよくある
  • 生理前ニキビが繰り返しできる
こんな人は要注意

加味逍遙散は、体力や筋力があり熱を作り出す力が強い実証タイプの人には向いていません。

配合されている生薬
柴胡・芍薬・蒼朮・当帰・茯苓・山梔子・牡丹皮・甘草・生姜・薄荷

中間証タイプの人におすすめのニキビに効く漢方

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

十味敗毒湯

十味敗毒湯は名前のとおり10種の生薬からなる漢方で、毒素を体外に排出する作用があります。
アレルギー性皮膚炎や蕁麻疹などが出やすい体質の方に向いていて、証は中間証の人に向いています。

ニキビが炎症したり化膿しやすい方のニキビ治療に使われることがあり、皮膚の赤みや痒みを発散し、化膿を抑える作用があります。
顔だけでなく、背中やお尻のニキビの治療にも使われます。

こんな人のニキビ治療に向いている
  • アレルギー性皮膚炎や蕁麻疹が出やすい
  • お肌が化膿しやすい
  • 疲れやすく体が冷えやすい
  • 疲れを感じやすい
こんな人は要注意

便秘の人が飲むとかえってニキビが悪化することがあります。
また、胃腸の弱い人は慎重に飲むようにしましょう。

配合されている生薬
荊芥・防風・柴胡・桔梗・川きゅう・茯苓・甘草・生姜・樸そく・独活

排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

排膿散及湯

排膿散及湯は思春期ニキビや大人ニキビの治療に使われることがある漢方で、お肌の熱や膿を排出しやすくし、炎症を抑えて炎症ニキビや化膿ニキビを落ち着かせる作用があります。
化膿性の皮膚病のほか、歯肉炎や歯槽膿漏などの治療にも用いられます。

証は中間証の人向けですが、あまり体質に関係なく使用できるため、積極的に処方している皮膚科もあります。

こんな人のニキビ治療に向いている
  • 炎症や化膿を起こしやすい
  • 赤く腫れたニキビができやすいけど、抗生物質は飲みたくない
こんな人は要注意

敏感肌の方はまれに皮膚に赤みや痒みが起こることがあるので、医師に相談して服用しましょう。

配合されている生薬
桔梗・枳実・芍薬・大棗・生姜・甘草

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

荊芥連翹湯

荊芥連翹湯は赤みをともなうニキビができやすい人によく処方される漢方で、肌が浅黒く血行が悪い人のニキビ治療に向いています。
体の余分な熱を発散させて、炎症を落ち着かせる作用があります。

また、ホルモンバランスを整えたり血液の循環をよくしてお肌のターンオーバーを促す作用などもあります。

腸が乾燥して便秘になっている場合、腸の潤いを取り戻してぜん動運動を促し、便秘を解消する効果もあるので、便秘によるニキビに悩んでいる人にも向いています。

証は中間証の人に向いています。

こんな人のニキビ治療に向いている
  • 肌が浅黒く血行が悪い
  • 炎症をともなうニキビができやすい
  • 便が硬く、便秘しやすい
  • 手足の裏に汗をかきやすい
こんな人は要注意

荊芥連翹湯は比較的体力のある中間証の人に向いています。
そのため、貧血気味や虚弱体質、胃腸が弱く冷えやすいといった虚証体質の方には向いていなく、副作用などが出やすいので注意しましょう。

配合されている生薬
黄ごん・黄柏・黄連・桔梗・枳実・荊芥・柴胡・山梔子・地黄・芍薬・川きゅう・当帰・薄荷・白し・防風・連翹・甘草

漢方は色々飲んでいい?

気になる漢方がいくつかあるから、2種類以上飲みたい、という方もいますよね。
しかし漢方は、基本的には1種類しか飲まないほうがいいです

というのも、同じ生薬が入っていると体に負担がかかってしまいますし、効果を打ち消しあうものが入っていることもあるので、2種類以上は飲まないほうがいいんですね。

どうしてもという方は、漢方外来などでオリジナルの漢方を配合してもらうこともできます。
お値段は高めになりますが、ほしい効果が色々ある場合は一度漢方外来で相談してみましょう。

管理人の漢方体験談

管理人も昔、ニキビ治療で漢方を飲んだことがあります。
家から2時間半もかかる皮膚科に通っていたことがあり、そこで漢方を勧められました。

その時は清情防風湯を飲んでいました。
8ヶ月くらい飲んで、最初の1〜2ヶ月はほとんど効果がなく、3ヶ月目くらいからニキビが少し引いていきました。

ただ、全く出来ないというわけではなく、多少出来にくくなったかな?という感じです。
やめてしまった理由は、

  • お金をかけてる割に思ったような効果が得られなかったこと
  • 胸のハリが強くなったこと

です。

当時学生だったこともあり、毎月漢方を購入するのは安くはなかったので、同じ金額かけるなら別のことをしたいな…と思ってやめました。
あとは、ホルモンバランスが変わるのか、胸のハリが強くなって、サイズアップしたのは嬉しかったんですが(笑)、ハリが強くて痛い日が増えたので、こわくてやめてしまいました…

今思うと、当時のニキビの原因はクレンジングと洗顔、食生活にあったので、クレンジングや洗顔、食生活がそこそこ正しくできていれば、漢方の効きも全然違ったと思います。

当時は毎日お菓子を食べていたし、甘いコーヒーや菓子パンも好きでした。
クレンジングもオイルを使ってさらにピーリング石鹸とか使っていたので、お肌はボロボロだったと思います…そんな状態で漢方を使っても、ニキビはよくなりませんよね…

なので、漢方でニキビを治したいと思っている方は、まずはクレンジングや洗顔、食生活を見直してみてほしいです。
それでもある程度きちんとやってるし、ニキビ以外にも冷えやホルモンバランスの乱れ、浮腫み、ほてりなどが気になるから、合わせて体質改善していきたい、という方は、漢方はとてもおすすめです。

効果を実感するまでに少し時間がかかりますが、長期的に飲んでいくことで体質改善されていくので、ニキビができにくくなります。
ニキビを治す!というより、ニキビのできにくい体づくりというイメージですかね

体質に合うとかなり効果も実感できるらしいので、気になった方は薬局や漢方外来、皮膚科などで相談してみてくださいね。

記事一覧

清情防風湯

清上防風湯はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
加味逍遥散

加味逍遙散はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
当帰芍薬散

当帰芍薬散はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
十味敗毒湯

十味排毒湯はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
排膿散及湯

排膿散及湯はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・
荊芥連翹湯

荊芥連翹湯はどんなニキビに効く?副作用や飲み方など

皮膚科のニキビ治療で使われることのある漢方。 薬よりも作用が穏やかですし、ニキビを治すというより体質を改善して・・・

このページの先頭へ