イオン導入でにニキビのできにくい肌作り!効果や費用、家庭用との違い

皮膚科のニキビ治療で使われることがあるイオン導入。

イオン導入する成分によってはニキビだけでなくニキビ跡、シミ、シワなどにも効果があるとされ、最近では家庭用のイオン導入器も人気があります。

そんなイオン導入について、ニキビへの効果、どんな成分をイオン導入するのがいいのか、費用、家庭用のイオン導入器との違いなどご紹介したいと思います。

イオン導入

イオン導入とは

イオン導入とは、微弱の電流を流すことで、化粧水や美容液が入っていけないお肌の奥まで成分を浸透させる治療法です。

お肌はなんでもかんでも吸収していたら大変なことになるので、バリア機能が張られています。
そのため、化粧水や美容液の成分というのはお肌の表面にしか浸透することはできないんです。

それを、微弱の電流を流すことでバリア機能をゆるめ、普段は浸透しないとこまで成分を浸透させることで、ニキビやシミ、シワなどの肌トラブルを改善する効果があるんです。

ただ、ニキビ治療に関してはイオン導入単体で行われることはほとんどなく、ケミカルピーリングとセットで行われることが多いです
ケミカルピーリングで古い角質を剥がしていると、より成分が浸透しやすいので、ケミカルピーリングをした後イオン導入をして、ニキビを改善していくパターンが多いですね。

イオン導入で導入する成分

ではイオン導入で導入する成分にはどういったものがあるでしょうか。ニキビ治療というジャンルのみですがご紹介します。

ビタミンC

最も王道のイオン導入がビタミンCです。
ビタミンCには様々な効果があり、

  • 活性酸素を取り除いて炎症ニキビを治す
  • コラーゲンの生成を促してハリをアップ&保水力をアップしてお肌の潤いを取り戻す
  • 色素沈着ニキビ跡を薄くする
  • 抗酸化作用により、シミやシワを改善する
  • 皮脂の過剰分泌を抑えて、毛穴詰まりやニキビを予防する

といった、ニキビだけでなく美肌全般に効果のあるのがビタミンCです。
とくに、皮脂の過剰分泌を抑えることで初期段階のニキビの予防にもなりますし、すでにできてしまった炎症ニキビを抑える効果、色素沈着を起こしてしまったニキビ跡、このすべてに効果があるため、とても人気があります。

トラネキサム酸

美白効果の強いトラネキサム酸は、効果としては

  • 色素沈着ニキビ跡を薄くする
  • シミを薄くする
  • 炎症を抑える作用でニキビの炎症を抑える
  • お肌のハリをアップし、毛穴を目立たなくする

といった効果があります。
おもに色素沈着ニキビ跡やシミなどの美白効果を目的として使われるため、現在ニキビに悩んでいる方より、ニキビが落ち着いてきて、ニキビ跡を薄くしたいという方に向いています。

プラセンタ

プラセンタは美肌全般にも効果がある成分で、

  • お肌のコラーゲンやエラスチンを増やしてハリをアップし、シワやタルミを改善する
  • お肌のハリがアップすることで毛穴が目立たなくなる
  • 活性酸素を除去する効果があり、炎症ニキビを落ち着かせる
  • 美白効果で色素沈着ニキビ跡を改善する

といったことが期待できます。
メインはお肌のハリをアップする効果なので、ニキビも改善したいけど、シワやタルミが気になる、毛穴が開いてたるんできているのが気になる、という方におすすめです。

イオン導入の費用は?

イオン導入をクリニックや皮膚科で行う場合、導入する成分によって費用が変わってきます。

ビタミンC
2,000円〜5,000円。

トラネキサム酸
5,000円〜10,000円。

プラセンタ
5,000円〜10,000円。

ビタミンCは比較的安く受けられるので、ビタミンCが人気の理由はそこにもあるんですね。

イオン導入の頻度

皮膚科でイオン導入を行う場合、1〜2週間に1回のペースで行うことが推奨されている場合が多いです。
このペースで行うとなると、やはりトラネキサム酸やプラセンタはそこそこいいお値段してしまいますよね。

この費用を抑えるために家庭用のイオン導入器を検討されてる方もいらっしゃるかと思いますが、皮膚科で受けるのと家庭用のとではどう違うのでしょうか。

家庭用イオン導入器との違い

家庭用イオン導入器との違いは、ズバリ電流の強さになります。
微弱な電流ではありますが、その中でも電流が強いほど、お肌への浸透率や浸透の深さがよくなります。

しかし家庭用のイオン導入器だと素人が使うものなので、MAXでもそこまで強い電流が流れないようになっています。

そのため、家庭用だと一度買ってしまえばあまりお値段気にせず気軽に行えますが、その分効果は弱くなってしまうんですね。

皮膚科と家庭用どっちがいい?

では皮膚科と家庭用どっちがいいのかというと、実はニキビ治療に関してはそこまで差はありません

ニキビができている原因にもよりますが、ほとんどの理由は間違った洗顔やクレンジングでお肌を傷めていたり、食生活の乱れだったりします。
その根本的な原因を解決しないままイオン導入をしても、ニキビが劇的によくなるということはないんですね。

あくまでニキビができにくい肌作りのサポート、という感じで、皮膚科で行う時もケミカルピーリングと一緒に行われることがほとんどなので、イオン導入単体でする分にはこれだけでニキビを治していくのは難しい…という感じです

ただ、美肌効果はありますし、続けていくことでお肌のキメが整ったり、ニキビ跡が早く改善されるというメリットもあるので、まずは皮膚科で1度受けてみて、よさそうなら家庭用イオン導入器も検討する、という順番でもいいかもしれません。

効果は皮膚科で受けるほうが高いですが、お値段と相談してみましょう。

このページの先頭へ