スタデルムクリームでニキビは完治できない!効果や副作用

スタデルムクリームは皮膚科のニキビ治療で処方されることのある外用薬で、保険のきくお薬です。

直接お肌に塗るものなので、はじめて処方された時は本当にニキビに効くのか、副作用はないのか、ニキビが悪化したりしないのかなど気になりますよね。

そこで、スタデルムクリームの効果や副作用、費用、使い方などご紹介していきたいと思います。

スタデルムクリーム

スタデルムクリームとは

スタデルムクリームとは、抗炎症剤の外用薬の一つで、非ステロイド系なのでステロイドが使いにくい顔などにも使えることから、ニキビの治療にも使われることがあります。
ステロイドが入っていないので効果は緩やかですが、副作用も少なく安心して使えます。

スタデルムクリームの主成分はイブプロフェンピコノールという成分で、このイブプロフェンピコノールは炎症を落ち着かせる作用があります。

ニキビだけでなく、アトピー性の皮膚炎や接触皮膚炎などの治療でも用いられます。

スタデルムクリームのニキビへの効果

スタデルムクリームは、ニキビの炎症を早く落ち着かせ、治りを早くする効果があります。

ニキビの始まりは毛穴に皮脂が詰まるところから始まります。
毛穴に皮脂が詰まると、アクネ菌が集まってきてアクネ菌は皮脂を栄養にして増殖します。
このアクネ菌が皮脂を食べる時にでる物質が毛穴を傷付けて炎症を起こし、炎症ニキビに発展します。

そしてこの炎症が起きているところに黄色ブドウ球菌が集まってきて、化膿ニキビへと悪化していきます。

スタデルムクリームは、そんな炎症ニキビや化膿ニキビが悪化するのを防ぐ効果があります。

また、ニキビが一度炎症を起こしてしまうと、ニキビの中が出ても炎症がおさまるまでに時間がかかります。
ニキビの凹凸がなくなっても、お肌に赤くニキビ跡が残ることが多いですが、それはお肌の奥でまだ炎症が起きているからです。

ニキビがたくさんできると、ニキビと赤いニキビ跡でお肌が赤くなってしまいますが、スタデルムクリームはその赤くなったニキビ跡の治りを早くする効果もあります。

スタデルムクリームの副作用

スタデルムクリームは非ステロイドのお薬なので副作用が出ることはあまりありませんが、お肌の赤みや痒みが出ることがあります。
また、まれにアナフィラキシーショックや水ぶくれなどの重い副作用が出ることがあるので、これらの症状が出た場合は医師に相談しましょう。

妊娠中もしくは授乳中の方、アスピリンぜん息の経歴がある方や気管支ぜん息の方は注意が必要なので、あらかじめ医師に相談しておきましょう。

スタデルムクリームの使い方

スタデルムクリームは1日2回、洗顔の後にニキビに塗ります
普段スキンケアをしている方はスキンケア後に塗りましょう。
綿棒などにとって、ニキビやニキビ跡だけに塗るようにし、目の周りは避けるようにしましょう。
まずは1週間使用してみて、全く効果がなければ医師に相談しましょう。

スタデルムクリームの費用

スタデルムクリームの薬価は1gあたり約20円です。
10g入りで200円ですね。

スタデルムクリームだけではニキビは完治できない

スタデルムクリームはニキビの炎症を早く落ち着かせて治りを早くする効果がありますが、これだけではニキビを完治することはできません
あくまでできてしまったニキビに使うお薬なので、ニキビの予防にもなりません

ニキビを根本的に完治させるためには、毛穴に皮脂を詰まらせないことが大切です。
そのためには、洗顔や食生活をしっかり見直す必要があります。

管理人自身も間違った洗顔が原因で10年もニキビに悩まされてきました。
自分では正しいと思っていた洗顔が実は間違っていたので、洗顔を見直すことは本当に大切です。

もし何をやってもニキビが治らない、という方は洗顔や食生活を一度見直してみましょう。

このページの先頭へ