ケミカルピーリングでよくなるニキビと悪化するニキビ、副作用や費用など

皮膚科のニキビ治療としても有名なケミカルピーリング。
皮膚科で受けられる治療としてはかなりメジャーですよね。

それだけ効果があるということでもありますが、一方で効果がなかった、ニキビが悪化したという声もあります。

ケミカルピーリングは実際にはニキビにはいいのでしょうか、それとも悪化させてしまうのでしょうか。

それにはお肌の状態をしっかり見極める必要があるんです。

そこで、ケミカルピーリングの仕組みや種類、ケミカルピーリングで治る種類のニキビや悪化する種類のニキビについてご紹介したいと思います。

ピーリング

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、専用の酸性の薬剤を使いお肌の古い角質や毛穴に詰まった角栓などを溶かすものです。

お肌についている余分な角質を剥がすことで、お肌の代謝がよくなり、シミやシワ、タルミなどに効果がありますし、毛穴の角栓を溶かすことでニキビの予防にもなります。

古い角質がお肌についているままだと、それが毛穴も一緒に塞いで毛穴詰まりを起こし、ニキビへと発展してしまうため、ケミカルピーリングはニキビ治療でもよく使われるんですね。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングには以下のような効果があります。

  • 古い角質を剥がし、お肌のターンオーバーを促す
  • 皮脂の分泌を一時的に抑える
  • 毛穴に詰まった角栓を溶かし、毛穴詰まりを解消する
  • ターンオーバーを促すことでシミや色素沈着ニキビ跡を薄くする
  • お肌の真皮層に働きかけコラーゲンの生成を促す

ニキビ跡にも有効

ケミカルピーリングはニキビ跡の治療にも有効と言われています。
ニキビ跡は大きく分けて、シミのように色素沈着してしまったものと、クレーターのように凹凸に残ってしまったものがありますよね。

色素沈着タイプのニキビ跡はピーリングでお肌のターンオーバーを促すことで治りを早くする効果があります。

クレーター状のニキビ跡は、ピーリングによってコラーゲンの生成が促されるため、お肌のハリがアップし、目立たなくなっていきます。

ケミカルピーリングの種類

ピーリング

ケミカルピーリングに使われる薬剤にはいくつか種類があり、この種類によって作用の強さなどが変わってきます。

サリチル酸マクロゴール

美容皮膚科やクリニックでも人気があるのがサリチル酸マクロゴールです。
サリチル酸マクロゴールは、サリチル酸というピーリング効果のある成分を、マクロゴールという成分で溶いたものです。

サリチル酸はお肌への浸透率が高くとても効果が高いのですが、その分ヒリヒリ感や赤み、乾燥などの副作用が強いというデメリットがありました。
それをマクロゴールという成分で溶くことで、程よい浸透率になり、ピーリングの効果はしっかり保ちつつ、副作用が出にくいピーリング剤になるんですね。

サリチル酸はエタノールで溶いたサリチル酸エタノールというピーリング剤もありますが、こちらはサリチル酸の作用が強く副作用が出やすいので、あまりおすすめできません。

グリコール酸

グリコール酸のピーリングもサリチル酸マクロゴールと同じように人気があり、リンゴやブドウ、パイナップルにどのフルーツなどからもとれる酸のためフルーツ酸とも呼ばれます。

水に溶けやすく粒子も細かいため、お肌への浸透率が高く、真皮層まで浸透するので、コラーゲンの生成を促す効果もあります。

ただ、浸透率が高いということはその分お肌への負担も大きく、炎症や乾燥、痛みなどの副作用も出やすいです。

ひどいと水ぶくれのようになりかえってお肌のトラブルを招いてしまうので、お肌が弱い方は濃度を下げて使用する必要があります。

トリクロロ酢酸

トリクロロ酢酸はかなり強い酸性のピーリング剤で、お肌に軽い火傷を起こします

この火傷が治る過程でお肌をキレイにしていきますが、かなり刺激が強いので、お肌全体というより部分的に使われることがほとんどです。
とくにクレーター状のニキビ跡の治療に使われることが多く、お肌のへこんだ部分にあえてキズをつけることで、お肌の自然治癒力を高めてへこんだ部分を盛り上がらせ、ニキビ跡を目立たなくしていきます。

治療中はお肌に火傷が起きるので、見た目が一時的に悪化しますが、それを耐えきればかなり効果が期待できます。

ピーリングの手順

では実際に皮膚科でピーリングを行なうときは、どのような手順で行われるのでしょうか。

  1. メイクやスキンケア用品を落としてスッピンの状態になります。
  2. ピーリング剤の濃度を調整し、お肌に乗せ、適切な時間そのままにしてお肌に浸透させます。サリチル酸マクロゴールなどのピーリングは3分程度の事が多いです。
  3. アルカリ性の液体を含んだコットンで拭き取りつつ酸を中和し、お肌をキレイにしていきます。

だいたいがこの流れで、2のピーリング剤を塗布した時点でピリピリ感や痒みが出始めますが、これはお肌の中に酸が浸透し始めている証拠です。
あまりに痛かったり痒い場合は、施術を担当してくれている方に相談しましょう。

ピーリングの副作用

ピーリングは酸の強さによっても変わりますが、だいたい副作用が出ます。

どのピーリング剤でもよく出る副作用は、乾燥やピリピリ感、赤み、痒みなどです。

お肌が古い角質を溶かしている証拠ではありますが、あまりに副作用が強い場合は医師に相談しましょう。

また、サリチル酸マクロゴール→グリコール酸→トリクロロ酢酸の順番で酸が強くなっていくので、この酸が強くなるほど副作用が出やすくなります。

ピーリングの酸の濃度によっても変わるので、副作用が心配な方は最初に相談し、濃度を下げてもらったり、サリチル酸マクロゴールからスタートするのがおすすめです。

ピーリングの費用

ピーリングは保険が適用されないので、全額自己負担になります。
だいたい1回あたり約10,000円〜15,000円のところが多です。

1〜2ヶ月に1回のペースで定期的に通う必要があり、ニキビの状態にもよりますが、5〜10回通う必要があるので、10万円以上かかることもあります。

ケミカルピーリングでニキビが悪化する理由

ケミカルピーリングをして、ニキビが悪化した、お肌がボロボロになったという口コミもあります。
それはどうしてでしょうか。

1つは薬剤が強く、お肌が炎症を起こしたり赤くなってしまうということがありますが、もう1つは、ターンオーバーが早まっている状態でピーリングを使用したということが考えられます。

ピーリングの作用はお肌の古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促す効果があります。

しかし、それはターンオーバーが遅れている時には有効ですが、ターンオーバーが早まってニキビができている時には逆効果なんです。

ターンオーバーが早まることなんてあるの?と思いますが、今は朝晩の洗顔やクレンジング、過剰なスキンケアによってターンオーバーが早まっている人はけっこう多いんです。

詳しくはこちらで紹介していますが↓
ターンオーバーが早いと乾燥、ニキビ、肌荒れが起きる
ターンオーバーが早まると、未熟な細胞がむき出しになり、バリア機能が低下して肌荒れやニキビの原因になりますし、保水力がないので乾燥したり、お肌がゴワゴワする原因にもなってしまうんです。

そのため、その状態でニキビができている方は、ピーリングをすることでさらにターンオーバーが早まり、ニキビが悪化したり、バリア機能が低下しているところに酸性のピーリング剤を乗せるので、肌荒れの原因になってしまうんですね。

そのため、ピーリングでニキビがよくなるのかニキビが悪化するのかは、今のニキビがターンオーバーの遅れによるものなのか、逆に早まっていることによるものなのかをきちんと見極める必要があります。

ターンオーバーが早まっているお肌の特徴

ターンオーバーが早まっているお肌の特徴は、

お肌が敏感でトラブルを起こしやすい、乾燥肌もしくは乾燥による皮脂過剰が起きやすい、毛穴が開いている、透明感がない、肌ムラがある

などがあります。

普段からクレンジング、洗顔料を使ってしっかり洗顔している方、角質ケアをしている方、拭き取り化粧水などを使用している方、ピーリング石けんを使っている方は、ターンオーバーが早まっている可能性があるので、ケミカルピーリングをするかどうかは慎重に見極めましょう。

管理人のピーリング体験談

管理人も昔、皮膚科でケミカルピーリングを受けたことがあります。
そのときはまだ高校生で、当時は皮脂の分泌量も多く毛穴の詰まりも気になっていたので、朝晩ピーリング石けんを使って洗顔をしていました。

高校生というと、まだまだターンオーバーが遅くなるようなことは滅多にないのに、てっきりターンオーバーが遅れてニキビができているのかと思って、朝晩せっせと洗顔し、週1回はそのピーリング石けんを泡立てたものを1分くらいお肌に乗せて泡パックまでしていました。

今思うとかなりお肌を痛めつけていましたが、それには気がつかず、さらにピーリングを5回ほど受けました。

結果は、お肌が赤く炎症を起こしただけで、むしろニキビが悪化してしまいました
当然ですが…

なので、ケミカルピーリングを受けたい方はまずは自分でお肌の状態をしっかり確認しましょう。

管理人が通った皮膚科は田舎の小さな病院だったのもあって、お肌のターンオーバーが早まっているかどうかまれは見てくれませんでしたし、特に詳しい相談や診断があったわけではなく、ニキビがある→じゃあピーリングしましょう、という感じでした。
もちろんお医者さんが悪いわけではないですがね!

自分でしっかり確認しておかないと、よかれと思ってやったケミカルピーリングでニキビが悪化してしまうかもしれないです。
せっかく10万円近くの大金を使ったのにニキビが悪化してしまったら悲しいですよね。

そのためにも、ターンオーバーが早まってニキビができているのか、遅くなってニキビができているのか、ケミカルピーリングをする前にお肌を観察してみましょう。

このページの先頭へ