過酸化ベンゾイルでニキビ治療!効果や副作用、使い方など

過酸化ベンゾイルは海外では昔からニキビ治療に使われていた成分ですが、日本では2015年の4月から認可され保険適用となった、ニキビ新薬になります。

そんな過酸化ベンゾイルが配合されたニキビ役や、過酸化ベンゾイルの効果や副作用、使用する上での注意点となどご紹介ですしたいと思います。

過酸化ベンゾイル

過酸化ベンゾイルの効果

過酸化ベンゾイルはニキビに対して2つの効果があります。

効果1.アクネ菌を雑菌

効果の1つめは、アクネ菌を雑菌することです。

過酸化ベンゾイルをお肌に塗布すると、フリーラジカル(活性酸素)を発生させ、このフリーラジカルがアクネ菌を殺菌します。

アクネ菌はもともとお肌にいる常在菌ですが、毛穴に詰まった皮脂が大好物で、皮脂が詰まっているとワラワラと集まってきて皮脂を食べて繁殖します。
このアクネ菌が皮脂を食べた時に出る物質が毛穴に炎症を引き起こしニキビが悪化していくのですが、アクネ菌を殺菌することで炎症のおさまりを早くし、ニキビを治りやすくしてくれます。

アクネ菌を殺してもニキビは治らない?アクネ菌とニキビの関係

また、まだアクネ菌が繁殖していない白ニキビや黒ニキビが、炎症ニキビへと悪化するのを防ぐ効果もあります。

効果2.ピーリング作用

過酸化ベンゾイルには、お肌の角質を剥がしてくれるピーリング作用があります。
それによって毛穴の詰まりが起きにくくなるだけでなく、過酸化ベンゾイルの成分が毛穴の奥まで届きやすくしてくれる効果があります。

アクネ菌は酸素が嫌いで湿ったところが好きなので、毛穴の奥にいることが多く、毛穴が角質で詰まっていると成分がなかなかアクネ菌まで浸透しません。
このピーリング作用によって過酸化ベンゾイルがアクネ菌をしっかり殺菌しやすくなるんですね。

耐性ができないのも◎

ニキビ治療でよく使われる抗生物質ですが、抗生物質には耐性があり、しばらく使っているとアクネ菌が形を変えて薬が効かなくなってしまうんです。
1度耐性ができてしまうと2度と同じ薬が使えなくなってしまうので、抗生物質は長期間使用できないのが難点でした。

対して過酸化ベンゾイルは耐性がなく、長期間使用できるというのもニキビ治療におけるメリットです。

過酸化ベンゾイルが配合されたニキビ薬の名前

過酸化ベンゾイルが配合されたニキビ薬は、日本では

  • ベピオゲル
  • デュアック配合ゲル

などがあります。

アメリカのプロアクティブにもこの過酸化ベンゾイルが配合されていますが、日本のプロアクティブには配合されてないんですね。
ただ日本でも認可がおりたので、これからニキビケア商品に過酸化ベンゾイルが色々と使われることもあるかもしれないですね。

ベピオゲルやデュアック配合ゲルは処方箋がないと購入できないお薬なので、1度皮膚科などを受診して処方箋をもらうようにしましょう。

ベピオゲル

べピオゲル

薬価は1gあたり約120円。10g入りで1,200円、保険がきいて360円ですね。

デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲル

薬価は1gあたり約157円。10g入りで1570円、保険がきいて471円ですね。

効果が出るまでの期間

過酸化ベンゾイルの効果が出るまでの期間は、だいたい2週間〜1ヶ月、長いとそれ以上になります。
即効性があるものではなく、使い続けることでニキビができにくくなるので、根気よく使う必要がありそうですね。

過酸化ベンゾイルの副作用

副作用は、乾燥やヒリヒリ感、赤み、痒みなどがあります。
ピーリング作用はサリチル酸よりも強いので、サリチル酸を含んだ化粧品で副作用が出た方は慎重に使いましょう。

サリチル酸配合の化粧品ブランド
プロアクティブ、NOV-AC ACTIVE、DHCアクネ、ファーストクラッシュなど…

副作用は2週間〜1ヶ月程度で落ち着きますが、お肌の赤みが増してニキビが一時的に悪化したように感じます。
この時に使用をやめてしまうと効果が得られませんが、5%未満ではありますがアレルギー症状として赤みや痒みが出ることがあるので、気になった方は医師に相談しましょう。

副作用がひどい時は、使用する回数を減らしたり、量を減らして様子を見ましょう。

ベピオゲルやデュアック配合ゲルの使い方

過酸化ベンゾイルが配合されたベピオゲルやデュアック配合ゲルは、1日1回、洗顔してスキンケア後に患部に塗ります
紫外線に当たるとシミなどの原因になるため、夜の洗顔後が望ましいです。

副作用の乾燥やヒリヒリ感が強い方は、いつもより念入りに保湿し、それでもひどい方はヴァセリンなどのクリームを塗った後ベピオゲルやデュアック配合ゲルを塗ると和らぎます。

過酸化ベンゾイルには漂白作用もあるため、服やタオルに付くと色が抜けてしまう場合があります。
使用の際には顔以外につかないように注意しましょう。

このページの先頭へ