ミノマイシンは一時的にしか使えない!ニキビへの効果や副作用

皮膚科のニキビ治療で処方されることのあるミノマイシン。
はじめて処方された時は、いったいどんな効果があるのか、副作用はないのか、ニキビが悪化したりしないのか、といったことが不安になりますよね。

そこで、ミノマイシンのニキビへの効果や、副作用などご紹介したいと思います。

ミノマイシン

ミノマイシンとは?

ミノマイシンとは、『塩酸ミノサイクリン』という有効成分を配合した抗生物質で、細菌が増殖する時に必要なタンパク質の合成を妨害する作用があります
細菌が体内に入ると、本来なら細胞に送られる栄養を横取りして繁殖していきます。

ミノマイシンは、その細菌の栄養となるタンパク質の合成を防いでくれるため、細菌が繁殖するのを防ぐ効果があります。

細菌は繁殖できなくなって次第に数を減らしていきます。

そのため、細菌を殺すと言うより、数を減らして落ち着かせる効果があるお薬なんですね。

ミノマイシンは様々な細菌に対して効果があるため、ニキビ治療だけでなく風邪や気管支炎、膀胱炎、口内炎、歯肉炎などの治療にも使え、医師からもよく処方されます。

錠剤タイプ、カプセルタイプ、顆粒状タイプがありますが、どれも効果は変わりません。

ミノマイシンのニキビへの効果

ミノマイシンはニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌の繁殖を抑え、ニキビの炎症や化膿を落ち着かせる効果があります。
ニキビができる過程はこちらでご紹介していますが、まずは毛穴に皮脂が詰まるところから始まります。
そこにアクネ菌が集まってきて、アクネ菌が出す物質で毛穴が炎症を起こしてニキビが悪化していきます。
アクネ菌はもともとお肌にいる常在菌ですが、毛穴に詰まった皮脂が大好きで、繁殖すると炎症ニキビの原因になってしまいます。

炎症が悪化すると黄色ブドウ球菌が繁殖して化膿ニキビへと悪化していきますが、ニキビが1つや2つの時はそっとしておけば次第におさまっていきます。
しかしニキビが重症化していくと、ちょっとしたことでアクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい状態となって、ニキビがどんどんできてしまいます。

この状態を落ち着かせるのがミノマイシンです。
ミノマイシンを飲むことで、お肌に繁殖しまくったアクネ菌などを減らして、ニキビを落ち着かせることができます。

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンは体に入ってきた悪い菌の繁殖を抑制する効果もありますが、体にいる良い菌の繁殖も同時に抑えてしまいます
そのため腸内の善玉菌も減らしてしまい、下痢便秘などの副作用が出ることがあります。
他に、長期間服用することで、めまい頭痛肝機能障害などの副作用が出ることがあります。

ニキビの治療では長期間服用することはほとんどないため、あまり重い副作用が出ることはありませんが、心配な方は医師に相談しておきましょう。

耐菌性に要注意

ミノマイシンを服用する上で注意しないといけないのが、耐菌性です。

ミノマイシンなどの抗生物質を長期間服用すると、細菌は形を少し変えてミノマイシンが効かないように変化してしまいます。
しかも一度こうなってしまうと、ミノマイシンは二度と効かなくなってしまうため、次は違う抗生物質を使わないといけなくなってしまいます。

そのため、ミノマイシンは長期間は服用することができません。
だいたい処方されたとしても2週間~1ヵ月なので心配いりませんが、長期間使ってニキビ治療することができないので、抗生物質でニキビを抑えたあとは別の方法で治療していく必要があります。

皮膚科では、ダラシンTゲルやディフェリンゲルなどの外用薬を使ってニキビを治療していく方法がよく用いられます。

ミノマイシンの飲み方

ミノマイシンは1日に1回、もしくは2回、2錠~4錠服用します。
24時間体制でミノマイシンを服用しておくことが大切なんですね。

早く治したいからといって多く飲んだりしても効果が強まるわけではないので、用法用量を守りましょう。

乳製品に注意

ミノマイシンを飲む時は、牛乳やヨーグルトと一緒に服用するのは控えましょう。
牛乳やヨーグルトに含まれるカルシウムと結合して、薬の効果がさがってしまいます。
また、マグネシウムとも結合してしまうため、アーモンドやピーナッツ、コントレックスなどの硬水なども要注意です。

もし牛乳やヨーグルトを飲む場合、2時間以上あけるようにしましょう。

ミノマイシンの費用

ミノマイシンの1錠あたりの薬価は約50円、1日2錠1ヵ月分の処方で3,000円、保険適用されて1,000円程度です。

1日4錠だとすると2,000円ほどかかります。

ミノマイシンでニキビは完治できない

ミノマイシンはニキビにとても効果のある薬ですが、長期服用することはできません
また、アクネ菌や黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることはできますが、ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まることです。

そのため、ミノマイシンで菌を抑えることはできても、ニキビの根本的な治療にはなりません

ニキビを根本的に治療するには、皮脂が詰まるのを解消する必要があります。

ただ、一時的にニキビが重症化したり、とりあえずニキビを落ち着かせて、その間に根本的にニキビ治療をしていく、という時にはとても有効な薬なので、おすすめです。

このページの先頭へ