クラビット錠でニキビは完治できない?効果や副作用

クラビット錠は皮膚科のニキビ治療で処方されることがありますが、はじめて処方されたときは、ニキビにちゃんと効くのか、副作用はないのか、ニキビが悪化しないのかなど気になりますよね。

そこで、クラビット錠の効果や副作用、費用などについてご紹介したいと思います。

クラビット錠

クラビット錠とは

クラビット錠はレボフロキサシンというニューキノロン系の抗生物質で、ニキビ治療だけでなく色々な治療に使われます。

抗生物質とは、菌の繁殖を抑えるための薬で、体内に入った細菌やウイルスの繁殖を抑えて、症状を抑える効果があります。
抗生物質の中でも抗菌力が強いため、様々な病気の治療に使われます。

ニキビ治療以外には、気管支炎や肺炎、腎盂腎炎、膀胱炎、中耳炎などの治療に使われます。

クラビット錠のニキビへの効果

ニキビができるのは、まず毛穴に皮脂が詰まるところから始まります。
この毛穴に詰まった皮脂を栄養にアクネ菌が繁殖していきますが、アクネ菌が出す物質が毛穴を傷付けて炎症を引き起こし、炎症ニキビへと発展していきます。

そしてこの炎症を起こした箇所に、黄色ブドウ球菌が集まってきて、化膿ニキビへと悪化していきます。

クラビット錠はアクネ菌や黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える効果があるので、ニキビの炎症や化膿を抑えて早く治す効果があります。

クラビット錠の副作用

クラビット錠は抗生物質の中でも効果が強いですが、その分副作用が出やすいというデメリットもあります。
ただ、副作用が出るのはまれで、あまり心配いりません。

クラビット錠は悪い菌の繁殖も抑えますが、良い菌の繁殖も抑えてしまうので、腸内の善玉菌の繁殖も抑えて下痢便秘腹痛を起こしてしまうことがあります。
お肌のかゆみや赤み、発疹などが出ることもあるので、これらの症状が出た場合は医師に相談しましょう。

また、長期の服用で、肝障害や低血糖、不整脈などの副作用が出ることもあります。
もともと肝臓に病気がある方や、心臓の病気がある方は医師に相談しておきましょう。

耐菌性にも注意

クラビット錠などの抗生物質は、長期で服用する場合耐菌性に注意する必要があります。

長期で服用すると、菌が少し形を変えてクラビット錠が効かなくなってしまいます。
一度菌が形を変えてしまうと、クラビット錠は二度と効かなくなってしまうため、他の抗生物質を使わなければならなくなります。

ニキビの治療では、だいたい2週間~1ヵ月程度しか処方されないのであまり心配ありませんが、自己判断で少しずつ飲んだり、一気に飲んだりすると危険なのでやめておきましょう。

クラビット錠の飲み方

クラビット錠は1日1回、1錠を服用します。
コップ1杯のお水と一緒に飲みましょう。

飲み忘れた場合、気がついた時点ですぐに飲みましょう。
もし次の服用時間が近い場合は、1回分飲むのをやめて、次の時間からまた飲みましょう。2錠1回に飲んではいけません。

クラビット錠の費用

クラビット錠はさらに高く、1錠あたりの薬価は約234円です。
1日1錠、1ヵ月分処方で7,020円、保険適用でも2,106円かかります。

クラビット錠ではニキビは完治できない?

クラビット錠はアクネ菌や黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることはできますが、ニキビを根本的に治療する薬ではありません。
ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まることが原因なので、ニキビを根本的に治療するにはこの毛穴詰まりを解消する必要があります。

また、クラビット錠は長期間服用することは出来ないので、重症化したニキビを一時的に落ち着かせるためのお薬です。

ニキビを根本的に治療するには、毛穴詰まりが起きないよう、クレンジングや洗顔、食生活を見直していく必要があります。

管理人自身も、正しいと思っていた洗顔が間違っていたせいで、10年もニキビに悩まされてきました…
それくらい、実は洗顔が大切なので、ニキビがどうしても治らない方は、まずはクラビット錠でニキビを落ち着かせつつ、洗顔や食生活を見直してみましょう。

このページの先頭へ