アクアチムクリームではニキビ完治できない?効果や費用は?

皮膚科のニキビ治療でよく使われることのあるアクアチムクリーム。
ニキビの治療で処方されたことがある方も多いのではないでしょうか。

でもはじめて処方された時は、ニキビにどんな効果があるのか、副作用はないのか、ニキビが悪化したりしないのか、など不安になりますよね。

そこで、アクアチムクリームのニキビへの効果や、副作用、使い方、費用などご紹介したいと思います。

アクアチムクリーム

アクアチムクリームとは

アクアチムクリームとは、ナジフロキサンという成分を主成分としたクリームで、ニューキノロン系の抗菌薬になります。
クリームタイプとローションタイプ、軟膏タイプの3種類がありがありますが、ニキビ治療ではクリームが1番よく使われます。

ニューキノロン系の抗菌薬は、細菌が細胞分裂して増えるのを阻止する作用があります。

そのため、細菌が増えることができず、症状を落ち着かせる効果があるんですね。

アクアチムクリームのニキビへの効果

アクアチムクリームを塗ると、ニキビの原因菌が増えるのを阻止してくれるため、ニキビを早く落ち着かせる効果があります。

ニキビができるのは、毛穴に皮脂が詰まるところから始まりますが、毛穴に詰まった皮脂が大好物なアクネ菌が集まってきます。
そしてアクネ菌が皮脂を食べて増殖していきますが、このアクネ菌が出す物質が毛穴を傷つけてしまうため、炎症を起こしてしまうんです。
さらに、炎症が起きていると黄色ブドウ球菌や雑菌が繁殖しやすくなり、化膿ニキビへと悪化していきます。

アクアチムクリームには、このアクネ菌や黄色ブドウ球菌などが増殖するのを防ぎ、ニキビの治りを早くしたり悪化するのを防ぐ効果があります

逆に、まだ炎症を起こしていないニキビには効果がなく、ニキビを予防したり根本的に治療するお薬ではありません。

アクアチムクリームの副作用

アクアチムクリームはあまり副作用の出ないお薬ですが、お肌の痒みや乾燥、ブツブツ、赤みなどが副作用として出ることがあります。

赤みや痒みが気になる場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。

また、乾燥が気になる方はしっかりスキンケアで保湿してからクリームを塗るようにしましょう。

耐菌性に注意

アクアチムクリームは抗生物質のお薬の1つで、効果は得られやすいですが、耐菌性というものに注意しなければなりません。

耐菌性とは、抗生物質を長期間症状をした場合に起こりやすく、菌が抗生物質に耐えられように少し形を変えてしまうことを言います。
一度この耐性がついてしまうと、同じ抗生物質は二度と使えなくなってしまうので注意する必要があります。

アクアチムクリームを使う場合は、患部にだけ塗るようにし、顔全体や同じ箇所に長期間塗らないように気をつけましょう。

アクアチムクリームの費用

アクアチムクリームの薬価は1gあたり約43円、10g入りで430円。
保険適用されて130円くらいです。

ただ、アクアチムクリームだけで治療することはあまりなく、飲み薬やビタミン剤、毛穴詰まりを解消する塗り薬などと一緒に処方されることが多いので、診察代なども入れると1,000円~2,500円くらいになることが多いです。

アクアチムクリームの使い方

アクアチムクリームは、クレンジングや洗顔をして、スキンケアをしてから患部に塗ります。
乾燥が気になる方はしっかり保湿をしましょう。

また、耐菌性ができないように、ニキビがある箇所にだけ塗るようにし、広範囲に塗らないようにしましょう。

アクアチムクリームではニキビは完治できない

アクアチムクリームはすでに炎症を起こしてしまったニキビを早く治すのには効果がありますが、ニキビの予防にはなりませんし、長期間の使用はできないので、これだけではニキビは完治できません

ニキビを根本的に治療するには、まず毛穴詰まりを起こさないようにすることが大切です。

毛穴詰まりを起こさずニキビを根本的に治療するには、正しいクレンジングや洗顔、食生活が大切です
管理人も10年ニキビに悩まされてきましたが、結局原因は洗顔と食生活にありました。

とくに洗顔は、ずっと正しいと思っていましたがそれが間違っていたため、自分では気がつかずにお肌を痛めている可能性もあります。
このサイトでは、ニキビを作らせない正しい洗顔や食生活についてご紹介しているので、根本的にニキビを治していきたいという方はぜひ参考にしてみてください。

このページの先頭へ