抗生物質でニキビ治療は副作用に要注意?効果や費用は?

皮膚科のニキビ治療としてもメジャーな抗生物質による治療。

ニキビの相談に行くとよく処方される薬ですが、いったいどんな効果があるのか、副作用はないのか、費用はどのくらいかかるのかなど気になりますよね。

抗生物質は長期間使用することで副作用が出やすいお薬ですが、上手く使えばニキビを落ち着かせることができるとても優秀なお薬でもあります。

そこで、抗生物質のニキビへの効果や副作用、費用などもご紹介したいと思います。

抗生物質とは?

抗生物質とは、抗菌薬などとも呼ばれ、体内の微生物や菌が増殖したり機能したりするのを防ぐ効果のあるお薬です。
体内で繁殖している悪い菌の作用を抑えるために使われます。
様々な病気の治療として使われ、風邪や皮膚病、膀胱炎や肺炎などに使われるため、1度は飲んだことがある、という方も多いお薬です。

内服薬だけでなく、外用薬もあります。

抗生物質がニキビに効く理由

ニキビがたくさん出来て、ちょっとしたことでニキビができる、すぐに炎症が起きるという時は、お肌にいる黄色ブドウ球菌やアクネ菌が繁殖しまくって、顔の上で悪い菌が暴れまわっているような状態です。

そうなると、ちょっと毛穴に皮脂が詰まっているだけでアクネ菌が大量に寄ってきて炎症ニキビに発展したり、そこに黄色ブドウ球菌が繁殖して化膿ニキビになったり、本当にちょっとしたことでニキビができやすい状態になっています。

それを落ち着かせるのが、抗生物質です。
抗生物質には飲み薬と塗り薬がありますが、ニキビの状態によって片方または両方処方されます。

抗生物質によってアクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖するのを落ち着かせ、新しいニキビができたり、いまあるニキビの悪化を防ぐ効果があるんですね。

ニキビ治療に使う抗生物質の種類

では実際にニキビがある時に処方される抗生物質にはどんなものがあるでしょうか。

内服薬としては

  • ミノマイシン
  • ルリッド錠
  • クラビット錠

抗生物質内服薬

あたりが使用されることが多く、
外用薬(塗り薬)としては

  • ダラシンTゲル
  • アクアチムクリーム

抗生物質外用薬

あたりが使用されます。

ミノマイシンなんかは一般的な抗生物質で、風邪薬や膀胱炎のお薬としてもよく処方されるので、見たことがある方も多いかと思います。

抗生物質の副作用

ここまでだと、抗生物質は万能のお薬に見えますが、実は副作用があります。
抗生物質の副作用は、

  • 耐性ができてしまう
  • 良い菌の繁殖も抑えられる

ということです。

抗生物質を長期間使用していると、体の菌はだんだんそれに慣れてしまい、抗生物質が効かなくなってきます
しかも一度体の中で耐性ができたら、二度とその抗生物質が使えなくなってしまうので、使えるお薬がどんどん減っていってしまうんです。

また、抗生物質は悪い菌だけでなく、体にとって良い菌の繁殖も抑えてしまうため、あまり長く使用していると体内の細菌バランスが崩れ、また悪玉菌を繁殖させてしまう原因になったりします。
しかもニキビに関する菌だけでなく、飲み薬の場合は体内の細菌バランスを崩してしまうため、腸内環境が乱れて便秘や下痢をすることもあります。

そのため、ニキビ治療で抗生物質を使用する時は、数週間~1ヵ月くらいのことが多いです。

ただ、お医者さんによっては数か月使用しましょう、ということもあると思うので、担当のお医者さんに従って飲んでくださいね。
抗生物質は途中で使用をやめてしまうと、また悪い菌が繁殖してニキビがぶり返したり、治りが悪くなってしまいます。

お医者さんと相談し、守られた期間をしっかり守って使用しましょう。

抗生物質の費用

皮膚科で抗生物質を処方してしまう場合は、保険が適用されます。

ミノマイシンは1錠あたり薬価は約50円、朝晩1ヵ月分の処方で3,000円、保険適用されて1,000円程度です。

ルリッド錠はミノマイシンより少し高く、薬価は1錠約70円です。
同じように朝晩1ヵ月分の処方だとすると、4,200円、保険適用で1,200円程度です。

クラビット錠はさらに高く、1錠あたりの薬価は約234円です。
1日1錠、1ヵ月分処方で7,020円、保険適用でも2,106円かかります。

そのため、一般的には安いミノマイシンが処方されることが多いんですね。

ダラシンTゲルの薬価は1gあたり約40円なので、10g入りのチューブでも約400円。
保険適用されて120円くらいです。

アクアチムクリームの薬価は1gあたり約43円、10g入りで430円。
保険適用されて130円くらいです。

管理人が抗生物質を使用した体験談

管理人もニキビ治療で抗生物質を使用したことがあります。
その時はミノマイシン(内服薬)1ヵ月分と、ダラシンTゲルを処方されました。

抗生物質

抗生物質を使った理由は、それまでしばらく落ち着いていたニキビが、海外旅行にいったとたんにブワーッとでき始めて、どうにも収拾がつかなくなったからです。
今まで通りのスキンケアをして、睡眠もとって、食生活も気を付けているのに毎日新しいニキビができる…

精神が病みそうだったので、皮膚科に駆け込みました。

お医者さんに状況を説明したところ、今ちょっと悪い菌が繁殖してしまっているだけだと思うから、抗生物質で落ち着かせましょう、とのこと。

実は管理人、膀胱炎になりやすく、抗生物質は何度も飲んだことがあります。
しかし抗生物質を使用するたび、良い菌も減るらしく、いつも膣カンジダになってしまうんです。
(膣カンジダは、膣にいるカンジダ菌という常在菌が増えすぎることでなる病気で、繰り返し再発しやすいという特徴もあります…
抗生物質によって膣の細菌バランスが崩れることで、カンジダ菌が暴走してしまうんですね)

なので、抗生物質はあまりいいイメージがなかったですし、しかも1ヵ月も飲むなんて…と不安でした。
が、きちんと朝晩飲み、ダラシンTゲルも塗っていたところ、1週間くらいで新しいニキビができなくなり、1ヵ月経つ頃にはニキビがかなり落ち着いて、ミノマイシンを飲むのをやめてからもお肌の状態はかなり良くなりました。

今回は何故か膣カンジダにもならなく、それはちょっと不思議ですが、こういった、『もう収拾つきません!何やってもニキビができます!』みたいな時には抗生物質はかなり有効というとこが分かりました

この1回しか使ったことないので他のパターンを知らないというのもありますが、本当に何をやってもニキビができる!という時には抗生物質はいいと思います。

ただ、長期間は使用できないので、この抗生物質による治療が終わるまでに、きちんとニキビができない肌作りをしておく必要があります。

管理人のパターンのように、ちょっと普段の生活と違うことをしてニキビが大量発生した場合は、それまでのニキビがなかった時の習慣を続けていれば自然とお肌は戻っていきますが、ずーっとニキビがあって悩んでいる場合、抗生物質をやめたらニキビがぶり返すことも考えられます。

抗生物質をやめた後の治療もお医者さんが提案してくれると思いますが、抗生物質はあくまで一時的な対処療法のようなものなので、これさえ使っていればニキビができなくなる!というものではないのが残念です…

また、抗生物質によって副作用で別の病気が発生した時や体調が変わって不安な時は、すぐにお医者さんに相談しましょう。

記事一覧

ミノマイシン

ミノマイシンは一時的にしか使えない!ニキビへの効果や副作用

皮膚科のニキビ治療で処方されることのあるミノマイシン。 はじめて処方された時は、いったいどんな効果があるのか、・・・
ルリッド錠

ルリッド錠ではニキビは完治できない!ニキビへの効果や副作用

ルリッド錠は皮膚科のニキビ治療でよく使われるお薬ですが、はじめて処方された時はちゃんとニキビに効くのか、副作用・・・
クラビット錠

クラビット錠でニキビは完治できない?効果や副作用

クラビット錠は皮膚科のニキビ治療で処方されることがありますが、はじめて処方されたときは、ニキビにちゃんと効くの・・・
ダラシンTゲル

ダラシンTゲルでニキビは完治できない?効果や副作用は?

ダラシンTゲルは皮膚科のニキビ治療でよく用いられるお薬です。 皮膚科に行って処方されたという方も多いと思います・・・
アクアチムクリーム

アクアチムクリームではニキビ完治できない?効果や費用は?

皮膚科のニキビ治療でよく使われることのあるアクアチムクリーム。 ニキビの治療で処方されたことがある方も多いので・・・

このページの先頭へ