タバコやアイコスでニキビが悪化!活性酸素やニコチンに注意

タバコは百害あって一利なし、と言われるように、健康によくありませんよね。

でもタバコを吸っててもお肌がキレイな人もいて、ニキビにはあまり影響ないのかな…?と思うときもありますよね。

管理人の友達にも、毎日タバコを吸っててもニキビひとつない、お肌がツルツルの子が何人かいます。

しかし、タバコはニキビによくないかどうかと聞かれたら、100%よくない、と答えられるほどお肌には悪影響があります。

そこで、タバコがお肌に与える影響や、ニキビによくない理由などご紹介したいと思います。

タバコ

タバコでニキビが悪化!その理由とは

タバコがニキビによくない理由はいくつかあります。

血流が悪くなる

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮して血流を悪くしてしまう作用があります。
血流が悪くなると、お肌の代謝に必要な酸素や栄養が運ばれにくくなり、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビの原因になってしまいます。

特にフェイスラインは毛穴が細くて小さいので、お肌のターンオーバーの遅れの影響を受けやすく、ニキビができやすくなってしまうんです。

お肌のターンオーバーが遅れると、ニキビ跡の治りも遅くなってしまいますし、シミやクスミの原因にもなってしまいます。

また、お肌とは関係ありませんが、血流が悪くなることで冷えや浮腫み、便秘なども招いてしまうので、美容上あまりよくないですよね。

活性酸素が大量発生する

タバコを吸うと、体内に活性酸素が大量に発生してしまいます。
これは、タバコを吸うことでその物質を除去しようと白血球が集まってきて、活性酸素を発生させることが原因です。

また、タバコ自体にも過酸化水素という活性酸素の一種が含まれているため、タバコを吸うこと自体、活性酸素を体内に取り入れているようなものなんですね。

活性酸素は、体内に入ったウイルスや細菌を攻撃してくれる作用もありますが、攻撃力が強く、体内にたくさんあるとお肌の細胞や毛穴まで攻撃して炎症を起こしてしまいます。

炎症のない白ニキビや黒ニキビでなく、赤ニキビや化膿を伴う黄ニキビができやすい方は、体内に活性酸素がたくさん溜まっているかもしれません。
活性酸素はタバコ以外にも、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどでも大量発生してしまいます。

タバコだけが原因ではないですが、炎症ニキビができやすい、お肌が荒れやすい方は活性酸素が原因かもしれません。

活性酸素がニキビを悪化させる、深い関係

ビタミンCが大量消費

ビタミンC3

体内に活性酸素が大量発生すると、健康的な細菌が傷付けられて、ガンなどの病気に発展してしてしまうため、活性酸素を除去する効果のあるビタミンCが大量に消費され、活性酸素を除去しようとします。

ビタミンCの摂取目安量は1日に100mgと言われていますが、タバコを2本吸うとビタミンC100mgが消費されるそうです。

ビタミンCはこの活性酸素の除去以外にも、コラーゲンの生成を促したりメラニンの生成を抑える作用があります。

コラーゲンが作られないとお肌が乾燥して乾燥して乾燥ニキビができやすくなったり、お肌のハリが失われて凹凸したニキビ跡を作らせる原因にもなってしまいます。

また、色素沈着ニキビ跡やシミができやすくなってしまい、治りも遅くなってしまいます。

イライラする時間が増える

タバコを吸う方は、自分の吸いたいタイミングでタバコが吸えないとイライラしたり気持ちが落ち着かなくなってしまいますよね。
これはニコチンによる作用ですが、イライラする時間が増えると、ホルモンバランスを崩したり、自律神経を乱したりしてしまいます。

そうすると、男性ホルモンの分泌量が増えて、皮脂分泌量が多くなってしまいます。
皮脂分泌が多くなると、その分毛穴詰まりをおこしてニキビができるリスクを上げてしまうんですね。

副流煙にも注意!

タバコを吸う人と食事をする時、禁煙席か喫煙席か悩んでしまいますよね。
タバコを吸う人に合わせて喫煙席に座ることもあるかと思いますが、そういった時は副流煙に注意です。

喫煙者はタバコにフィルターがついていますが、副流煙はフィルターを通さないでそのままの煙なので、喫煙者よりもニコチンなどをたくさん吸ってしまいます。

喫煙者と一緒にいる時は、できるだけ副流煙を吸ってしまわないように気を付けましょう。

タバコの影響をできるだけ減らすには

タバコがニキビによくないと分かっていても、すぐに禁煙するのは難しいですよね。

管理人も、甘いものがニキビによくないと分かっていても、ついつい食べてしまうので、やめられない気持ちはわかります…

そんなタバコがなかなかやめられない方は、まずは吸う本数を少しでも減らせたらいいですよね。
あまり我慢するとストレスになるので、10本→8本、というように、少し減らすだけでもお肌への負担は変わってきます。

また、それでもタバコを吸っている以上、

  • ニコチンの影響を抑える
  • 活性酸素を除去する

ことを意識するだけでもかなり変わります。

ニコチンの影響を抑える

ニコチンは血流を悪くしてお肌のターンオーバーを遅くしてしまいますが、そんなニコチンを解毒する作用があるものを摂取することで、ニコチンの影響を抑えることができます。
ニコチンを解毒する作用があるものは、

  • アスパラガス
  • セロリ
  • ブロッコリー
  • 緑茶
  • 大根

などです。
特にアスパラガスは、体内に入ったニコチンをメチルニコチンに変えて無毒化する作用があるのでおすすめです。
簡単に取り入れるなら緑茶がいいですが、緑茶にはカフェインも含まれているので、飲み過ぎには注意です。

カフェインの摂りすぎでニキビができる!カフェインとの付き合い方

アスパラガスやブロッコリーを茹でて冷凍しておけば、いつでもサッと食べられるのでいいですね。

活性酸素を除去する

活性酸素を除去するには、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールが効果的です。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方
ビタミンEでニキビを治す!活性酸素を除去して炎症ニキビに効く
ポリフェノールでニキビを解消!ポリフェノールの多いものは?

特にビタミンCは、タバコ1本吸うと50㎎も消費されると言われています。
ビタミンC50㎎というと、

  • レモン→少し大きめ1個
  • キウイ→中くらい1個
  • 柿→中くらい1個

くらい食べる必要があるんです。
それも1本でこれなので、毎日1箱とか吸うと、けっこうな量のビタミンCが消費されるのがわかりますよね。

なかなか食べ物でビタミンCが摂れない方は、サプリメントなども使用してビタミンCを摂取しましょう。

また、ビタミンCよりも活性酸素の除去効果が高いポリフェノールは、基本的に色の濃い食べ物や飲み物に含まれています。

緑黄色野菜、緑茶、コーヒー、ココア、ワイン

などに多く含まれているので、毎日色の濃い野菜を意識して食べるのがおすすめです。

緑茶やコーヒーは、ポリフェノールも豊富ですが、カフェインも多く含まれているので、1日1~2杯までにしておきましょう。

タバコをやめたらニキビが増える…?

まれに、タバコをやめたら肌荒れしたりニキビができた!という方がいます。

基本的にはタバコをやめればニキビができるリスクはグッと下げることができますが、禁煙によるストレスが大きかったり、禁煙によってそれまで体内に溜まっていたものが一気に排出されると、ニキビができることがあるようです。

一時的なもので、体内がキレイになったり、禁煙のストレスが落ち着けばニキビも落ち着きますが、どうしても気になる方や、なかなかニキビが落ち着かない方は一度皮膚科を受診してみましょう。

アイコス(iQOS)はニキビにいい?

アイコス

最近人気のアイコス(iQOS)は、ニキビにはどういった影響があるのでしょうか。

アイコスと普通のタバコの違いは、タールが含まれているかどうかです。
タールは歯の黄ばみなどの原因になるもので、体内に活性酸素を発生させたり発がん性のある物質です。

そのため、普通のタバコに比べて体への害は軽減されます。

しかしアイコスはニコチンは含んでいますし、体内のビタミンCを消費してしまうことには変わりありません。
そのため、アイコスにしたからといって、何も吸ってないのと同じくらい害がないわけではありません。

普通のタバコを吸うよりはニキビにいいけど、ニコチンをできるだけ除去して、ビタミンCを積極的に摂ったほうがいい、ということに変わりありません。

また、ニコチンの量は今のところ公表されておらず、普通のタバコとどれくらい差があるのか分かっていません。

ニキビのことを思うと、普通のタバコよりはいいけそ、アイコスにしたからといって安心して吸っていいわけではないんですね。

しかし煙が出ない分、周りの人への影響も少ないので、タバコよりはおすすめです。

このページの先頭へ