糖質の摂りすぎがニキビに繋がる!糖質とニキビの関係

ケーキ甘いものを食べるとニキビができる、とよく言われますよね。
美肌のためにはお菓子やチョコレートは控えめに、と雑誌などにも書いてあるので、甘いもの=ニキビや肌荒れにつながる、というイメージは強いですよね。

しかし、甘いものを食べるとどうしてニキビができてしまうのでしょうか。
甘いものを食べた時、体の中では何が起こっているのでしょうか。

甘いものとニキビの関係についてご紹介していきたいと思います。

甘いもの(糖質)の摂りすぎでニキビができる理由

糖質と血糖値

甘いもの、つまり糖質を多く含むものを食べると、血糖値が急上昇します。

血糖値が上昇すると身体は活発モードになるため、眠気が覚めたり元気が出たりします。
そのため、疲れている時には甘いものがほしくなりますし、甘いものを食べると元気が出ますよね。

しかし血糖値というのは上昇しすぎると、血液中の糖分が増えすぎてドロドロになるため、動脈硬化などを引き起こしやすくなってしまいます。
体はそれを避けるために、血糖値が急上昇するとインスリンというホルモンを出し、血液中の糖分を中性脂肪に変換して血糖値を下げます。

この糖分が中性脂肪に変えられたものが、体脂肪として体につくだけではなく、皮脂として毛穴からも出てきてしまうんです。
そのため、甘いものをたくさん食べすぎると皮脂が出やすくなり、その分毛穴詰まりを起こしやすくなるのでニキビもできやすくなってしまいます。

お肌の糖化にも要注意

糖化、というのを聞いたことはありますか。身
体の酸化がサビることだとすれば、糖化はコゲにあたります。
食パンを焼いたら茶色くなりますし、お砂糖をフライパンで火にかけると茶色くキャラメルになりますよね。

それと同じようことがお肌でも起こり、糖質をたくさん摂ることで体の中のタンパク質が糖化を起こし、お肌を茶色くなってくすませたり、弾力をなくして硬くしたりします

そのためお肌が糖化することで、お肌が硬くなり毛穴周りの皮膚も硬くなるので毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまいます。
毛穴に皮脂が詰まるとそこにアクネ菌が繁殖して炎症ニキビへと発展してしまいます。

ビタミンBの消費が皮脂分泌を促す

糖質を代謝するには、多くのビタミンBが消費されてしまいます。
ビタミンBはお肌の代謝皮脂の抑制にも関わっているため、糖質をたくさん摂りビタミンBが消費されると、お肌のターンオーバーが遅れて古くなった角質が毛穴を塞いだり、皮脂分泌量が多くなってニキビができる原因になってしまいます。

血糖値を急上昇させるものは、甘いものだけじゃない!

でも、甘いものはあんまり食べないから大丈夫〜と思っている方は少し危険です!
血糖値を急上昇させるものは、甘いものだけではなく『糖質を多く含むもの』です。

例えばお米小麦粉です。
白米が大好きな方や、米菓子が好きな方は、パンやパスタ、うどん、ラーメンなどの小麦製品が好きな方は糖質を摂りすぎている可能性大です。

糖質の摂る目安量

糖質は体にとって必要なエネルギー源であるため、ある程度は摂る必要があります。
目安としては、1食あたり方手の平に乗る量です。

ご飯お茶碗1杯、
パンなら小ぶりのもの1つ、
パスタやうどん、ラーメンは方手の平に乗らない量なら2食分になります。

男性と女性でも違いますし、普段運動をするかどうか、成長期かどうかでも変わってきますが、普段デスクワークの女性の場合は上記くらいでも十分です。
朝は菓子パン、お昼はパスタ、3時のおやつにクッキーやチョコ、夜は外食…では糖質の摂りすぎになってしまいます。

白い食べ物に特に要注意

同じ寮の糖質が含まれていても、血糖値の上昇が緩やかなものもあります。
それは糖質と一緒に食物繊維が多く含まれるものです。

食物繊維は糖質の吸収を緩やかにする作用があるので、血糖値の上昇も緩やかにする作用があります。

普段よく食べられている白米や小麦粉、砂糖は精製されて食物繊維やミネラルのほとんどが取り除かれています。
そのため吸収が早く血糖値も急上昇させてしまうんです。

精製する前の玄米や全粒粉、黒糖などは食物繊維、ビタミン、ミネラルが多いため、血糖値の急上昇を抑えることができる上、ビタミンやミネラルが糖質をきちんと代謝してくれるので、皮脂が増えたり体脂肪がつきやすくなるのを防ぐことができます。

精製されている白いもの(白米、小麦粉、白砂糖)が使われている食品には要注意です。

それでも食べたい時は、ビタミンBを一緒に

それでも甘いものが食べたい!ラーメンが食べたい!という時はありますよね。
適度なら大丈夫ですが、ニキビができそうなときはビタミンBを一緒に摂るのがおすすめです。

ビタミンBは糖質の代謝を促してくれますし、皮脂の抑制効果もあります。
また、ターンオーバーを促してくれる作用もあるので、糖質の摂りすぎによるニキビを防いでくれます。

ビタミンBは、たまご、納豆、玄米、レバーなどに多く含まれています。
朝は菓子パンで済ませている方は、納豆ご飯や卵焼きと玄米ご飯に変えるのがおすすめです。

私キャリーはビタミンBのサプリメントを買って、甘いものを食べた時や、パスタやラーメンを食べた時は一緒に飲むようにしています。
糖質はしっかり代謝できないと浮腫みにもつながってしまうんですが、ビタミンBのサプリメントを摂っていると浮腫みにも効いている感じがします。
もちろんニキビもできにくくなったので、甘いものが好きな方や炭水化物が好きな方は、サプリメントに頼ってしまうのもありですよ。

このページの先頭へ