ピルでニキビ治療できる理由と、私がオススメしない理由

ピルによるニキビ治療があるのをご存知ですか。

ニキビの治療というとお肌に直接施術をすることが多いですが、大人ニキビの場合ピルによってホルモンバランスを整え、ニキビを治療する方法があります。

私キャリーも1年半ほどピルによるニキビ治療をしたことがありますが、その時のことも踏まえて、ピルによるニキビ治療のメリット、デメリットなどご紹介していきたいと思います。

ピル

ピルでニキビ治療ができる理由

ピルはもともと避妊用に作られたお薬で、飲むことで体を妊娠しているような状態、もしくは「排卵したけど妊娠しなかった状態(排卵〜生理前の状態)」にする効果があります。
妊娠しているような状態にすることで、卵巣は「今子宮には赤ちゃんがいるか、排卵はもう終わったから、とりあえず排卵はしなくていいのね」と、排卵が起きなくなるので避妊効果があるんですね。

このピルにどうしてニキビ治療効果があるのでしょうか。
理由はホルモンにあります。

ピルに含まれているホルモンには体を生理前、もしくは妊娠中に近い状態にする効果があります。

生理前に多く分泌されるのは黄体ホルモン(プロゲステロン)といい、実はこのホルモンは皮脂の分量を多くしたり角質層を厚くしたりしてニキビができるリスクを上げてしまいます
ただピルにはこの黄体ホルモン以上に卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれるホルモンがたくさん入っています。

この卵胞ホルモンは逆に、お肌のキメを整えたり、お肌の水分量を上げたり、皮脂を抑えたりする効果があり、別名美肌ホルモンとも呼ばれていて、ニキビをできにくくする作用があります。

そのため、ピルを飲むことで黄体ホルモンが増えて生理前のような状態を作りつつ、それ以上に卵胞ホルモンも増えてニキビを作りにくくする効果があるんです。

その他ピルの嬉しい効果

ピルには他に

  • 生理の出血量を抑える
  • 生理痛が軽くなる

といった嬉しい効果がもあります。

ピルによって子宮内膜が作られるのが抑制されるため、剥がれる子宮内膜が少なく出血量が少なくなり、その分生理痛も軽くなるということです。

実際私も生理の出血量は2/3〜半分くらいに減りました。
前は2日目の夜は夜用のナプキンをしないといけなかったのが、ピルを飲むと多い日の昼用くらいで充分、という感じでした。

生理痛も薬無しで過ごせる程度に軽くなり、生理の時はかなり楽に過ごせるようになりました。

ピルの費用

ピルは保険が適用されないので、1シートあたり2,000円〜3,000円かかります。
プラス、血栓症などのリスクが出ないか半年に一度程度血液検査をするところが多いため、プラス3,000円〜4,000円ほどかかります。

実際には、飲み始めは1シート処方してもらいますが、慣れてきたら3ヶ月分や半年分処方してもらえるので、通院はそこまで面倒ではないですが、スパンを長くするほど一度に出ていく出費が多く感じてしまいます…

私キャリーが通っていた病院では、3ヶ月分まで処方してくれますが、半年に1回は血液検査もあったので、
1回行くと1シート3,000円×3ヶ月分=9,000円、
次の通院ではそれプラス血液検査4,000円で13,000円、という感じでした。
学生の私には痛い出費でした…

ピルの種類

ピルには大きく分けて2種類あり、

  • 1.ホルモンの量が一定のもの
  • 2.ホルモンの量が増えていくもの

があります。

1のホルモンの量が一定のもの、というのは21錠(プラス偽薬が7錠で合計は28錠のもある)のどの粒もホルモンの量が一定のものです。
名前でいうと、マーベロンやオーソMです。

欧米では6割がことタイプだそうです。

メリットとしては、生理痛を遅らせたい時や早めたい時に調整しやすいということでしょうか。

2のホルモン量が増えていくものは、21実際には21錠の中で2段階もしくは3段階でホルモンの量が増えていくタイプです。
トリキュラー、アンジュ、リビアンなどがあります。

より人のホルモンバランスに近い作りになっているようです。

私が言われたのは、どちらかを飲んでみて副作用が酷い場合、種類を変えると落ち着くことがある、ということです。
下にも書いていますが、私は副作用がひどく、何度も断念しそうになり色んな種類を飲みましたが、結局どれも合わずやめてしまいました…

けど大体の方は、1と2のどちらかが合うことが多く、副作用が落ち着くとのことでした。

私がピルによるニキビ治療をやめた理由

私もニキビが酷かった時、もうこれはスキンケアだけでは治らない!ホルモンバランスが悪いんだ!と勝手に思い、ホルモン治療をしているニキビ外来に駆け込みました。
そして迷わずピルを飲み始めましたが、なんといっても吐き気がすごかったんです。

とくに飲み始めの1週間。
寝込みたいほどのしんどさで、吐き気止めももらってましたがあまり効かず…これが続くなら無理…と思いましたが1週間すると落ち着き、「お!治った!」と喜んだのもつかの間、
また新しいシートを飲み始めると吐き気が1週間…この繰り返しで、ピルを4種類は飲みましたが結局はどれもダメで断念しました。

たしかにニキビは落ち着きました。
でもズボラな性格のため、毎日決まった時間に飲む、というのができず、どうしてもずれたり、飲み忘れたりしてしまって…

そうするとホルモンバランスが崩れやすくなるのか、ニキビがポツポツできて、私の場合はそのシートを飲み終わるまでニキビが治らない…という感じでした。

なので最初のほうに飲み忘れたりすると、その月はニキビがポツポツポツポツできる…という感じで、吐き気はするしニキビもできるしお金もかかるし通院も面倒だし…ってことで1年ほどでやめてしまいました。

あとこれはピルを飲む前から不安だったんですが、当時21歳でまだまだ妊娠なんて考えてませんでしたが、もし将来妊娠したい、ってなったら、ピルをどうしても飲めない時期がやってくる。
そしてせっかくのマタニティ期間、きっとお腹に赤ちゃんがいて幸せなのに、顔はニキビだらけ…嬉しいのに悲しい…そんな状況になるのでは…という不安がありました。

もちろんピル関係なく、妊娠期間はホルモンバランスが変化するのでニキビができやすくなりますが、それでもビクビクしながらピルを飲むのは「私が求めているニキビ治療ではない…」という思いがありました。

まぁ、あとは面倒でした。とにかく。
毎日決まった時間に飲まないとニキビができる!というのも嫌ですし、今思えばピルを飲む=絶対ニキビができない、ということではなく、
あくまでスキンケアや食生活が整った上で、それでも睡眠不足やストレスからホルモンバランスが乱れやすい方には有効なんだな、ということなんですよね。

結局私キャリーのニキビは洗顔料の選び方に問題があり、それに10年気が付かなかったのが大きな原因で、食生活や睡眠、ストレスなどは確かにそれもニキビができる要因や悪化する要因ではあったけど、1番は洗顔だったので、ピルも期待していたほどの効果は得られませんでした。

ピルでニキビ治療をしたい!という方は、まずは基本的は洗顔、スキンケア、食生活を見直してみて、これ以上やれることはない!このニキビは最近の睡眠不足とストレス、ホルモンバランスの乱れだ!!と思えてからでもいいのではないでしょうか。

もちろんピルには避妊効果もあるので、避妊目的で飲むついでだったり、もう色々悩むのは嫌だ!!とりあえずピル飲んで安心したい!という方もいらっしゃると思うので、ピルのニキビ治療はやめといたほうがいいですよ!とは言えません。

ただ、基本となる洗顔、スキンケア、食生活が乱れている中でピルを飲んでも、なかなか効果が出なかったり、ただただ副作用が辛かったり、お金もかかってしまうので、もう一度見直してみるのをおすすめします。

このページの先頭へ