猫背でニキビができる?姿勢の悪さとニキビの関係

小さい頃は姿勢をよくしなさい!とよく言われましたが、大人になると指摘してもらえることもなかなかなくなり、なんとなく悪いとは思いつつも直せない…という方も多いですよね。

管理人もよく猫背になりますし、パソコンを使う仕事なので、マッサージや整体に行くと肩や首がガチガチです…なんて言われます…

そんな猫背ですが、見た目や肩コリによくないだけでなく、実はニキビにもよくないんです。
見た目だけならなんとなく後回しにしてしまいますが、ニキビにもよくないとなると話は別ですよね。

そこで、猫背とニキビの関係についてご紹介したいと思います。

猫背

猫背がニキビによくない理由

猫背がニキビによくない理由はいくつかあります。

理由1.内臓が圧迫される

猫背になるということは、背中が丸まる分、内臓が圧迫されやすくなります。
内臓が圧迫されてしまうと、胃が圧迫されて消化がうまくいかなくなったり、腸が圧迫されて便秘しやすくなります。

食べ物がうまく消化できてないと栄養がうまく吸収できず、お肌のターンオーバーが乱れがちになり、古くなった角質が毛穴を覆ってしまいニキビの原因になります。

また、便秘になると老廃物が体内に溜まってしまいますし、便が腐敗して有毒ガスを発生させますが、それらが血液に溶けて全身に運ばれ、肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

内臓が圧迫されると肺も圧迫され、呼吸が浅くなってしまいます。
呼吸が浅くなると、お肌の代謝に必要な酸素が足りなくなり、ターンオーバーが遅れがちになり、それもニキビの原因になってしまいます。

理由2.老廃物が溜まる

猫背の状態が続くと、肩や首に負担がかかり、肩コリ首のコリにつながってしまいます。
そうすると、肩から上の首、頭、顔の血行やリンパの流れが悪くなってしまい、老廃物が溜まります。

特に首筋やフェイスラインには太い血管やリンパ管が通っているので、老廃物が流れないと毛穴から出ようとし、炎症を起こしてニキビの原因になってしまいます。
フェイスラインニキビがなかなか治らず、肩コリや首のコリが気になっている方、耳の下を押すと詰まっているような痛みがある方は、猫背によってニキビができているかもしれません。

フェイスラインニキビに効くリンパマッサージのやり方

原因3.自律神経が乱れる

猫背になると首の後ろ側に負担がかかり、神経伝達がうまくいかず、自律神経の乱れにつながってしまいます。
自律神経が乱れると、ホルモンのバランスが乱れたり、睡眠が浅くなったり、疲れがとれにくくなったりしてしまい、ニキビだけでなく健康にもよくありません。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えてしまいますし、睡眠が浅くなると睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が減ってしまい、お肌のターンオーバーが遅れる原因にもなってしまいます。

ターンオーバーが遅れると、古い角質が毛穴をふさいでしまうだけでなく、ニキビ痕の治りを遅くしたり、シミやクスミの原因にもなります。

猫背を治す方法

では猫背を治す前に、正しい姿勢のとり方をご紹介したいと思います。

まず、ラジオ体操や準備運動でやるように、両手を上にあげ、背伸びをします。
ぐーっと伸びて、そのまま両手を横に広げながら下におろしてきます。
両腕が体の横におりてきたら、それが正しい姿勢です。

背中がスッと通ったような姿勢ではないですか?

普段からこの姿勢を保てるように意識し、それでも難しい場合は猫背矯正グッズなんかを使うのもおすすめです。

猫背はニキビだけでなく、肥満やうつ病、神経障害など様々な健康障害を引き起こす原因になると言われています。
ニキビのためだけでなく、できるだけいい姿勢を保てるようにしておきましょう。

このページの先頭へ