鉄分不足でフェイスライン&顎ニキビができる原因と対処法

ニキビを治すのに必要な栄養素、というとビタミンCやコラーゲンなどが有名ですよね。

しかし意外と知られていませんが、鉄分不足は大人ニキビやフェイスラインのニキビを作りやすくしてしまうんです。

私キャリーも今はサプリメントで鉄分を補うようにしていますが、やはり2〜3日飲み忘れると顎やフェイスラインに赤いニキビが出現します…

そんな鉄分とニキビの関係、鉄分の補い方についてご紹介していきたいと思います。

鉄分が不足すると、フェイスラインや顎ニキビができる理由

鉄分を摂りましょう!と言われる時は、大体貧血の時ではないでしょうか。
貧血、というとか弱い女性のイメージが強く、肌も色白…というイメージが強いですが(個人的に)、貧血でニキビができやすくなる、というイメージはあまりないですよね。

しかし実際は鉄分が不足すると、全身に酸素がうまく運べなくなります。
そうするとお肌の代謝に必要な酸素が不足し、お肌のターンオーバーが遅れてるしまうため、古くなった角質が毛穴を塞いでしまいニキビを作りやすくしてしまいます

特にターンオーバーが遅れがちなUゾーンはそれが顕著に表れるため、フェイスラインや顎にニキビができやすくなるんですね。

鉄分

逆にTゾーンはもともとターンオーバーが早いので、おでこや鼻にはシミなんかもできにくいんですね。

鉄分が不足するとシミ、たるみの原因にも…

シミができるのは、紫外線によってお肌に活性酸素という物質が出てしまうからです。

そのため、この活性酸素を除去できればシミはできないのですが、この活性酸素を除去するカラダミラーゼという酵素を作るのに、鉄分が必要なんです。

そのため、鉄が不足するとシミができやすくなってしまいます。
また、鉄分はコラーゲンの生成にも関わっているため、不足するとコラーゲンが上手く作れず、たるみを招いてしまいます。

鉄分の摂り方

ではそんなフェイスラインや顎ニキビを作らせないためにはどうやって鉄分を補給したらいいのでしょうか。

鉄分には2種類あり、植物性の非ヘム鉄と、動物性のヘム鉄があります。

植物性の非ヘム鉄は、ほうれん草やひじき、小松菜などに多く含まれていますが、吸収率が悪く、3%程度しか体内に吸収されません。
これは、非ヘム鉄の場合は吸収の過程で活性酸素を発生させてしまうため、体があまり吸収しないようにしてしまうんですね。

ほうれん草をたくさん食べたり、鉄分のサプリメントを摂って胃がムカムカするのは、この活性酸素が胃を攻撃してしまうからです。

一方動物性のヘム鉄は吸収率がよく、20〜40%体内に吸収されます。
動物性のヘム鉄はレバーやカツオ、イワシなどに多く含まれるため、積極的に食べたい食品です。

サプリメントに要注意

このように、鉄分には種類がありますが、サプリメントを選ぶ時もヘム鉄のものを選ぶ必要性があります。
一般的な皮膚科で出されるものや、安いサプリメントだと、一応ヘム鉄が使われている物が多いですが、これには少しカラクリがあり、ヘム鉄パウダーというパウダーを使ってサプリメントを作るのが一般的です。

しかしヘム鉄パウダーに含まれる実際のヘム鉄の量は約1%です。

そのため、ヘム鉄10mg配合、と表記されていても、実はたったの0.1mgしか入っていないんです。
安いサプリメントには気をつけて、原材料にこだわっているサプリメントを選びたいですね。

このページの先頭へ