ホルモンバランスと大人ニキビの関係

ホルモンバランスが崩れるとニキビができやすくなる、とよく言われますよね。
そのため漢方やピルを使ったニキビ治療もありますが、ホルモンバランスが崩れるとどうしてニキビができるのでしょうか。

私キャリーも漢方による治療とピルによる治療は経験済みですが、結果として漢方もピルも一時的には効果が得られましたが、またすぐにニキビができるようになってしまったのでやめてしまいました…

そんなホルモンバランスの崩れによってニキビができる原因や治し方についてご紹介していきたいと思います。

ホルモンには2種類ある

よく、女性ホルモンには2種類ある、というのを聞きませんか。

1つめはエストロゲン(卵胞ホルモン)、もう1つがプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

この2つのホルモンは約1ヶ月を周期としてエストロゲンが多くなる時期とプロゲステロンが多くなる時期を繰り返します。
そして、それぞれ違う作用を持っています。

ホルモンバランス

エストロゲン

エストロゲンは、月経〜排卵前に多く分泌されるホルモンで、お肌の水分量を上げたり、抗菌ペプチドというお肌のバリア機能の司る菌を増やし、お肌のバリア機能を高めてくれます
お肌の水分量が上がることで、角質層が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

また身体全体の代謝もよくなるので、便秘をしにくくなったり、お肌の代謝もよくなりニキビができにくくなります。
とにかく女性にとってはいいことづくめな2週間です。

プロゲステロン

しかしそんな2週間はずっとは続かず、排卵が起きると身体は妊娠に向けてプロゲステロンというホルモンを多く出します。

プロゲステロンが多くなり、エストロゲンが減ることで、抗菌ペプチドが減って肌荒れが起きやすくなったり、プロゲステロンの作用で皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなります

またプロゲステロンには、身体が妊娠しやすいよう子宮の動きを抑えたり、子宮の水分量をアップさせて柔らかくする作用もあります。

その影響で腸の動きも鈍くなり便秘が引き起こされやすくなったり、子宮だけでなく全身が浮腫みやすくなったりします。
便秘になると便が腐敗して有毒なガスを発生させ、それが全身に巡って代謝が落ちたり、ニキビができる原因になったりします。

生理前に体が浮腫んだり便秘になったりニキビができるのは、このプロゲステロンが影響しているんですね。

ホルモンバランスが崩れるとは?

ではホルモンバランスが崩れるとは、どういうことでしょうか。女性ホルモンは一生かかってもティースプーン1杯程度しか分泌されない、とても貴重なものです。
そのため、ちょっとしたことで分泌量が増えたり減ったりします。

特に美肌に欠かせないエストロゲンの分泌量が減ると、肌荒れが起きやすくなります。

ホルモンバランスの乱れからくるニキビの特徴

ホルモンバランスの乱れからくるニキビには、特徴があります。

それは、フェイスラインにできやすいということです。

生理前は特に黄体ホルモンの影響を受けやすいので、フェイスラインにニキビができやすくなります。

ホルモンバランスを整えるには

では、ホルモンバランスを整えてニキビをできにくくするにはどうしたらいいでしょうか。
ホルモンバランスを整えるには、

  • 食生活
  • 睡眠
  • ストレス
  • 冷え

に気をつける必要があります。

食生活

脂っこいものや甘いもの、外食やファストフードなどに偏った食生活を送っていると、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

ホルモンの材料は良質なタンパク質です。

ダイエットを意識してカロリーの高いお肉や卵を避けていると、ホルモンが上手く作れなくなってしまいます。

タンパク質ばかりに偏った食生活もよくありませんが、野菜や海藻類、キノコ類のと合わせてタンパク質もしっかり摂りましょう。

脂質が気になる方は、お豆腐などの大豆製品もおすすめです。

大豆製品に含まれる成分大豆イソフラボンには、体内でエストロゲンと似た働きをする効果があります。
そのため、毎日こまめに摂取することで、ホルモンバランスによるニキビをできにくくしてくれます。

睡眠

夜更かしをしたり、寝る前にスマホやテレビを見ていると、睡眠の質が悪くなりホルモンバランスの乱れにつながります。

皆さんも耳にタコができるくらい聞いていると思いますが、やはり日付が変わるまでには寝て、7時間は睡眠時間を確保したいところです。

忙しくてなかなか寝る時間がゆっくり取れない!という方は、せめて夜は湯船に浸かって血行をよくしたり、寝る前のスマホやテレビをやめて睡眠の質を上げるようにしましょう。

ストレス

ストレスがない人なんていませんし、なくすのも無理ですよね。
でもストレスが溜まった時に上手く解消したり発散する方法があると、気持ちの面でもかなりラクになります。

私キャリーは、ストレスが溜まった時はお気に入りのバスソルトを入れてお風呂でゆっくりしたり、ホットヨガに行って汗を流したり、ひたすら好きなアニメを見て過ごしたりします。
最近は10分くらい歩くナチュラルローソンにお散歩がてら行って、大好きな高カカオチョコを買ってくるのがストレス発散になっています。

冷え

女性は男性に比べて筋肉が少ないため、熱が作りづらく身体が冷えやすいですよね。
しかし冷えて血行が悪くなることで自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなります

冷たいものを食べたり飲んだりする方、手足の冷えが気になっている方、体温が低いの方はホルモンバランスが崩れやすくなっています。

できるだけ温かい飲み物を飲むようにしたり、血行をよくするシナモン生姜ココアを取り入れてみましょう。
温かいソイココアは豆乳で大豆イソフラボンを補いつつココアで血行がよくなるのでおすすめです。

漢方やピルは…?

漢方やピルによるホルモンバランス治療は、個人的にはあまりおすすめできません。
詳しくは別記事で書いていますが、漢方はその都度自分に合ったものを見つけるのが難しく、途中まで順調でも急にその漢方が合わなくなることがあります。

ピルは、妊娠予定がない方であればいいですが、将来妊娠を考えている方は飲めない期間がどうしてもやって来ますし、体質に合わないと副作用もあります。
ただ、人によっては漢方やピルでニキビがキレイになった!という方もいらっしゃいますし、副作用が出ない方もいらっしゃるので、気になる方は試してみて下さいね。

どれも日々の積み重ねですし、そんな事言われなくてもわかってるよ!と言いたくなることばかりですが、この小さい事の積み重ねが実はお肌にとって大切なんですよね。

ホルモンバランスによるニキビの原因や解消法、少しは参考になりましたでしょうか。
生理前になるとフェイスラインにニキビができる、という方や、ニキビだけでなく生理痛も重たくしんどい、という方はホルモンバランスを意識してみてはいかがでしょうか。

記事一覧

生理前

繰り返しできる生理前ニキビの原因と治し方

生理前になるとポツポツできるニキビ。 毎月のこととなると、うんざりしてしまいますよね。 せっかくニキビが落ち着・・・

このページの先頭へ