冷えでニキビができる原因と冷え取りの方法

冷えは万病の元、とよく言われますが、冷えに悩まされる女性は多いですよね。
夏でもクーラーがガンガン効いている場所が多いため、暑い季節でも冷えに悩まされる女性は多いんです。

冷えに悩まされると、手足が冷たくて眠りが浅くなったり寒い思いをするだけでなく、代謝が落ちて太りやすくなったり、肌荒れやニキビができる原因になってしまいます。

そこで、冷えでニキビができる原因や、冷えの解消法などご紹介していきたきと思います。

冷えでニキビができる原因

体が冷えている女性、と聞くと私キャリーは色白で色素が薄く、脂肪少なめのホッソリ女子を思い浮かべてしまうのですが、実は体が冷えていると血流が悪くなっている状態なので、

  • 代謝が落ちて太りやすい
  • 老廃物が流れず顔や脚が浮腫みやすい
  • お肌の代謝が落ちて、シミ、くすみ、クマ、ニキビができやすい
  • 生理痛が重くなりやすい
  • 肩こり、腰痛が起きやすい
  • 眠りが浅くなる
  • イライラしやすくなる
  • 内臓の働きが弱くなり便秘になりやすい

などのなんとも不快な症状がどんどん出てきてしまうのです。

冷え
冷えは万病のもと、というのもよく理解できるくらい、美容面だけでなく健康面にも被害が及んでしまいますよね。

ではこの中でもニキビに関係している症状をご紹介したいと思います。

お肌の代謝が落ちる

体が冷えて血行が悪くなっていると、お肌の代謝に必要な栄養素や酸素が行き届かず、お肌の代謝が落ちてしまいます。
そうすると、古くなった角質がいつまでもお肌に残ってしまい、毛穴を塞いでニキビの原因になってしまいます。

老廃物がお肌から出る

血行が悪くなると、血液中の老廃物がうまく代謝しきれず、血液の中にいつまでも老廃物が残ってしまいます。
しかし老廃物は体にとっては毒です。
なんとか体の外に排出しようとします。

そこで使われるのが毛穴です。

本来老廃物というのは尿や便でほとんど出てしまうのですが、血行が悪く腎臓や腸まで上手く運べなかったり、冷えて腎臓や腸自体の働きが弱くなっていると老廃物がなかなか外に出せず、毛穴から出て毛穴を詰まらせたり、毛穴を傷つけて炎症を起こしニキビの原因になってしまいます

睡眠の質が低下

交感神経副交換神経という言葉を聞いたことはありますか。

交感神経は血流をアップして体を活発モードに、副交換神経はリラックスモードにして1日の疲れをとったり睡眠を深くする作用があります。
普通は朝起きると交感神経が優位に、夜にかけて副交換神経が優位になるリズムを保っているのですが、体が冷えていると体温を上げようと交感神経が優位なままになってしまい、寝付きが悪くなったり睡眠が浅くなってしまいます。

お肌の代謝や修復は、眠りに入ってから3〜4時間後に最も盛んに行われますが、睡眠が深いほど活発に行われます。
そのため睡眠が浅かったり夜中に何度も目が覚めてしまうと、なかなかお肌の代謝が行えなかったり、修復ができず、肌トラブルやニキビの原因になってしまいます。

便秘による老廃物

冷えて血行が悪くなると、内臓の動きも弱くなってしまうので、消化不良便秘を引き起こしてしまいます。
また、腸の動きは副交換神経が優位な時に最も活発になりますが、冷えて交感神経が優位な状態が続くと、睡眠の質が低下するだけでなく、腸の動きも悪くなり便秘を引き起こしやすくなります。

便秘になると、食べたものが腸の中でどんどん腐敗してしまい、有毒なガスや老廃物を生み出してしまいます。
そしてそれが血液に溶けて全身に巡り、毛穴から出てこようとしてニキビを作ってしまいます。

体を冷えさせない!今日からできる習慣

では、そんな冷えからくるニキビを作らせないために、体を冷えさせない、温める方法をご紹介したいと思います。

冷たいものを食べない、飲まない

とっても根本的なことですが、口から直接入れるものの温度はとても重要です。
冷蔵庫で冷やした飲み物を飲むのが習慣になっている方、アイスクリームや冷やしたスイーツをよく食べる方、サラダやフルーツなどの生野菜、果物をよく食べる方は内臓から冷えやすくなっています。

ただ、生野菜や果物など、生のものからしか摂れない栄養素もあるので、サラダやフルーツ、スムージーなどを摂る時は、一緒に温かいスープやお味噌汁、お茶を飲むようにしましょう。

飲み物は冷やしたものではなく、常温のもの、もしくは温かいものに変えましょう。

タバコは控える

タバコに含まれるニコチンには血行を悪くする作用があるので冷えを招いてしまいます。
もちろんいきなり禁煙、というのは難しいですが、可能であれば禁煙を目指し、難しければ本数を減らしてみましょう。
ただ、我慢してストレスが溜まるのもよくないので、無理のない範囲でで減らしてみましょう。

ショウガ、シナモン、ココアを取り入れる

ショウガ、シナモン、ココアには毛細血管を拡張して血行をよくする作用があります。

私キャリーはショウガの粉末を購入して、毎日小さじ1杯飲み物に入れて飲んだり、オブラートに包んでそのまま飲んだりしています。
ココアも調整ココアではなくピュアココアを買ってきて、ハチミツと豆乳でホットココアをつくって飲んでいます。
手足がポカポカ温まるだけでなけく、お肌のくすみも改善されました。

湯船にしっかり浸かる

忙しいとついついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、湯船にしっかり浸かることは体を温めるだけではなく、浮力によって手先や足先に溜まっていた血液が心臓に戻りやすくなり、冷えが解消されやすくなります。
バスソルト日本酒を入れると、さらに血行がよくなって発汗が促されるので、しっかり温まりたい方は塩や日本酒を入れてみましょう。

適度に運動する

運動をすることで筋肉がつくと、代謝が上がって血行がよくなります。
また、筋肉を動かすことで筋肉がポンプのような役割を果たし、血行を促進したりリンパの流れをよくして浮腫みを解消する効果があります。
特に下半身は重力の関係で血液やリンパ液が溜まりやすいので、下半身をよく使うウォーキングやスクワットがおすすめです。

貼るカイロをお腹や腰に貼る

寒い冬や、オフィスのクーラーが効きすぎて寒い時、貼るカイロがおすすめです。
お腹に貼ることで直に腸を温めてくれるので、便秘の解消にも繋がりますし、代謝も上がって痩せやすくなります。

足が冷える、という方は靴用のカイロを、厚手の靴下を履いた裏に貼っておくと足がポカポカになります。

白砂糖に気を付ける

白砂糖には体を冷やしてしまう作用があります。
そのため、摂りすぎると体を冷やしてしまいますし、砂糖の摂りすぎは皮脂量を増やしたりニキビを作りやすくしてしまいます。
毎日チョコレートやクッキー、ケーキなどをたくさん食べてしまう、という方は体が冷えている可能性が高いです。


いかがでしたか。
冷えはニキビや肌荒れだけでなく、髪がパサパサになったり、太りやすくなったりと美容の面でもかなりマイナスなことが多いです。

1日で簡単に解消されるものではありませんが、コツコツ続けることで冷えやニキビを解消していけます。
ニキビや冷えが気になっている方はぜひ試してみてください。

このページの先頭へ