大人ニキビの原因は乾燥?お肌が乾燥する原因やニキビとの関係

大人ニキビは思春期ニキビと比べて繰り返しできやすく、治っても同じところにまたできたりして長引いてしまうので厄介ですよね。

そんな繰り返しできる大人ニキビの原因の1つに、お肌の乾燥があります。

乾燥してない、むしろ皮脂がたくさん出ている、という方も、実はお肌の中は乾燥していることが多いので、お肌の乾燥とニキビの関係や、お肌が乾燥する原因についてご紹介していきたいと思います。

乾燥

お肌の乾燥とニキビの関係

お肌が乾燥するとどうしてニキビができやすくなるのでしょうか。
理由は3つあります。

理由1.毛穴が弱る

乾燥した状態が長く続くと、皮脂が出にくくなり毛穴が細く弱くなってしまいます

そうすると、ちょっと皮脂が出たりちょっとメイク汚れが残っているだけで毛穴が詰まってしまい、すぐにニキビに発展してしまいます。

特にフェイスラインはもともと毛穴が細いので、フェイスラインに大人ニキビが繰り返しできる方は、お肌が乾燥している可能性があります

理由2.ターンオーバーが遅れる

お肌が乾燥している状態というのは、細胞同士が乾燥してくっついている状態です。
潤っていればスムーズに剥がれられる古い角質も、乾燥しているとうまく剥がれられず、お肌に古い角質が残ってしまいます

そうすると、その古い角質が毛穴を覆ってしまい、皮脂が詰まってニキビを作ってしまいます。

ターンオーバーが遅れると、他にもお肌がくすんだり、ニキビ跡が治りにくかったり、シミが出来ることにもつながってしまいます。

理由3.皮脂が過剰に出る

お肌は乾燥すると、バリア機能が低下して肌荒れを起こしやすくなったり、悪い菌が繁殖しやすくなってしまいます。
そのため、お肌は乾燥したままの状態では危険だと思い、皮脂をたくさん出して潤いを取り戻そうと頑張ります。

肌質によっては皮脂が出にくいタイプの方もいるので、そのまま乾燥して毛穴が弱くなる方もいますが、皮脂が出やすい方はどんどん皮脂が出て毛穴を詰まらせてニキビを作ってしまいます。

しかも出た皮脂をなんとかしようと、洗浄力の強い洗顔を使ったり、あぶら取り紙でせっせと皮脂をとってしまうと、お肌はさらに乾燥してもっと皮脂を出すという悪循環にはまってしまいます。

お肌が乾燥する理由

では、どうしてお肌は乾燥してしまうのでしょうか。
原因は1つではありませんが、中でも1番大きな原因は洗顔です。

洗顔の中でも、大切なのは洗顔石けん(洗顔料)選びです。

ドラッグストアなどで売られている市販の洗顔料には、石油から作られた合成界面活性剤というものが入っています。

これは、油分と水分を混ぜて乳化して皮脂汚れを落とすためのものですが、洗浄力が強くお肌の潤いもゴッソリ奪ってしまいます

対してお肌に優しい洗顔石けんは、純粋な石けん成分のみで汚れを落としてくれるので、お肌の潤いを残しつつ洗顔することができるんです。

ただ、合成界面活性剤のほうが安く大量に作れるため、市販の洗顔料にはほとんどこの合成界面活性剤が使われてしまっているんですね。
お肌の乾燥をなくすには、まずこの洗顔料の見直しをすることをおすすめします。

合成界面活性剤でニキビができる理由

その他お肌が乾燥する原因

洗顔時のお湯の温度が高い

洗顔の時のお湯の温度が高いと、お肌に必要な油分も一緒に洗い流してしまい、乾燥につながります。
理想は人肌か人肌よりぬるいくらいの34〜37度ですが、シャワーや湯船の温度は39〜42度くらいなので温度が高いんです。

そのため、シャワーでそのまま洗顔したり、手で触って丁度いい温度で洗顔すると温度が高く、乾燥肌の原因になってしまいます。
少しぬるいかな、という温度に変えてから洗顔するようにしましょう。

ストレス

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れたりホルモンバランスが崩れるため、お肌の水分量の調節が上手くできなくなり、お肌の乾燥につながってしまいます

食生活の乱れ

食生活が乱れてしまい、お肌やコラーゲンの材料となるたんぱく質、お肌を代謝するために必要なビタミンミネラルが不足すると、乾燥肌の原因になってしまいます。
特にたんぱく質が不足してコラーゲンが減ってしまうと、お肌の保水力が落ちて乾燥肌を招いてしまいます。

ニキビ治療に欠かせないタンパク質の種類や摂り方

空気の乾燥

湿度が低く空気が乾燥していると、お肌の水分も蒸発しやすくなり乾燥肌を招いてしまいます。
特に冬は湿度が低くなりやすい上、暖房で空気が乾燥するので注意が必要です。

加湿器で湿度を上げたり、濡れたタオルを干したり、マスクをつけてお肌が乾燥するのを防ぎましょう。

加齢

歳を重ねると、お肌のコラーゲンなどが減少してしまい、お肌の保湿力が下がってしまいます。
また、皮脂の分泌量も年々低下するため、お肌は乾燥しやすくなります。

このページの先頭へ