ニキビ(アクネ菌)はうつる?ほんとのところ

ニキビがうつるから触らないで、なんて言われたらとても悲しいですよね。
ただ、自分でもニキビを潰した手でお肌を触ると、ニキビが増えたりしたことはありませんか。

そんなことから、ニキビはうつる、アクネ菌がうつってニキビができる、と言われることがありますよね。

しかし実際にはどうなのでしょうか。
ニキビやアクネ菌はうつるのでしょうか。

詳しくご紹介したいと思います。

ニキビうつる

ニキビはうつる?本当のところは?

そもそも、アクネ菌とはニキビだけに繁殖している菌ではありません。

アクネ菌とは顔のお肌だけでなく、小さい子どもからお年寄りのお肌にもともといる常在菌です。

普段はお肌を弱酸性に保って、病原菌などが繁殖しないように見張っていてくれるいい菌です。

しかしアクネ菌は酸素が嫌いで湿ったところが好きなので、毛穴に住み着くことが多いです。
そして皮脂が大好物なので、毛穴に皮脂が詰まるとわらわらと集まってきて皮脂を食べます。

アクネ菌が皮脂を食べると遊離脂肪酸グリセリンという成分が出ます。

グリセリンはお肌の保湿に関わっていますが、遊離脂肪酸は酸化して過酸化脂質という物質になると、毛穴に炎症を起こしてしまい、炎症ニキビへと悪化してしまいます。

つまり、アクネ菌という菌は、どこかからやってきたり、ニキビのある人だけにいる菌ではないんです。

ではどうしてニキビがうつったような感じがするのでしょうか。

それは、手や爪に付着したアクネ菌が他の毛穴に触れることで、その毛穴のアクネ菌の量が増え、ニキビができるリスクが上がるからなんですね。

決してニキビがうつったり、なにもないところにアクネ菌がうつっているわけではないのですが、たしかにアクネ菌がついた手でお肌に触れることで、ニキビができるリスクは上がってしまいます。

それでも毛穴に皮脂が詰まっていなければ、アクネ菌がどれだけたくさん着こうとニキビにはならないのですが、やはり毛穴に皮脂が詰まっているとそこからニキビができやすくなってしまいます。

ただ、アクネ菌というのは酸素が嫌いなので、手や爪について酸素に触れるとほとんど死んでしまいます
なので、実際にはアクネ菌が他のお肌につくことはほとんどありません。

ニキビがうつる、アクネ菌がうつるというのは実際にはない、と言ってもいいくらいなんですね。

ニキビのある彼氏や彼女ができたらニキビが増えた…?

でも中には、ニキビのある人と付き合い始めてからニキビができるようになった…と悩んでいる方もいらっしゃいますよね。
一緒に使うものが増えて、ニキビがうつったのでは…と不安になるかもしれません。

しかしそれは、アクネ菌がうつったのではなく、食生活や生活リズムが似てくることのほうが原因になっています。
彼にあわせてお肉や油っこいものを食べることが増えた、彼女に合わせてスイーツをよく食べるようになった、一緒に夜更かしすることが増えた。
そういったことがニキビへとつながっていきます。

決してニキビがある人と付き合ったからニキビがうつったということではないので安心してくださいね。
むしろ、お付き合いを始めたことで変わった習慣などを振り返ることで、2人ともニキビを治す手がかりがつかめるかもしれないので、2人でニキビを治すこともできたりします。

管理人はニキビがひどいときに彼がいましたが、もちろん彼にうつっていません。
むしろ一緒になって野菜を多く食べたりと協力的な彼だったので、味方につけてしまえば早く治るかもしれませんね。

ニキビを悪化させないためにも触らない!

ニキビがうつる、アクネ菌がうつると心配な方の多くが、ニキビを手や爪で触ってしまうクセがある方ではないでしょうか。

手で触って潰してしまったニキビにからアクネ菌が他のところにうつる、というイメージが強いですしね。

しかしニキビを悪化させないためにも、手や爪でニキビを触ることはよくありません
手や爪には目に見えない雑菌などがたくさんついているので、その雑菌が毛穴に入ることでニキビを悪化させてしまったり、ニキビ跡をつくる原因になってしまいます。

また、意外と気を付けたいのがメイク道具です。
メイク道具には皮膚に付いていた雑菌や空気中の雑菌が繁殖しているので、こまめに洗わないと菌をお肌につけてしまい、新しいニキビやニキビの悪化を招いてしまいます。

ファンデーション

友達への貸し借りもあまりおすすめできません。
メイク用品を友達と使う時は、せめてスポンジやパフ、ブラシだけは自分のものを使いましょう。

このページの先頭へ