ニキビ跡にレーザー治療は効く?種類やデメリットは?

ニキビ跡を早く治したい!と思っている方の中には、レーザー治療を検討している方も多いのではないでしょうか。
ビフォーアフターの写真なんかを見ると、多少お金をかけてでも早く治したい!という気持ちになりますよね。

管理人自身はフォトフェイシャルという治療を受けたことがありますが、実際に受けてみて感じたことやお肌の変化、レーザー治療のメリットやデメリットなどご紹介したいと思います。

レーザー

レーザー治療って何?

そもそもレーザー治療とはどんな治療方法でしょう。
レーザー治療とは、基本的には黒いものに反応して熱を出す特殊な光をお肌に当てることで、メラニンを破壊して散らし、シミやニキビ跡を治療するものです。

脱毛なんかも同じような原理で、黒い毛根に反応して熱を出し毛根を破壊することで毛が生えてこなくなります。

ただそれだけではなく、コラーゲンを刺激してお肌のハリをアップしたり、毛穴を引き締めてニキビをできにくくしたりする効果もあり、ニキビ跡だけでなくニキビの治療としても人気があります。

レーザー治療の種類

レーザー治療にはいくつか種類があり、

  • フォトフェイシャル
  • フラクショナルレーザー
  • 炭酸ガス(Co2)レーザー
  • フラクセルレーザー

などがあります。

種類は色々ありますが、基本的には原理は同じで、違うのは光の波長光の照射時間であることがほとんどです。
光の波長が長いとお肌の奥まで光が届くため、より奥にある濃いシミやコラーゲンに効果を発揮しやすくなり、短いとお肌の表面にある薄いシミや毛穴などに効果を発揮しやすくなります。

1つの波長ではなく複数の波長を組み合わせることで、様々な肌トラブルに対応したレーザー治療になります。

光の照射時間の違いは、長いと広範囲にまんべんなく作用し、短いとピンポイントで狙い撃ちしやすくなります。
濃いシミやアザなどには照射時間が短い方が向いています。

ニキビ跡にはどれがおすすめ?

ではニキビ跡にはどの種類のレーザー治療がおすすめなんでしょうか。それは治したいニキビ跡の種類によって変わってきます。

赤いニキビ跡にはフォトRF

赤ニキビ跡

赤みが強いニキビ跡を早く治したいなら、赤いものに反応するライトを使ったフォトRF(オーロラ)がおすすめです。
フォトRFは拡張した毛細血管を抑制する作用があるため、ニキビ跡の赤みを早く落ち着かせてくれます。
また、お肌表面のシミやクスミを改善したり、たるみを改善する作用もあります。

色素沈着ニキビ跡にはフォトフェイシャル

ニキビ跡

色素沈着ニキビ跡を早く治したい時は、フォトフェイシャルがおすすめです。
フォトフェイシャルはシミや色素沈着ニキビ跡の原因となっているメラニンに反応し、熱を発生させてメラニンを破壊してくれます。
そうすることで、シミやニキビ跡をカサブタにして浮き上がらせ治りを早くします。

クレーター状ニキビ跡にはフラクセル

クレーター状ニキビ跡

クレーター状に凹凸になって残ったニキビ跡には、フラクセルがおすすめです。
フラクセルは意図的に皮膚にダメージを与えて、肌を再生させることでニキビ跡を治していきます。
クレーター状ニキビ跡だけでなくニキビ跡全般に効果を発揮するので、色々なニキビ跡が混在している時にもおすすめです。

レーザー治療のデメリット

一見レーザー治療をすればニキビ跡が早くキレイになるため、メリットしかないように見えますが、レーザー治療にはデメリットもあります。

デメリット1.費用がかかる

レーザー治療は1回だけでは効果を実感できないため、複数回受ける必要があります。
ただ、1回あたり2~10万円することが多く、5回~10回受けるとなると、10万円~100万円近くかかることになります。

それでも完全に治らないこともあるため、いくらお金をかけれるかは一度じっくり検討する必要がありますね。

デメリット2.一時的にお肌が汚くなったように見える

レーザー治療は比較的お肌に優しいですが、照射した後しばらくお肌が赤くなったりヒリヒリすることがあります。
管理人も5~6時間赤みがひかなかったことがあります。

また、メラニンが反応して一時的に黒くなり、シミやニキビ跡が濃くなったように見えます
その後カサブタのように剥がれていきますが、1週間程度かかるのでしばらくお肌が汚くなったように見えます。
メイクで隠せないほど黒くなるので、デート前や旅行前なんかは照射しないのがおすすめです。

デメリット3.継続する必要がある

レーザー治療にどんな効果を求めるかによりますが、レーザー治療は基本的に継続して受ける必要があります。
そうすることで、毛穴の引締め効果やシミを薄くする作用が継続して得られるので、美肌をキープできます。
特に色素沈着ニキビ跡に関してはお肌の奥にダメージが溜まっていて、後々シミとして出てくることもあるので、しばらく続けるのが理想です。

レーザー治療は結局どう?

管理人は、色素沈着ニキビ跡をなんとかしたかったのでフォトフェイシャルを受けました。
5回セットで11万円程度でしたが、結果的には受けてよかったと思っています。

気になってたニキビ跡た薄くなりましたし、毛穴も小さくなって皮脂も出にくくなり、ニキビも全然できなくなりました。

ただ、ニキビ跡が全部なくなったかというと、半分くらい減った、というイメージです。
美容皮膚科で受けたので担当のお医者さんに聞いたところ、ニキビ跡はシミよりもしつこくてなかなか全部はキレイにならないとのことで、重ねて照射してもらったりもしましたが、気になっていた頬のニキビ跡なんかはビクともしませんでした。

キレイになったのもあったし、ちょっと薄くなったのもあったし、全然変わらなかったのもある、という感じで、とりあえず継続して受けるのはやめておきました。

これはもともとのお肌の色もあると思います。
色が白いほど、シミやニキビ跡が目立って照射したときにメラニンに反応しやすくなるので、よりキレイになりやすいです。

管理人は自黒なので効果が出にくかったのもあります。

早くキレイにしたい時は多少お金をかけるのもいいですが、あまり期待しすぎると思ったほどの効果が出ないこともあるので、一度皮膚科などで診てもらうのがおすすめです。

また、照射した後しばらくお肌が汚く見えるのもかなり苦痛でした。
マスクをして会社に行ける場合はいいですが、お肌を隠せないお仕事の方や、プライベートでよく予定が入る方はうまく日にちを調整する必要があると思います。

100%ではなくてもいいから、少しでも早くキレイにしたい、という時はおすすめですが、予算としっかり相談するのがおすすめです。

このページの先頭へ