ニキビ跡の種類やニキビ跡ができる原因、それぞれの治し方など

ニキビが治ったと思ったら、今度はニキビ跡に悩まされている…そんな方は多いですよね。

実際ニキビを治すよりもニキビ跡を治す方が時間も手間もかかることが多く、ニキビ跡とずっと闘っている…という方も多いです。

管理人も、今ではニキビはよほどのことがないとできなくなりましたが、10年ニキビに悩んだ間にニキビ跡もたくさんできて、ニキビ跡をキレイにしたくてケアを色々しています。

そんな、場合によっては治すのに何年もかかるニキビについて、種類やケア法などご紹介していきたいと思います。

ニキビ跡には種類が3つ!

ニキビ跡、と一言で言っても種類は3種類ほどあります。

  • 赤いニキビ跡
  • 紫や茶色っぽいシミのようなニキビ跡
  • 凹凸のあるクレーター状ニキビ跡

それぞれご紹介していきますね。

赤いニキビ跡ができる原因

赤ニキビ跡

赤いニキビ跡ができる原因は、毛細血管にあります。

ニキビによってお肌がダメージを受けると、毛細血管を拡張して、ダメージを修復するために血液をたくさん送り込みます。
これが透けて見えるため、赤いニキビ跡として残ってしまうのですが、もう少し簡単に言うとお肌の奥がまだ炎症を起こしている状態、ということです。

ニキビが出来て炎症を起こすと、ニキビの芯や中身が出てニキビがしぼんでも、お肌の奥の炎症が静まるには少し時間がかかります。
この状態のニキビ跡であれば、炎症を鎮めればキレイに治ってくれるので、そこまで時間や手間はかかりません。

ただ、この状態で紫外線に当たってしまうと、今度はメラニンが働いてきて、シミのようなニキビ跡が残ってしまいます。
それが次の色素沈着タイプのニキビ跡です。

紫や茶色のシミっぽい色素沈着ニキビ跡の原因

ニキビ跡

紫や茶色のシミのように残ってしまった、色素沈着タイプのニキビ跡は、メラニンが原因です。
赤いニキビ跡の時に紫外線を浴びてしまうと、メラニンが作られてシミのようなニキビ跡が残ってしまいます。

シミというと紫外線をたくさん浴びた人ができるイメージですが、ニキビ跡がまだ治ってない状態というのはお肌がダメージを受けて弱っている状態なので、ちょっと紫外線を浴びただけでもメラノサイトがお肌を守ろうとしてメラニンを生成し、シミのようになってしまうんです。

この状態になってしまうと、治すのにも時間がかかります。

長年シミで悩んでいる方が多いように、シミになってしまうと消すのは少し大変です。
お肌のターンオーバーが活発なおでこや鼻はこのニキビ跡はできにくいですが、ターンオーバーがゆっくりのフェイスラインや、紫外線にあたりやすい頬にできやすいという特徴もあります。

凹凸のあるクレーター状ニキビ跡の原因

クレーター状ニキビ跡

クレーター状のニキビ跡ができる原因も、お肌へのダメージです。

ニキビができて炎症が起きると、お肌は少なからずダメージを受けます。
ニキビがひどいほどそのダメージが大きいですが、特に膿を持ったニキビにまで悪化してしまうと、膿で毛穴が押し広げられやすくなるので、お肌の奥の真皮層にもダメージが及びやすくなります。
この真皮層にまでダメージが及んでしまうと、組織が破壊されてクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。

赤いニキビ跡や色素沈着ニキビ跡は、お肌の表面の表皮層というところの問題なので、時間はかかっても自力で治していくことができますが、クレーター状のニキビ跡になると真皮層にもダメージが及んでいるので、自力で治すのは難しいと言われています。

最近ではこのクレーター状のニキビ跡に効くとされている美容液や化粧水などもあり、完全には治らなくてもかなり改善されるといったクチコミもあり、そういった化粧品を使用したり、皮膚科で治療することで少しずつ改善されます。

どれができるかは体質次第?

この3種類のニキビ跡、どれができるかは体質や肌質によると言ってもいいほどです。

けっこうひどいニキビができても、ほとんどニキビ跡が残らずキレイなお肌に戻る方もいますし、小さいニキビだし、絶対潰さないで丁寧にケアしていても、すぐクレーター状のニキビ跡になる…という方もいます。

管理人の友達にも、よくニキビで悩んでいるけど、ニキビ跡は全然なく、ニキビ自体がよくなればお肌はキレイに元通り、という子もいます。
管理人はけっこうひどいニキビができてもクレーター状のニキビ跡はできませんが、シミっぽいニキビ跡は本当にたくさんあります。

ニキビを触ったり潰さなくても、必ず紫っぽくなって最後は茶色になってシミのようになります
10年分のニキビ全部がそうなったわけではないと思いますが、薄〜いシミまで入れるとかなりの数のニキビ跡があり、
肌の色ムラもあって、ファンデーションが必須!という感じです。

ハイドロキノンという成分を知ってからは、かなり落ち着いてきましたが、全部消すにはまだまだ年単位で時間がかかりそうです。
ニキビ跡ができにくい体質は本当に羨ましいですが、妬んでいてもしょうがないので、できてしまったニキビ跡を治しつつ、新しいニキビができないようにケアしていくのが大切ですね。

ニキビ跡は治る?それぞれの治療法

ではできてしまったニキビ跡を治すにはどうしたらいいでしょうか。
ニキビ跡の種類ごとにご紹介します。

赤いニキビ跡は炎症を抑える!

赤いニキビ跡は、お肌の奥でまだ炎症が起きている状態なので、炎症を早く抑えてあげることで治りやすくなります。
炎症を抑えるには、

  • ビタミンC
  • グリチルリチン酸ジカリウム

などが有効です。
これらが入ったスキンケア用品でもいいですし、ニキビ用のお薬なんかもいいです。

グリチルリチン酸ジカリウムは、お肌に優しい成分で、ニキビ用のスキンケア用品によく使われています。
ニキビ跡だけでなくニキビにも効くので、ニキビも同時にケアしたい時におすすめです。

ビタミンCは、炎症を抑えるだけでなく、シミや色素沈着ニキビ跡にも有効です。
美白効果のある成分なので、お肌を明るくしたい時なんかにもおすすめです。

また、体内に活性酸素がたくさん発生している時は炎症がなかなか治りにくいです。
活性酸素が発生しやすいのは、ストレスや喫煙、食品添加物などですが、その体内に発生した活性酸素を除去してくれるのも、ビタミンCです。

活性酸素がニキビを悪化させる、深い関係
ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方

スキンケアとして使うだけではなく、野菜や果物、サプリメントなどでビタミンCをしっかり補うことで、炎症が起きにくいお肌になってニキビ跡の改善にもなりますし、ニキビ自体もできにくくなります。

色素沈着ニキビ跡は美白!

色素沈着してしまったニキビ跡は、美白することで改善されていきます。
美白するには、

  • ビタミンC
  • アルブチン
  • ハイドロキノン

などが有効です。
ビタミンCは美肌全般にも効果がありますし、アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合させたもので、刺激が強いハイドロキノンよりもお肌に優しい成分です。
ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えたり、メラニン自体を減らす作用があるとされていますが、刺激が強いためお肌が赤くなったり痒くなる可能性があります。

ただ、効果は実感しやすいのでお肌に合う方はハイドロキノン、お肌が弱い方はアルブチンがおすすめです。

また、お肌のターンオーバーを促すことで、色素沈着した細胞が排出されやすくなります。
お肌のターンオーバーを促すには、

  • ビタミンA(レチノール)
  • プラセンタ

などが有効です。
ビタミンAは細胞の代謝を促す作用があり、ターンオーバーを促します。
プラセンタは豚や羊の胎盤からとれる成分で、細胞分裂を促進させる作用があるため、お肌の新陳代謝を活発にします。

アンチエイジング系の化粧品にはよく使用されていて、シミやニキビ跡にも有効です。

クレーター状ニキビ跡はお肌のハリをアップ!

クレーター状のニキビ跡ができてしまった場合は、お肌のコラーゲンなどを増やしてハリをアップすることで、凹凸が目立たなくなってきます。
それだけで完治するのは少し難しいですが、長期的に行えばかなり改善されていきます。
お肌のハリをアップさせるには

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • ビタミンC誘導体

などがあります。
どれもお肌の真皮層にあるコラーゲンやセラミドの生成を促してお肌のハリをアップさせる作用があります。

また、自宅でのスキンケアだけでなかなか改善されない場合は皮膚科での治療もおすすめです。
費用は10万円以上かかることもあるため手軽には始められませんが、本格的に治していきたい時は皮膚科のほうが短期間で効果を実感しやすいです。

ニキビとニキビ跡、どっちを優先して治す?

現状ニキビ跡だけでもうニキビはできない、という方はニキビ跡の治療に専念できますが、ニキビもできるしニキビ跡も治したい…そんな方はどっちの治療を優先すべきか悩みますよね。

管理人も落ち着いていたニキビが突然大量発生した時、ニキビを落ち着かせたい気持ちと、ニキビ跡も早くキレイにしたいという焦りで本当に憂鬱になりました。

でもそういう時は、まずニキビを治すことを優先しましょう
今あるニキビを落ち着かせないことには、ニキビ跡がどんどんひどくなって結果的にお肌がより汚くなってしまうからです。

管理人もとても焦りましたが、皮膚科の先生にもまずはニキビを落ち着かせましょう、と言われ、飲み薬と塗り薬をもらい、結果2週間ほどでニキビは全部落ち着いて、その後ニキビ跡の治療に専念できました。

色素沈着を起こしやすい肌質なので、その時のニキビ跡を完全にキレイにするには半年はかかりましたが、あの時自己流でニキビ跡のことばかり気にかけていたらもっとニキビが増えて、ニキビ跡の治りももっと悪かったと思います。

クレーター状のニキビ跡が残りやすい方は特に、ニキビの治療を優先し、それ以上ニキビ跡も増えないようにしたいですよね。

ニキビ跡を治すには食生活や生活週間にも注意!

ニキビ跡を治すには、お肌への直接的なアプローチも大切ですが、体の中からのアプローチも大切です。

睡眠をしっかりとる

生理前

お肌のターンオーバーは寝ている時に行われます。
とくに睡眠にはいって3〜4時間の、最も睡眠が深い時間に行われます。
しかも睡眠が深いほど成長ホルモンの分泌が盛んに行われ、ターンオーバーもしっかり行われます。

そのため、睡眠時間をしっかりとることも大切ですが、睡眠の質を高めることも大切です。

寝る前のスマホやテレビをやめたり、湯船にしっかり浸かったり、寝る前に間食しないことは、睡眠の質を高めることに繋がります。
布団に入ってからスマホでSNSをしたりネットサーフィンする方は多いですが、睡眠の質を高めるためには寝る1時間前になったら見ないのがおすすめです。
リラックスできる音楽を聴いたり、本を読んだりして過ごしましょう。

睡眠不足でニキビができる原因と、睡眠の質の上げ方

タンパク質やビタミンCをしっかり摂る

ローズヒップ

ニキビ跡を早く改善するには、お肌の細胞やコラーゲンの材料となるタンパク質コラーゲンの生成をしたり美白効果のあるビタミンCを積極的に摂るのがおすすめです。
ダイエット中の女性や、忙しくて簡単な食事で済ませがちな方(例えばおにぎりやサンドイッチ、ラーメンやうどん、パスタなど)は、タンパク質の量が少ないのでタンパク質が不足しやすいです。

タンパク質不足はニキビの原因にもなりますし、ダイエットにもよくありません。

ダイエット中の方はゆで卵やお豆腐、マグロの赤身や刺身であればヘルシーですし、忙しくてコンビニで済ませがちな方も、ゆで卵やチーズ、ナッツ、豆乳などを取り入れることでタンパク質を補給できます。
難しい方はプロテインなんかもありますし、できるだけタンパク質をしっかり摂取しましょう。

ニキビ治療に欠かせないタンパク質の種類や摂り方

また、ビタミンCは熱や酸素に弱く、新鮮な生の野菜や果物でないとなかなか摂取できません。
サラダや果物を食べれる方はできるだけ食べ、難しい方はサプリメントやローズヒップティーもおすすめです。

ビタミンCがニキビ&ニキビ跡に効く理由と正しい摂り方

適度な運動も

運動

運動は過度にする必要はありませんが、適度にすることで血行をよくしてお肌の代謝をよくしたり、睡眠の質を高めたり、ストレス発散になりお肌にもいい効果がたくさんあります。
20分程度のウォーキングやお風呂上りのストレッチ、朝のヨガなどは手軽にできておすすめです。

体や内臓を冷やさない

シャワー

体や内臓が冷えて血行が悪くなると、お肌の代謝も落ちてニキビ跡の治りが悪くなってしまいます
冷たいものをよく食べる、飲み物はいつも冷えたもの、シャワーだけで済ませる、甘いものをよく食べる、カロリーの低いものばかり食べている、という方は体や内臓が冷えやすくなっています。

内臓が冷えると便秘もしやすくなり、老廃物が体内に溜まりやすくなりますし、できるだけ飲み物は常温か温かいものを飲み、熱を作りやすいお肉なんかも食べるようにしましょう。

冷えでニキビができる原因と冷え取りの方法

記事一覧

オルビスコンシーラー

ニキビ跡にオススメのコンシーラーはどれ?ニキビ跡の種類別にご紹介

ニキビ跡はニキビ自体を治すよりも時間がかかると言われています。 そのため、ニキビ跡をコンシーラーを使ってできる・・・
シルキーカバー

クレーターニキビ跡の凹凸を隠す!ファンデーション下地やプライマー

ニキビ跡を上手く隠してキレイにメイクしたい、そんな時に役立つのがコンシーラーですが、クレーターニキビ跡の凹凸に・・・
ニキビ跡

ニキビ跡を残したくない!お肌の免疫力を上げてニキビ跡を残さない方法

ポツンとできてしまったニキビ。 1つできただけでも憂鬱な気持ちになりますが、さらに心配なのはニキビ跡ではないで・・・
バイオイル

バイオイルでニキビ跡が治る?効果や使い方は?

バイオイルというオイルをご存知でしょうか。 一時期とても話題になり、モデルさんや女優さんが使っていると雑誌など・・・
赤ニキビ跡

赤ニキビ跡を1日でも早く治す方法は?原因と気をつけること

赤く残ってしまうニキビ跡。 ニキビも炎症を起こして赤くなると目立ちますが、赤いニキビ跡もメイクでは隠しきれず憂・・・

紫&茶色の色素沈着ニキビ跡ができる原因と治し方

ニキビが治ったと思ったら、次に心配なのがニキビ跡ですよね。 ニキビ跡はニキビを治すよりも時間がかかるとも言われ・・・
レーザー

ニキビ跡にレーザー治療は効く?種類やデメリットは?

ニキビ跡を早く治したい!と思っている方の中には、レーザー治療を検討している方も多いのではないでしょうか。 ビフ・・・
ピーリング

ケミカルピーリングはどんなニキビ跡に効く?副作用や口コミは?

ニキビ跡を早く治したい、と思う方の中には、ケミカルピーリングってどうなんだろう、と気になっている方も多いのでは・・・
ビタミンA2

ニキビ跡に効く食べ物&ニキビ跡によくない食べ物

ニキビ跡を早くキレイにしたい。 そんな時、お肌への直接的なケアも大切ですが、体の中からのケアも大切ですよね。 ・・・

このページの先頭へ